主人公バイラヴァの“血沸き肉踊りまくり”な魅力満載のメイン/サブ写真解禁!

『バーフバリ』の原点と言える、伝説の傑作!『マガディーラ 勇者転生』

2009年に4億ルピー(約6億4000万円)という当時テルグ語映画史上最高の製作費を投じて製作され、本国では1000日を超えるロングランを記録した大ヒット作で、400年の時を越えた“運命の恋”がスケールの大きなアクションと共に描かれます。『バーフバリ』の原点ともいうべき史劇スペクタクルの見せ場も数多く、歌と踊りが満載の<マサラ・ムービー>としての楽しさも存分に味わえる傑作として高い評価を獲得、今も圧倒的な人気を誇るテルグ映画史上屈指の1本です。主演は、“スーパースター”ラジニカーントと並ぶ南インド映画界の伝説“メガスター”チランジーヴィの息子で、これが日本初登場となるテルグ映画のトップスター、ラーム・チャラン。ヒロインは『バードシャー テルグの帝王』のカージャル・アグルワール、他に『あなたがいてこそ』のスニール、『ムトゥ 踊るマハラジャ』のサラット・バーブなどが出演。“メガスター”チランジーヴィのカメオ出演&迫力のダンスも必見です。監督・脚本のラージャマウリはじめ、原案、撮影、音楽、編集などスタッフはほぼすべて『バーフバリ』2部作と同じチーム。4月の来日時、日本のファンの熱狂ぶりに感動したラージャマウリ監督は彼の代表作の1本でもある本作の日本での上映を熱望、ラージャマウリ監督が帰国直後自ら再編集を行ったディレクターズ・カット国際版での上映が決定。そして今回、公開を待ち切れなファンに向け映画の中身を垣間見ることができる貴重な写真が解禁!

主人公バイラヴァの“血沸き肉踊りまくり”な魅力満載のメイン/サブ写真解禁!

はい、いきなり入りました。伝説的戦士バイラヴァによる弓矢指導。後ろの女性が思わず笑顔。これまさしくバーフバリ原点。

バーフよりちょっとスマートな伝説的戦士バイラヴァ。果たしてバラーラデーヴァ的な好敵手は存在するのか!?

宮殿ダンスシーン、キター!背景の青空も何ともバーフバリ感満載!

バイラヴァ様、リンゴを使って表現するのは強さ?聡明さ?それとも優しさ?

伝説的戦士バイラヴァによるバード・ダンベル!?ここは姫の歌と踊りが期待できそうな…

立ち向かう伝説的戦士バイラヴァの姿に音楽が、そして称える民の声が聞こえてきそうだ!

“バーフバリ”のルーツと言うべき、“修羅場でこそ燃える決して折れない不屈の心”と、人間離れしたもはや“現人神(あらひとがみ)と言うしかない超人的な戦闘能力”で、(かつ女性にはどこまでも優しい)観る者のハート鷲掴み間違いなし!『マガディーラ 勇者転生』は8月31日(金)より新宿ピカデリー、なんばパークスシネマほか、全国順次ロードショー!!

■予告動画

■ストーリー
1609年、ウダイガル王国。近衛軍の伝説的戦士バイラヴァは、国王の娘ミトラ姫と愛し合っていたが、王国とミトラ姫を我が物にしようと企む軍司令官ラナデーヴの邪悪な陰謀により、非業の死を遂げる。400年後のハイデラバード、バイラヴァはバイクレーサーのハルシャという若者に生まれ変わっていた。ハルシャはある日、町で偶然にある女性の手に触れた途端、脳裏に前世の記憶が甦るが、その女性を見失ってしまう。やがてハルシャはミトラ姫の生まれ変わりインドゥと運命の再会を遂げるが、かつて二人の仲を裂いたラナデーヴも、インドゥの従兄弟ラグヴィールとして生まれ変わっており、再び悪逆非道な罠を仕掛けてくる…。

■コピーライト
© GEETHA ARTS, ALL RIGHTS RESERVED.

■公式サイト
http://baahubali-movie.com/theater_maga.html

■関連商品
Amazon prime video

おすすめの記事

コメントは利用できません。

Facebook

注目映画

  1. 画像,盲目のメロディ
    踊らないのに大ヒット! 予測不能なブラックコメディに、全インドが喝采!騒然! ブッ飛んだ! ■…
  2. 画像,新聞記者ドキュメント
    東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞! 現代日本のリアルを捉えた挑戦的な試みが 「…
  3. 画像,風の電話,モトーラ世理奈,西島秀俊
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  4. 10月11日公開 映画『イエスタデイ』 ■イントロダクション 昨日まで、世界中の誰もが知ってい…
  5. 画像,IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
    ホラー映画歴代興収No.1! すべての謎が明らかになる! 『IT/イット』完結! ■イントロダ…
  6. 画像,殺さない彼と死なない彼女,桜井日奈子
    君の隣で、世界は変わる。 ■イントロダクション 「何度読んでも泣いてしまう」「心が洗われる」「明…
  7. 画像,羊とオオカミの恋と殺人
    イントロダクション 好きだから殺されてもいい!? 自殺志願者と殺人鬼による青春猟奇的ラブストーリ…
ページ上部へ戻る