『ダブルドライブ~狼の掟&龍の絆~』特別映像&『~狼の掟~』ポスタービジュアル解禁!!

『ダブルドライブ~狼の掟&龍の絆~』特別映像&『~狼の掟~』ポスタービジュアル解禁!!
Pocket
LINEで送る

【ニュース】
「絶狼<ZERO>」シリーズの藤田玲とミュージカル「刀剣乱舞」の佐藤流司がそれぞれ主演を務める映画『ダブルドライブ ~狼の掟&龍の絆~』の特報映像。そして『ダブルドライブ ~狼の掟~』のポスタービジュアルが解禁!!

車が紡ぐ流れ者たちの生き様を描いた本作。『ダブルドライブ ~狼の掟~』は主人公・我妻アベルを演じる藤田玲。そしてミュージカル「刀剣乱舞」の佐藤流司や『ラブライブ!サンシャイン!!』の「Aqours」メンバー小宮有紗、『SR サイタマノラッパー』の駒木根隆介が顔を揃える。同じく、『ダブルドライブ ~龍の絆~』では主人公・五十嵐純也を演じる佐藤流司。続投の藤田玲、AKB48およびSKE48の元メンバー木崎ゆりあ、「ごくせん」の脇知弘が脇を固める。また、2作品共通して登場する闇金業者・塩田丸雄を演じるのは名優・波岡一喜。表側では生きられないアンダーグランウンドな男たちの数奇な運命を描き出すクライム・カーアクションが加速する。

初解禁となった映像は、『~狼の掟~』および『~龍の絆~』の本編がミックスされた特別版。縦横無尽に躍動する「1999年日産スカイラインGT-R(5代目 BNR34型)」、「2008年ダッジバイパーSRT-10」などの劇用車や藤田、佐藤が演じるアベルと純也のドライブシーン。銃口を咥えさせられた純也の姿などショッキングなシーンが切り取られている。楽曲は、『~狼の掟~』の主題歌で、藤田玲率いるロックバンド【DUSTZ】の「BORDERLINE -A side-」が起用されている。

<ダブルドライブ ~狼の掟~ ストーリー>
過去に家族同然の仲間たちを次々と残虐したヤクザの広澤を殺してしまった我妻アベル(藤田玲)は、他に頼る当てもなく、少年院時代に世話になった兄貴分の村上大児(駒木根隆介)の元を訪れた。大児は「サガミ連合」という名の愚連隊を率いており、そのメンバーの一人、五十嵐純也(佐藤流司)と出合ったアベルは、お互い車好きな事もあって意気投合する。ある日、大麻の取引に失敗した純也はペナルティとして多額の借金を背負い闇金に手を染める羽目に。闇金会社社長・塩田(波岡一喜)の苛烈な取立てに苦しむ純也、一方で、兄を殺され復讐を誓う広澤の弟・狂介はアベルの行方を追っていて…。

<ダブルドライブ ~龍の絆~ ストーリー>
五十嵐純也(佐藤流司)の実家はスクラップ工場を経営している。我妻アベル(藤田玲)と共に逃げるように戻り、工場でバイトすることになった。ところが、多額の借金を抱え、首がまわらない純也は、高級車を次々と盗み盗難車ビジネスに手を染める。裏社会のルートを探し出し、何とか換金に成功し意気揚々と盗難を続けていたが、とある高級車を盗んだ時、そのトランクには手足を縛られた謎の美女・亜梨紗(木崎ゆりあ)の姿が。この出会いが純也の運命を大きく変えることになる…。

■ 『ダブルドライブ~狼の掟&龍の絆~』予告動画

<CREDIT>
『ダブルドライブ ~狼の掟~』出演:藤田 玲 小宮有紗 駒木根隆介 野中隆光 小國彰裕 波岡一喜 佐藤流司
『ダブルドライブ ~龍の絆~』出演:佐藤流司 木崎ゆりあ 脇 知弘 内野 智 波岡一喜 藤田 玲

監督:元木隆史
脚本:池谷雅夫
企画・配給:AMGエンタテインメント 
製作:「ダブルドライブ ~狼の掟&龍の絆~」製作委員会

2018年/日本/カラー/シネマスコープ

■ コピーライト
(C)2018「ダブルドライブ ~狼の掟&龍の絆~」製作委員会

■ 公式サイト
doubledrive-movie.com





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

関連記事

コメントは利用できません。

8/17公開『ペンギン・ハイウェイ』

注目映画

  1. ■ イントロダクション 高校一年生の新学期。喋ろうとするたび言葉に詰まってしまう志乃は、自己紹介で…
  2. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾作品。…
  3. ■イントロダクション なぜ若い二人の結婚生活はたった一日で終わってしまったのか? イギリスのベス…
  4. 空飛ぶタイヤ
    ■ ストーリー ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長…
  5. ■ストーリー とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。 ある日、甘えん坊のくんち…
  6. 映画『万引き家族』
    ■ イントロダクション 『三度目の殺人』が数々の賞で称えられた是枝裕和監督の長編14作目となる待望…
  7. ■作品紹介 巨匠・スティーヴン・スピルバーグ が“恐竜”たちに命をふきこみ、かつて誰も観た事がなか…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る