本日公開『ペンギン・ハイウェイ』に漫画家羽海野チカ、村田諒太選手ら著名人から絶賛コメントが到着!

Pocket
LINEで送る

本日、8月17日(金)から全国公開となった『ペンギン・ハイウェイ』。公開を前に、一足早く作品を鑑賞した、羽海野チカ(漫画家)、本上まなみ(女優)、村田諒太(プロボクサー)、石川祐希(プロバレーボール選手)、ゆるりまい(漫画家・エッセイスト)、尾崎雄貴(Bird Bear Hare and Fish ボーカル・ギター)、伊沢拓司(東大生クイズ王)から本作への絶賛コメントが到着しました!
今回、コメントを寄せたのは『ハチミツとクローバー』『3月のライオン』など自身の作品も多数映画化されている漫画家羽海野チカ、プロバレーボール選手として国内外から注目を集め、東京オリンピックでの活躍も期待される石川祐希選手のほか、WBA世界ミドル級チャンピオン、ロンドンオリンピック金メダリストの村田諒太選手、女優の本上まなみ、漫画家・エッセイストのゆるりまい、そしてスタジオコロリドの前作・『台風のノルダ』で主題歌を担当した、元Galileo Galilei、現在はBird Bear Hare and Fish ボーカル・ギターを務める尾崎雄貴、そして東大クイズ王の伊沢拓司という、様々なジャンルで活躍する著名人たち。各分野で人気を誇る錚々たる顔ぶれが、小学4年生の少年・アオヤマ君の瞳を通して描かれる、ひと夏の青春と冒険に感動の声を寄せています。

【コメント】
村田諒太
WBA世界ミドル級チャンピオン
ロンドンオリンピック ボクシングミドル級金メダリスト
ペンギンハイウェイという意味が、ペンギンが海から陸に上がる時に決まって辿るルートだということです。
ですので、映画の副題として、小学校四年生の子供が、大人になるに連れて必ず経験すること(ペンギンハイウェイ)という意味があるのではないかと思いました。
子供から大人になる時に通った道、友情、愛、希望、少しの恐怖、大人になり、忘れた気持ちを思い出させてくれました。
また、子供の探求心、好奇心を刺激してくれる内容になっていますので、是非ご家族の皆様で、ご覧ください!

羽海野チカ(漫画家)
夏の青過ぎる空をバックに「少年!」と呼びかける
少し低い声のおねえさんの声で始まる大冒険
「きっと解いてみせる」と
どこまでも諦めずにノート片手に突っ走るアオヤマくんの姿に惹き込まれた時
夏の嵐の中、未来の彼の美しい背中が見えたような気がした

ゆるりまい(漫画家・エッセイスト)
子供の頃を思い出すような情景。
でもそこから繰り広げられる物語は
奇想天外で、ワクワクもするけど、
胸がぎゅーっと締め付けられる思いもあって、
とうとう最後は泣いてしまった。
アオヤマ君、絶対夢を叶えるんだよ。

プロバレーボール選手・石川祐希
アオヤマくんと同じ小学4年生のとき、僕はバレーボールを始めました。彼の姿はどこか自分と重なるところがあって、大好きなことに熱中することの素晴らしさや、チャレンジの先にある新しい出会いや発見は、きっと誰にとってもかけがえのない経験になるのだと、この映画を観て改めて教えてもらった気がします。

本上まなみ 女優
森見さんの小説の中でも特に思い入れの強い作品がアニメーション化されて嬉しいです。原作で丁寧に描かれていた人と人との繋がりが、この映画でも豊かに表現されています。子どもたちのイノセントな物語をぜひ満喫してください。

尾崎雄貴(Bird Bear Hare and Fish / warbear)
立体的で奥行きのある、シャドーボックスのようなアニメーションに驚きました。
背景の細かい小物などにもリアリティーがあり、
気づけば画面の中に意識が入り込み、キャラクターと一緒に気温や湿度、質感までも感じてしまいました。
休日に誰かと2人で、軽やかな気分で観たい作品です。

伊沢拓司(東大生クイズ王)
少年時代の全能感と、その先に立ちはだかる無力感。迷いの中でそれでも真実へと立ち向かうアオヤマ君と、何よりそれを助け続ける大人たちの真摯さに、熱いものが戻ってきました。


性別・年齢を問わず、多くの人を魅了するこの夏必見の青春ファンタジー映画『ペンギン・ハイウェイ』は本日より全国の劇場で公開中です!

■予告動画

■関連商品

■声の出演
北香那
蒼井優 (声優作品『鉄コン筋クリート』『キャプテンハーロック』『花とアリス殺人事件』)
釘宮理恵 (『鋼の錬金術師』シリーズ(アルフォンス・エルリック役)、『銀魂』(神楽役)など)
潘めぐみ (『この世界の片隅に』(浦野すみ役)、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』(セイラ役)など)
福井美樹
能登麻美子
久野美咲
西島秀俊 (声優作品『風立ちぬ』本庄役)
竹中直人 (声優作品『シュレック2』長靴をはいたネコ(プス)役など)

■スタッフ
監督:石田祐康 (『フミコの告白』『陽なたのアオシグレ』など)
脚本:上田誠
原作:森見登美彦 (『太陽の塔』『夜は短し歩けよ乙女』『四畳半神話大系』など)
キャラクターデザイン:新井陽次郎 (『台風のノルダ』など)
制作:スタジオコロリド

■公開情報
2018年8月17日(金)より全国公開

■公式サイト
http://penguin-highway.com

■コピーライト
© 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会


関連記事

コメントは利用できません。

9/1公開『寝ても覚めても』

注目映画

  1. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  2. ■イントロダクション 2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で360億円以…
  3. ■イントロダクション 2017年マンガ大賞受賞の超話題作、待望の実写映画化!! 映画の原作となる…
  4. ■イントロダクション 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。…
  5. ■イントロダクション 新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、鮮やかに描き出す…
  6. ■イントロダクション 土屋太鳳×芳根京子。NHK朝ドラ主演も務めた若手屈指の演技派女優二人が初共演…
  7. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る