『昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-』プレミア上映会&Specia Liveレポート

『昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-』プレミア上映会&Specia Liveレポート

GENERATIONS白濱
「まさかGENERATIONSが主演映画の舞台挨拶をする日が来るなんて」

EXILE HIRO、SSFF & ASIA 代表 別所哲也、作詞家 小竹正人の3人によって打ち出された、詩と音楽、映像を一つに融合するプロジェクトの第4弾 『昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-』が、11月26 日(金)より全国公開します。

本作は、短篇6作それぞれの主題歌からインスパイアされ生み出された物語に、GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーが主演、主題歌を担当するなど全員が参加。GENERATIONSの“今”を切り取ったのは、SABU、新城毅彦、山下敦弘、森義隆、真利子哲也、久保茂昭ら、数々の名作を世に送り出してきた監督たちだ。今日という一瞬一瞬を重ね、明日へと歩みを進める我々には、いつもそっと寄り添ってくれる歌がある。こんな時だからこそ、と映画と音楽の力に込められたメッセージが織りなす珠玉の短編集!

完成を記念し、「プレミア上映会&Special Live」開催!

冒頭の挨拶で「BLUE BIRD」主演の佐野は「いっぱい宣伝お願いします!」とマスコミに向かって元気よく挨拶。
昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-,画像
「SABU監督と組んで撮影させてもらいました。KAZUKIさんが素敵な歌を届けてくださり、骨太な作品が出来上がりました」と満足の様子。続けて「僕自身SABU監督のファンで、限られた時間での撮影でしたが、ロケーション、役者を活かす映像に仕上げてくださいました。すごく満足しています」と思いを爆発させた。「BLUE BIRD」主題歌担当のKAZUKIは「素敵な作品に携わることができて光栄でした」と満面の笑みを浮かべた。

「言えない二人」主演の白濱が「誰もが経験する甘酸っぱいストーリーになっています」とアピールすると会場は大きな拍手に包まれた。
昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-,画像
「言えない二人」の主題歌担当のDEEP SQUADのTAKAは、「主題歌という大役をいただいたことを光栄に思うとともに、感謝の気持ちでいっぱいです。作品に込めた想いがたくさんの方に届けばいいなと思っています」とコメントした。

「水のない海」主演の小森は「主演と紹介されて、今、改めてすごく緊張しています」早口で挨拶し、緊張の様子が手にとるように伝わってきた。
昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-,画像
「水のない海」主題歌を務めたiScreamのRUIは「事務所の先輩方、そして、みなさんの前で歌唱できたことを光栄に思います」とライブの感想と感謝を述べた。

「怪談 満月蛤坂」主演を務めた中務は「(僕の)人生で、主演で舞台挨拶やるとは思ってなかったです。緊張していますがよろしくお願いいたします」と元気よく挨拶。主題歌担当の伶は「映画のなかで、(楽曲が)作品のいいアクセントになっています」と満足の表情で楽曲をアピールした。
昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-,画像
「COYOTEで主演・主題歌を担当した片寄は「平日にも関わらず、ご来場ありがとうございます」と観客に向かって笑顔で感謝を伝えた。
昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-,画像

「真夜中のひとりたち」主演の関口は「主演と紹介されて実感してきました。いつものキャラを削ぎ落として、挑んだ役です」とキリッとした表情で挨拶。
昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-,画像
主題歌担当の数原は会場を見渡しながら「今日は、僕“1人”のためにこんなにたくさんの方に集まっていただきありがとうございます。“僕”の作品を楽しんでいただけましたか?」とワンマンステージのように振る舞い、笑いを誘う。その後もたたみかけるように“ワンマン”風の挨拶を続け、会場はコントのような雰囲気へと変わると、小森、白濱も乗っかる形で和やかなムードに包まれ、舞台挨拶がスタートした。
昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-,画像

仲良し兄弟の兄役を演じた佐野は髪をブルーに染めたことについて「裕太くんとキャラが被ってすみません」とお詫びしたかと思ったら、「嘘で〜す」と戯ける。「パンクって、見てくれのジャンルとか、音楽の歴史というよりも、若者の主張ということに重きを置いていると思います」と説明し、「兄弟愛や、一番近くにいる大切なものを失う様が描かれる中で、拳銃が登場するシーンでのやりとりなど、SABU監督らしい狂気とユーモラスの混ざった感じが落とし込まれていて、演じていてすごく楽しかったです」と作品の魅力に触れる。

弟役の醍醐虎汰朗については「無邪気でいろいろと話しかけてくれました。撮影現場では元気をもらっていました」と振り返り、冒頭のセリフの少ないシーンに触れながら「SABU監督の頭の中でシーンが構築されている感じが絵コンテから伝わってきました」と、大好きだというSABU監督の映像作りについて語っていた。撮影はすべて外で行われたそうで「寒すぎて、マジで死ぬかと思いました」と震える仕草を見せていた。

KAZUKIは、最初に歌詞を見たとき、男女の関係を描いた曲だと思ったそう。「恋愛の切ない別れがテーマだと思っていました。映像を見たら、もっと大きな別れ、悲しみが描かれていました。その中に希望もあり、心がすごく動かされました」と作品の感想を伝えた。この日のパフォーマンスについては「いつもと全然違う雰囲気で、めちゃくちゃ緊張しました。普段は楽曲に自分の思いを落とし込んでパフォーマンスするのですが、今回は自分が主人公ではないので、小説の読み手になった気分で歌わせていただきました」と楽曲への向き合い方について語った。

「GENERATIONS主演で舞台挨拶する日がくるなんて想像してなかった」という白濱は「自分が出演する以外の作品の台本も読んでいました。オムニバスですが、1本の映画を作るような気持ちでいました」と微笑む。

中務の演技が衝撃的すぎたという白濱は「料理人のハマり具合もすごかったし、そんな演技ができるんだ!と思いました」と興奮気味に感想を伝え、今後中務が役者としていろいろな演技ができそうだと期待が高まっている様子だった。これまで演じてきた胸キュン作品とはタイプの違う胸キュンが味わえる本作。演じた役については「今までは派手な役柄を演じることが多かったですが、勢いだけのお芝居ではなく、繊細なお芝居にチャレンジしたいと思っていたタイミングでこの作品のお話をいただきました。役者として違う一面を見せたいという気持ちと重なり、すごくいいきっかけになったと思います」と胸を張る。

劇中で坂井真紀演じるキャラクターのセリフが気になっているという白濱は「(恋人は)好きなものが一緒のほうがいいのか、嫌いなものが一緒のほうがいいのか。僕の中でまだ答えが見つかっていません。すごくメッセージ性のある恋愛映画になりました」と作品のおすすめポイントを伝えた。

主題歌を担当したDEEP SQUADの宇原さんは、「DEEP SQUADとしては初めての主題歌です。すごくうれしかったですし、作品を通してDEEPとはどんなグループなのか知ってほしいという気持ちで向き合いました。個性が重なり生まれるハーモニーを伝えることを意識していました。“らしさ”の出た良い楽曲になりました」とアピールした。さらに「リアルな歌詞が映像で鮮明に表現されていて、すごく入り込めました。恋愛の切なさ、もどかしさが詰まっているし、ラストで思い切って行動した後どうなったのか、すごく気になっているし魅了された部分でもあります」と作品の感想も伝えた。

小森は普段の自分とは対照的な役と説明し「出会ってから10年以上経つ久保さんの監督作品です。“今までの隼が出したことがない表情を撮りたい。普段と真逆の表現をして”というリクエストでした。なので、自分なら戯ける部分であれば、言葉数を減らしてぶっきらぼうにしようかなとなどと考えながら演じました。久保監督の撮りたいものが明確だったので、役作りは苦労せず、ナチュラルに演じることができました」と満面の笑みを浮かべた。

恋のナビゲートをしてくれるAIについては「あり得る話だと思いました」とし、だからこそ、作品の世界観に自然と入り込み演じることができたようだ。主題歌は今年6月にデビューしたばかりのiScreamが担当。RUIは「デビューのときから映画の主題歌は夢のひとつでした」と語り、「先輩と一緒に(その夢を)叶えることができてうれしく思います」とよろこびを語る。デビュー曲も小竹が作詞していることに触れ「歌詞の中に背中を押してくれるような表現があります。気持ちを込めて歌わせていただきました」とのコメントに「僕よりしっかりしてる!」と小森が感心する場面もあった。

「AIと中国語を話す女性との共演について小森は久保監督から「意味のわからない単語は分からないままで。検索したりしないで言葉の意味を知らないまま演技して」というリクエストがあったとし、「撮影中まともな会話をしていないです」とちょっぴり残念そうな表情を見せていた。

撮影前の準備について中務は「料理指導をしていただき、包丁さばきを教えていただきました。撮影場所が料亭だったので、撮影中もそこの料理長からご指導していただきました」と振り返る。撮影後から料理にハマったことを明かし「実は、僕のお父さんとおじいちゃんは料理人でした。自分の中の料理人の血が騒ぎ出した気分です」と新たな趣味ができた様子。「LDHにお店でも出してもらおうとしているの?」というMC別所のツッコミにはすかさず「よろしくお願いします!」と頭を下げる場面もあった。

台本で妊婦役と書いてあり「僕が妊娠するので合っていますか?」と何度も確認したという中務。「最初のシーンではお腹が軽かったのですが、後半は5kgくらいになっていてめちゃくちゃ重かったです。妊婦さんに優しくしようという気持ちになりました」と妊婦役の特殊メイクについて触れていた。

本作ではラブシーンにも挑戦した中務。「ラブシーンも本当に僕がやるんですか? と何度も確認しました(笑)。本番は山田真歩さんが引っ張ってくださったので、リラックスして臨むことができました」と共演者への感謝も述べていた。

「作品鑑賞前後で歌い方に変化が出たのか」という質問に伶は「最初は怪談話?と興味をそそられました。時を超えた愛、とても深い愛を描いていて、ショートフィルムだけど見どころがぎゅっと詰まっている作品でした。作品を観た後は、より演じる女性の心に寄り添いながら、歌詞を深く感じながらパフォーマンスできたと思います」と説明した。上映後にライブパフォーマンスがあるという通常の舞台挨拶とは違う雰囲気の上映会については「客席で観たかったです。映画を観た後に主題歌がライブで聴けるなんで、新しいしとても面白いと思いました」と目を輝かせていた。

片寄は、セリフ指導担当者と役柄のイメージを話しながら喋り方を研究したことを明かし「発音だけでなく、細かいニュアンスまで指導していただき練習しました」と準備を振り返る。東京とシカゴでの遠距離恋愛を描く本作は、東京で撮った映像をシカゴで、シカゴで撮った映像を東京で参考にしながら撮影するという特殊な方法だったことを明かし、「新型コロナのあの時間を(映画という)形に残すことができました。予想もしなかったすれ違いが起きたという人たちが実際にいたのかなと、今でも思っています」と新型コロナ禍を挟んだ撮影だからこその貴重な機会であり、作品だったことに触れた。

感情の起伏が激しい役どころ。航空会社に怒鳴りながら問い合わせをするというラストシーンには、実は台本がなかったという。「終わりは決まっていたのですが、細かい描写はありませんでした。自己チューでいい男とは言えないタイプのキャラクターなので、そんな男があのような状況に置かれたときに、どう行動するのかを想像しながら観てほしいです」と呼びかけた。

主題歌について「俳優の斎藤工さんが歌っていた楽曲をカバーしています。今日のようなイベントで歌うのはすごく不思議な感覚です。映画を最後まで観てから、演じていたときの感情を思い出して、いっぱいいっぱいになっていて。ちょっと泣きそうでした。きっとお客さんも(作品を観たばかりで)気持ちの整理できていないような雰囲気がある中でパフォーマンスするというのは、いつもと全然違う、経験したことのない感覚でした。今、みなさんの顔を改めて見て感じるのは、少しでも楽曲を通して愛される作品になればいいなということです」と想いを伝えた。

関口は「普段演じているキャラクターはコミカルな役で、どちらかというと笑いを狙いにいっているような感覚があります。今回の役をどのように演じたらいいのか分からなかったので小竹さんに相談したところ、“狙わないで、普通の人をやって”とリクエストがありました。とにかく普通に、盛らないことを意識しました。新城監督にもあまり何も言われずに撮影が終わってしまって。一生懸命やったけれど、果たしてリクエスト通りできていたのかなと思っていましたが、作品を観た方たちから褒めてもらうことが多いので、“(普通の人の演技は)あれでよかったんだ”とホッとしているところです」と語った。

辛いことを乗り越えるコツは「笑うこと」と即答した関口。「前に進むためには笑顔ってとても大切だと思います。僕は“楽しいから笑うではなく、笑うから楽しい”という言葉が好きなんです。笑っているといろいろな人が寄ってきてくれる、福を持ってきてくれます。普段から、悩んでしまったら、“ま、いっか”と、笑顔になることを心がけています」と秘訣を明かした。

数原は「小竹さんからは“自分が笑うしかできなかった状況を思い返して歌って”と言われました。仕事の失敗、笑うしかない状況、過去のいろんな笑うしかない状況を思い出しながら、共感してもらえるように、切ないけれど笑い飛ばしていこう、切なさとポジティブな部分を伝えることができればいいなと思いました」とパフォーマンスに込めた想いを説明しつつ「(パフォーマンス中)ずっとメンディーくんが浮かんでいて、集中力なかった」と笑顔を見せた数原のお気に入りは「指輪を投げるシーン」だという。

「メンディーくんは野球部出身なので、投げ方がすごくよかった。ストレートなのか、変化球なのか気になって、教えてほしいです!」と関口に質問を投げかけると「真っ直ぐストレートです」という答えが。数原は「スッキリしました」と満面の笑みを浮かべた。

GENERATIONSが歌う主題歌も含めたアルバムも発売されることについては「このプロジェクトだからこそ生まれた楽曲たちです。豪華で、自分たち自身も楽しくなる楽曲から、作品、そして僕たちが伝えたいことを感じ取ってもらえたらうれしいです」と呼びかけた。

最後の挨拶で、白濱は「今後も続いていくプロジェクトです。この先も応援してもらえたらという想いです。みなさんの力で映画を広めてください」と感謝の気持ちを伝え、登壇者全員で深々とお辞儀をし、イベントは幕を閉じた。

『昨日より赤く明日より青く-CINEMA FIGHTERS project-』本予告編映像

あらすじ

詩と音楽、映像を一つに融合したプロジェクトの第4弾。今回は6篇全てにGENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーが参加。SABU「BLUE BIRD」はドジな兄と陽気な弟とのかけがえのない絆を、新城毅彦「真夜中のひとりたち」はそれぞれ大切な人を喪失した男女が歩く東京の一夜を、山下敦弘「言えない二人」は幼馴染に想いを伝えられない男のもどかしい気持ちを、森義隆「怪談 満月蛤坂」は美しい女の幽霊に愛された料理人の怪異を、真利子哲也「COYOTE」は新型コロナ禍で急変する世界を、久保茂昭「水のない海」は他人との関わりを避けてきた青年と中国人留学生との出会いを、監督それぞれの個性あふれる物語が展開する。

キャスト

佐野玲於、関口メンディー、白濱亜嵐、中務裕太、片寄涼太、小森隼

監督

SABU、新城毅彦、山下敦弘、森義隆、真利子哲也、久保茂昭

エグゼクティブプロデューサー

EXILE HIRO

企画・プロデュース:別所哲也  
コンセプトプロデューサー:小竹正人

主題歌

「昨日より赤く明日より青く」 
GENERATIONS from EXILE TRIBE

企画製作 LDH JAPAN  
制作:パシフィックボイス

配給:LDH PICTURES
公式HP:http://www.akakuaoku.toeiad.co.jp/
©2021 CINEMA FIGHTERS project

11月26日(金)
TOHOシネマズ 日比谷 ほか 全国ロードショー

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  2. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  3. カンヌ開幕中!日本映画で唯一のコンペ部門出品作『ドライブ・マイ・カー』90秒予告初公開!
    家福(西島秀俊)の辿る運命から目を逸らせない― 主演に西島秀俊を迎え、村上春樹の短編を映画化した濱…
  4. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  5. 最高の愛と友情がもたらした、心揺さぶる希望の実話 2015年に「Esquire」誌に掲載され全米雑…
  6. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  7. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
ディーン・フジオカさん×蒔田彩珠さんPure Japanese』【スペシャルメッセージ】
ページ上部へ戻る