15歳に映画から始まった俳優人生、奥平大兼『MOTEHR マザー』ぶりの映画出演決定!『マイスモールランド』

MSL_1118_FIX,画像

「映画に戻ってきました」
第一弾ポスタービジュアルも解禁!

是枝裕和監督率いる映像制作者集団「分福」が送り出す気鋭の新人・川和田恵真が監督し、嵐莉菜が主演を務める映画『マイスモールランド』の第二弾キャスト(奥平大兼)及び第一弾ポスターの情報が解禁となりました。

是枝監督率いる「分福」・気鋭の川和田恵真監督のデビュー作に奥平大兼 『MOTEHR マザー』ぶりの映画出演!!

是枝裕和が率い、西川美和が所属する映像制作者集団「分福」の気鋭の若手監督・川和田恵真監督の商業映画デビュー作で、日本、ドイツ、イラン、イラク、ロシアのミックスという 5 カ国のマルチルーツを持つ主演の嵐莉菜が在日クルド人の女子高生を演じる映画『マイスモールランド』に、奥平大兼が出演することが分かった。

クルド人の家族とともに生まれた地を離れ、幼い頃から日本で育った 17 歳のサーリャ。同世代の日本人と変わらない、ごく普通の高校生活を送っていたが、あるきっかけで在留資格を失い、家族の日常が一変する…。

埼玉には、約 2000 人のクルド人が住む地域があり、そこに暮らす女子高生サーリャが主人公。彼女が、東京に住む日本人の少年・聡太(奥平大兼)との出会いをきっかけにアイデンティティに葛藤し、成長していく物語が描かれる。

在日外国人が、在留資格を失うと、働くことができなくなるばかりか、居住している地域を出ることができなくなる。そのため、本作の嵐莉菜が演じる主人公サーリャは、奥平大兼が演じる東京に住む聡太へ会いに行くことができなくなる。

今回解禁されたポスタービジュアルは、この日本に居ても、立場によって越えられない国境が生まれることを表現し、高校生の淡い恋心が、社会によって分断される切なさを伝えるものになっている。なおポスターに表記されているテキスト「Welatê min ê biçûk」は「マイスモールランド」のクルド語表記。
MSL_1118_FIX,画像

映画『MOTHER マザー』の撮影時は、15 歳だった奥平大兼は、本作撮影時 17 歳(現在 18 歳)の現役高校生

演技未経験で数百人の応募者の中からメインキャストの周平役に抜擢された『MOTHER マザー』で俳優デビューしてから、今年の第 44 回日本アカデ ミー賞新人俳優賞、第 94 回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞、第 63 回ブルーリボン賞新人賞、第 30 回日本映画批評家大賞新人男優賞など多くの新人俳優賞を受賞し注目を集め、その反響から、続々とドラマ出演や CM などが決まり、多くの現場で経験を積んできた奥平。オーディションで選ばれての参加となった本作では、『MOTHER マザー』撮影時から 2 年ぶり(公開から 1 年ぶり)の映画撮影となった。

「(俳優として)映画からはじまったという気持ちはあるので、その現場に 2 年ぶりに戻ってきたということで新鮮な気持ちになりました。久しぶりの映画の現場で、クランクインの直後は迷いがありました。『MOTHER マザー』の時は、何もわかっていなかったので、OK がかかると、ただ嬉しかったのですが、ドラマなどいろんな現場を経験したことで、自分の中で考え過ぎてしまったところがあって。でも現場で川和田監督とたくさんお話しして、監督が表現したいことをお聞きし理解することができたので、撮影が進んでいく中で、聡太として生きることができたと思います。撮影前に監督とお話したことなど、僕の趣味などを脚本に反映していただくこともあって、最後のほうは演じているのかわからなくなる瞬間もありました。」とコメント。

是枝監督の『三度目の殺人』(17)で監督助手、西川監督の『すばらしき世界』(21)でメイキングを担当するなど、多くの現場で研鑽を積み、本作で満を持しての商業長編映画デビューとなった「分福」の新鋭監督・川和田恵真は、「奥平くんとは、オーディションで出会いました。お芝居を見させていただき、まだ青年になりきらない、途上にいる姿が今回の聡太という役柄そのものでした。(奥平くんが)部屋を出る前にはもう、お願いしたいと心が決まっていました。撮影前から何度かお会いして、彼自身の物事をフラットに捉える視点や、自由に伸び伸びとした姿にも触発され、さらに脚本の内容も膨らみました。現場でも、とてもひたむきで、いつもお芝居のことを考えていた姿が心に残っています。不器用ながらも真っ直ぐな聡太という人間を、等身大で体現しきってくれたことに、とても救われました。今、この時、奥平くんを撮ることができて大変光栄です。」とコメントする。
MSL_1118_FIX,画像
主演の嵐莉菜も 17 歳の現役・高校生。奥平と同じく、映画で本格的な演技が初となった嵐に対して「僕がこんなことを言うのもおこがましいですが、本番になると顔が変わります。初めての演技で、これだけオンオフ切り替えられるなんて凄いなと思いました。」と話す。

さらに奥平大兼は、作品が扱う題材に関して、「クルドの方々の問題は、この脚本をいただくまで知らなかったです。撮影前に勉強はしないように監督から言われていたのですが、難民の問題については、ニュースから聞こえてくる遠い国のお話だと思っていましたが、日本でもこんなことがあるんだと、急に身近なこととして考えられるようになりました。」とコメントしている。

本作は企画段階で、2018 年の釜山国際映画祭内にあり、映画の新企画やクリエイターを支援するイベント「ASIAN PROJECT MARKET (APM)」で、アルテ国際賞(ARTE International Prize)を受賞。難民 2 世という題材をベースに、世界に開かれた新しい視点で、現代日本が抱える社会問題を切り取りながら、誰もが “自分ごと”として受け入れられる普遍的な青春ドラマとして描く。撮影は今年 5 月 18 日クランクインし、 6 月 8 日クランクアップ。日仏共同制作となる本作は、共同制作となるフランスで最終の仕上げ作業を行っており、2022 年初夏、全国公開。

◎聡太役 : 奥平大兼 おくだいら・だいけん(17)コメント
(本作の出演について) 映画からはじまったという気持ちはあるので、その現場に 2 年ぶりに戻ってきたということで新鮮な気持ちになりました。久しぶりの映画の現場で、クランクインの時は迷いがありました。『MOTHER マザー』の時は、何もわかっていなかったので、OK がかかると、ただ嬉しかったのですが、ドラマなどいろんな現場を経験したことで、自分の中で考え過ぎてしまったところがあって。でも現場で川和田監督とたくさんお話しして、監督が表現したいことをお聞きし理解することができたので、撮影が進んでいく中で、聡太として生きることができたと思います。撮影前に監督とお話したことなど、僕の趣味などを脚本に反映していただくこともあって、最後のほうは演じているのかわからなくなる瞬間もありました。

(主演の嵐さんについて)僕がこんなことを言うのもおこがましいですが、本番になると顔が変わります。初めての演技で、これだけオンオフ切り替えられるなんて凄いなと思いました。

(作品の題材について)クルドの方々の問題は、この脚本をいただくまで知らなかったです。撮影前に勉強はしないように監督から言われていたのですが、難民の問題については、ニュースから聞こえてくる遠い国のお話だと思っていましたが、日本でもこんなことがあるんだと、急に身近なこととして考えられるようになりました。
MSL_1118_FIX,画像
(プロフィール)2003 年 9 月 20 日生まれ、東京都出身。演技未経験ながら初めてのオーディションで数百人の応募者の中からメインキャストの周平役に大抜擢され、映画『MOTHER マザー』(20)で俳優デビュー。その存在感と演技が評価され、第 44 回日本アカデミー賞 新人俳優賞、第 94 回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞、第 63 回ブルーリボン賞新人賞、第 30 回日本映画批評家大賞新人男優賞を受賞。その後、「恋する母たち」(TBS/20)、「レンアイ漫画家」(CX/21)、「ネメシス」(NTV/21)、「世にも奇妙な物語’21 秋の特別編」(CX/21)と話題のテレビドラマの主要キャストとして出演、来年公開の「アクターズ・ショート・フィルム 2」(WOWOW)では玉城ティナ監督作品で主演を務めることが決定している。

◎監督:川和田恵真 かわわだ・えま(30)コメント
(奥平さんについて) 奥平くんとは、オーディションで出会いました。お芝居を見させていただき、まだ青年になりきらない、途上にいる姿が今回の聡太という役柄そのものでした。部屋を出る前にはもう、お願いしたいと心が決まっていました。撮影前から何度かお会いして、彼自身の物事をフラットに捉える視点や、自由に伸び伸びとした姿にも触発され、さらに脚本の内容も膨らみました。現場でも、とてもひたむきで、いつもお芝居のことを考えていた姿が心に残っています。不器用ながらも真っ直ぐな聡太という人間を、等身大で体現しきってくれたことに、とても救われました。今、この時、奥平くんを撮ることができて大変光栄です。

(プロフィール)1991 年 10 月 15 日生まれ、千葉県出身。早稲田大学在学中に制作した映画『circle』が、東京学生映画祭で準グランプリを受賞。2014 年に「分福」に所属し、是枝裕和監督の作品等で監督助手を務める。本作が商業長編映画デビューとなる。2018 年の第 23 回釜山国際映画祭「ASIAN PROJECT MARKET (APM)」で、アルテ国際賞(ARTE International Prize)を受賞。

キャスト

嵐莉菜、奥平大兼

監督・脚本

川和田恵真

企画:分福 制作プロダクション:AOI Pro.
共同制作:NHK FILM-IN-EVOLUTION(日仏共同制作)
助成:(文化庁ロゴ)文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
製作:「マイスモールランド」製作委員会

配給:バンダイナムコアーツ
公式HP:mysmallland.jp
©2022「マイスモールランド」製作委員会

2022 年初夏、全国公開予定

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 多くのミュージシャンが暮らし、互いに刺激を与えあいながら数々の名曲を生んだウェストコースト・ロックの…
  2. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  3. GG_coda,画像
    ⼀歩踏み出す勇気が すべてを⼒に変えていく アカデミー賞前哨戦として名高い第79回ゴールデン・グ…
  4. トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編が誕生!…
  5. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  6. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  7. “私に得も言われぬ嫉妬心を呼び起こした”――。ポン・ジュノ監督 激賞! 本屋大賞受賞の傑作ベスト…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
ディーン・フジオカさん×蒔田彩珠さんPure Japanese』【スペシャルメッセージ】
ページ上部へ戻る