『メアリと魔女の花』のスタジオポノックの新レーベル”ポノック短編劇場”『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』が8月24日(金)に初日を迎え、 TOHO シネマズ日比谷にて公開記念舞台挨拶が行われました。夏休みの終盤、それぞれの想いの詰まった3つの短編アニメーション映画の公開に米林宏昌監督、百瀬義行監督、山下明彦監督とともに「カニーニとカニーノ」の木村文乃と鈴木梨央、『サムライエッグ』の尾野真千子が清楚で涼し げな浴衣姿でかけつけ登場! 上映直後の会場は一気に華かな雰囲気に包まれました。

ひと言挨拶
木村「今日は皆さん観た後の舞台挨拶ということで、完成披露イベントとは違う話ができたらいいなと思っています。」

鈴木「皆さん今日はありがとうございます。作品観ていただいて、色々な感じ方をしてくださったらいいなと思います。」

尾野「お暑い中、ありがとうございます。楽しい一日になればと思っております。」

米林「上映後の挨拶はすごく緊張している反面、うれしいです。」
百瀬「毎日汗をかきますが今日は余計にかいています。皆さんどんな風にみてもらえたかすごく気になりますね、楽しみです。」
山下「本当はここにオダギリジョーさんがいるはずなんですけど、皆さん見えませんよね・・?短編とはいえ3本続けて観るだけでしんどいと思うんですけど、特に最後の作品はどんよりした気持ちになってしまったかもしれませんが(笑)皆さん楽しんでいただけたらと思います。」

監督の狙いに果敢に挑んだ声優陣
『サムライエッグ』主人公シュンの母親役で、初めての声優でプレスコ(絵にあわせて声をあてるではなく声を先に録る作業)に挑んだ尾野は楽しい経験だったと振り返りつつも「動かないんです、絵が。これは様子がおかしいと。(笑)」と告白。百瀬は自然な芝居をそのまま活かし、存在感のあるリアリティさを出したかったとその演出意図を明かした。 アニメーションならではの誇張表現を活かしたと米林が語る『カニーニとカニ―ノ』でカニーニ役を演じた木村は「私たちが普段見ている自然が視点を変えるだけでもこうも違うのかと思った。タヌキ、サギ、かなり気持ち悪い魚(笑)も・・・・でもそこが逆に面白かったです。」カニ―ノ役の鈴木は「世界観、映像がとてもきれいで 18 分に物語がたっぷり詰まってました!アフレコでは気付いたら2時間があっという間 に過ぎていました」と木村と共に挑んだアフレコ時を振り返り、兄弟を演じた木村と目を合わせ笑顔で応えた。
3人の監督へ個々の作品についての感想を聞くと、百瀬「(3本)それぞれが同じスタジオで作っていたのに違う内容で面白い」、山下「実は見ていないんです・・・予告を見るとどれも面白そうで悔しいと思うのが嫌で、冷静に観れるのは1年後かも」と心境を吐露。それを受け、米林は「僕はちゃんとみました!」と宣言しつつ「サムライエッグ」「透明人間」2作品について思いを語った。

「サムライエッグ」ラストシーンの尾野を木村が絶賛!
一方でキャスト陣へ印象的な作品、演じてみたい役柄は?と投げかけると、尾野は「透明人間かなぁ」と即答。前回の舞台挨拶で同作の盲目の男を演じた田中泯さんが目をつぶってアフレコをしていたという話が印象的で、台詞を絵にあわせて言うだけではない、こんなやり方があるのかと勉強になったと言い、機会があれば色々な方法での挑戦に意欲を見せた。木村は「サムライエッグ」で尾野が演じた母親役を挙げ、岸和田弁を初めて聞き、ラストシーンで母親が少年へかける温かい心情がこもった台詞について「これは尾野さんにしかきっとできない言い方だったんだろうなと思いました。」と横にいる尾野を絶賛し、尾野「うれしいですねぇ、はずかしい。あとでお礼言う!」と照れさせた。鈴木も「透明人間」を挙げ、斬新なストーリーで繰り返し感じたい、観たいと言い山下監督は「あえて何かを感じてもらえるように作ったつもりなので、狙い通りですね」と顔をほころばせた。

作品のタイトルにちなみ<身近にいるちいさな英雄は?>と投げかけると、尾野「わたしにとっては小さくなくておっきいんですけど、はたからみたら事務所の人です」木村「3作品通して、赤ちゃんがかわいらしく、力強く描かれているところがすごく好きです。それぞれ彼らは彼らなりの英雄になっていくんだなと思ってこの人たちが未来を支える英雄なんだなと思いました。」鈴木は「ひとりだけ心から信頼している女友達がいて、(彼女は)やさしくて大切な友達で英雄です」と3人の身近な英雄に感謝を込めて締めくくった。

『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』は全国絶賛公開中です!


■予告動画

■作品概要
「メアリと魔女の花」の米林宏昌監督の自身初となるオリジナルストーリーとなるカニの兄弟の大冒険ファンタジー「カニーニとカニー ノ」。高畑勲監督の右腕として活躍してきた鬼才・百瀬義行監督による、実話をもとに描いた母と少年の愛と感動の人間ドラマ「サムライエッグ」。宮崎駿監督作品の中心を担った天才アニメーター・山下明彦監督が、見えない男の孤独な闘いをスペクタクルアク ションで魅せる「透明人間」。昨夏、『メアリと魔女の花』(監督:米林宏昌)を発表したスタジオポノックが、短編アニメーションの制作レーベルとして「ポノック短編劇場」を新設し、第一弾となる『ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―』がこの夏全国の劇場に登場。

■監督・キャスト
「カニーニとカニーノ」 監督:米林宏昌 /音楽:村松崇継/声の出演:木村文乃 鈴木梨央
「サムライエッグ」 監督:百瀬義行/音楽:島田昌典/声の出演:尾野真千子 篠原湊大 坂口健太郎
「透明人間」 監督:山下明彦/音楽:中田ヤスタカ/声の出演:オダギリジョー 田中泯

■エンディングテーマ
木村カエラ「ちいさな英雄」(ELA/ビクターエンタテインメント)

■配給
東宝
■コピーライト
(C)2018 STUDIO PONOC

※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※
この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメントは利用できません。

2.9公開『洗骨』

注目映画

  1. 映画『ピンカートンに会いにいく』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    “こじらせ系アラフォー女子たちが、20年の時を経てまさかのアイドル再結成!?” シニカル&オフ・ビ…
  2. 2019年2月9日公開 映画『洗骨』 ■最新情報 【スペシャル】2/9公開『洗骨』照屋年之監督…
  3. 2019年2月15日公開 映画『半世界』 最新情報 【スペシャル】憧れと反動から生まれた『半世…
  4. 3月8日公開 映画『運び屋』 ■『運び屋』最新情報 ニュース:映画『運び屋』日本オリジナル…
  5. 2019年2月22日公開 映画『翔んで埼玉』 ■作品紹介 「テルマエ・ロマエ」シリーズの監督が…
  6. 2019年2月1日公開 映画『七つの会議』 ■イントロダクション 原作・池井戸潤 × 主演…
  7. 3月9日(土)公開 映画『家族のレシピ』 ■イントロダクション ●「美味しい」 その…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る