Pocket
LINEで送る

8月17日(金)、TOHOシネマズ日比谷 スクリーン12にて映画『ペンギン・ハイウェイ』初日舞台挨拶が行われ、500席の会場が満席完売となる中、主演の北香那さんをはじめ、蒼井優さん、西島秀俊さん、竹中直人さんら豪華声優キャストに加え、原作者の森見登美彦さん、石田祐康監督が登壇しました。

本作は、「夜は短し歩けよ乙女」、「有頂天家族」など、数々のベストセラー作品を持つ森見登美彦さんの「ペンギン・ハイウェイ」(角川文庫刊)を気鋭のアニメーションスタジオ・スタジオコロリドによりついにアニメーション映画化。先日、カナダ・モントリオールで開催されたファンタジア国際映画祭にて、最優秀アニメーション賞にあたる“今敏賞”の長編部門を受賞するなど、この夏の大本命として、熱い視線が向けられています。声の出演には、主人公アオヤマ君役に、オーディションで役を射止めた若手女優・北香那さん。そして、いたずらっぽい明るい一面と、ミステリアスな雰囲気を併せもつ“お姉さん”を、独自の存在感を放つ演技派女優・蒼井優さんが演じます。さらにアオヤマ君のお父さん役に西島秀俊さん、ハマモトさんのお父さん役に竹中直人さんと、豪華名優たちが脇を固めました。監督は、アニメーション界で、今最もその才能に注目が集まるクリエイターの一人、石田祐康監督。無限の可能性を秘めた少年の瞳を通して描かれる、“果てしない世界の謎”と“冒険”。新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し色鮮やかに描き出す、心弾む青春ファンタジー映画です。

登壇者が各々挨拶を行った後、佐野瑞樹アナウンサー(フジテレビ)の司会でトークセッションが繰り広げられました。


司会:北さん、今のお気持ちを教えて下さい。
北さん:不安や緊張もありますが、それを皆さんがどう受け止めて頂けるか、少し不安で、楽しみで、新鮮な気持ちでいまここにいます。

司会:地方キャンペーンも監督と各地へ回ったと伺いました。
北さん:各地で鑑賞していただき、一足早く皆さんに会えて幸せでしたし、ご当地の美味しいものを沢山頂きました。
司会:例えば?
北さん・石田監督:北海道の塩ジンギスカンは臭みがなくて美味しかったです。

司会:続いて、蒼井さん今のお気持ちをお願いします。
蒼井さん:とにかく石田監督おめでとうございます。監督はすごく愛らしい方で、その監督が全カットに愛情を詰め込んだ映画で、皆さんに気に入ってもらえたらと思います。
石田監督:僕、恐縮ながら蒼井さんからプレゼントして頂いたTシャツを今着ております。
蒼井さん:先月のお誕生日のプレゼントをさっきお渡しして、早速着ていただきました。何だかペンギンぽいし、アオヤマ君が着ていそうだし、良いかなと選びました。
石田監督:ちょうどアオヤマ君がこういう柄を着ていたと思うんです。パワーをもらえた気持ちです。新たなお気に入りが出来ました!

司会:続いて西島さんいかがでしょうか。
西島さん:沢山の方に観て頂きたいです。不思議なストーリーですが、子供はもちろん大人も感動して胸が震えるような映画です。お子さんを連れて、大人の方にみて頂けたらと思います。

司会:竹中さん今のお気持ちをお願いします。
竹中さん:(色々な監督とお仕事をしてきましたが)こんなに嬉しそうで、ドキドキしている監督は初めてみました。500席満席と話していて、人という字を手に500回書いて飲んでいました。圧倒的な監督の存在にぼくは感動しました。

司会:それでは石田監督、長編デビューの気持ちいかがですか?
石田監督:幼い頃から長編作品を楽しんでみていましたし、同時に大変だよという話も聞いていて、実際に大変でした。
司会:どの辺りが?
石田監督:とにかく長い。スタジオコロリドでCMや短編を細々とやらせていただいた中で、長い。尊敬するようなスタッフ・キャストの方々と関わり合う楽しさとプレッシャーを感じながら、何とかここまで辿り着くことができました。

司会:森見さん、完成した作品をご覧になっていかがでしたか?
森見さん:自分が子どもの頃に妄想していたこと、イメージしていたものが、アニメの映像として再現されていてとても嬉しかったです。小学生の頃の自分がみたら感動しただろうなと思いました。かれこれ10回近く観ていますが、飽きないですし、色々な面白さが見つかる作品だと思います。

続いて、この夏挑戦したいことをキャストの皆さんが披露!

北さん:(今日出演していためざましテレビで知った)手持ち花火の先端のひらひらをとると早く火が着くと。知らなかったので、試してみたいです!

蒼井さん:南海キャンディーズのしずちゃんとスキューバダイビングに行く約束をしたので、一緒に楽しみたいなと思います。

西島さん:普段インドアなので、焚火のような、、、えっと・・・キャンプファイヤー!夏なので外に出て火を燃やしたいなと。キャンプファイヤーをやりたいです。

竹中さん:もう子供が大きくなってしまって10年くらいやっていないので、蝉をつかまえたいですね。しかも手づかみで。

トークセッションが終了したのち、本日17日に33歳を迎える蒼井さんと23日に21歳となる北さんへバースデーサプライズ!ペンギンが乗った抹茶ケーキがプレゼントされました。さらに監督からお二人へお祝いメッセージ付きの似顔絵をプレゼント。
石田監督:先月7月3日の舞台挨拶で私も祝ってもらいました。そうしたら今日このタイミングで舞台挨拶があるということで、用意させて頂きました。二人の笑顔を描きながら、見つめられているようで勝手に照れてしまいました。
北さん:すごくかわいく描いて頂いて、しかもサプライズで嬉しいです。

蒼井さん:ケーキまでは台本に書いてあって、「サプライズケーキ登場」って全然サプライズじゃないなと思っていて、これは本当に知らなくて、驚きましたし、嬉しいです。

監督からのサプライズが見事成功したのち、フォトセッションが行われ、最後に登壇者から一言ずつメッセージが送られました。

森見さん:石田監督にお任せして本当に良かったと思える作品に仕上がっていると思いますので、是非皆さんも楽しんで、夏の思い出にして頂ければ嬉しいです。

竹中さん:こんな素敵な作品に参加できてとても嬉しく思います。そして石田監督という存在を、目の当たりに感じて最高の監督でした。絶対にヒットすると思いますので、これからも素敵な作品を作っていってください。

西島さん:アオヤマ君のようなこんなすごい夏休みは経験したことがなかったですが、観ていると何だか自分にもこんなキラキラした過去があったんじゃないかなと思えてくる。是非皆さん観て頂いて、アオヤマ君と一緒に冒険をして、きっとまたアオヤマ君、ハマモトさん、ウチダ君に会いたくなると思うので、その時は何度も劇場に足を運んで頂いて、彼らと一緒に冒険してもらえたら嬉しいなと思います。

蒼井さん:観終わった時に昔の自由さを思い出すような。それって何なのだろうと考えてみると、今はわかることに慣れ過ぎているのかなって。わからないことが沢山あったり、不可思議なことが沢山あったり、その中での自由さというのを大人になった方々に感じていただけるのではないかと思います。小さい子たちにはペンギンの可愛さも楽しんでもられたらと思います。

北さん:素敵なキャストの皆さん、素敵な原作、そして監督はじめスタッフの皆さんとお仕事をすることができたことがすごく嬉しいです。映画はアオヤマ君のキラキラとした視界、あの時のキラキラした世界ってもう忘れてしまっていたので映画をみて思い出して、昔の自分に会いたくなりました。是非、皆さんの視点で色んなことを思って、観て頂けたらと思います。

石田監督:アオヤマ少年を原作で読んで、そして作っていて本当に惚れ込みました。この少年は見上げた少年だ、あっぱれだ、こんな少年なら応援したいなと純粋に思えて、それがあってこういう映画としてここまで作ることができた気がします。この少年の視点のクリアさ、真っ直ぐな瞳に映る風景、それをこの映画で描こうと、描きたいと思って描きましたので、最後までこの少年を見届けてやってください。宜しくお願い致します。ありがとうございました。

登壇者の熱いメッセージに大きな拍手が鳴り響く中、舞台挨拶が終了となりました。映画『ペンギン・ハイウェイ』は本日より全国公開中です!


■予告動画

■声の出演
北香那
蒼井優 (声優作品『鉄コン筋クリート』『キャプテンハーロック』『花とアリス殺人事件』)
釘宮理恵 (『鋼の錬金術師』シリーズ(アルフォンス・エルリック役)、『銀魂』(神楽役)など)
潘めぐみ (『この世界の片隅に』(浦野すみ役)、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』(セイラ役)など)
福井美樹
能登麻美子
久野美咲
西島秀俊 (声優作品『風立ちぬ』本庄役)
竹中直人 (声優作品『シュレック2』長靴をはいたネコ(プス)役など)

■スタッフ
監督:石田祐康 (『フミコの告白』『陽なたのアオシグレ』など)
脚本:上田誠
原作:森見登美彦 (『太陽の塔』『夜は短し歩けよ乙女』『四畳半神話大系』など)
キャラクターデザイン:新井陽次郎 (『台風のノルダ』など)
制作:スタジオコロリド

■公開情報
2018年8月17日(金)より全国公開

■公式サイト
http://penguin-highway.com

■コピーライト
© 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

■関連商品をチェック
Amazon prime video で映像化作品をチェック!


HMV&BOOKS online で森見登美彦さんの小説やペンギン・ハイウェイ関連書籍をチェック!
  

■原作情報&評価はこちら!
読書ログ





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※
この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメントは利用できません。

9/1公開『寝ても覚めても』

注目映画

  1. ■イントロダクション 土屋太鳳×芳根京子。NHK朝ドラ主演も務めた若手屈指の演技派女優二人が初共演…
  2. ■イントロダクション 2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で360億円以…
  3. ■イントロダクション 2017年マンガ大賞受賞の超話題作、待望の実写映画化!! 映画の原作となる…
  4. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  5. ■イントロダクション 新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、鮮やかに描き出す…
  6. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7…
  7. ■イントロダクション 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る