渡辺謙 佐藤浩市 S・スピルバーグ 荒木飛呂彦らがクリント・イーストウッド監督デビュー50周年祝福!

渡辺謙、佐藤浩市、S・スピルバーグ、荒木飛呂彦らがクリント・イーストウッド監督デビュー50周年祝福!

ゆかりある著名人からコメント続々到着!
スポット3種と一挙解禁!!

ワーナー・ブラザース・ジャパン合同会社は2022年1月14日(金)に映画『クライ・マッチョ』日本公開。1971年の『恐怖のメロディ』での監督デビューから50年、91歳にしてなお現役を続けるクリント・イーストウッド。各界著名人から長年の偉業、功績を讃えるコメントが続々到着している!
クライ・マッチョ,画像

監督デビュー作『恐怖のメロディ』から50年。91歳にして現役監督&俳優として活躍を続けるイーストウッド

半世紀以上に渡り一線で活躍を続ける名優にして、『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』で監督として2度のアカデミー賞®に輝くクリント・イーストウッド。監督デビューから50年・40作目となるアニバーサリー作品『クライ・マッチョ』は、彼が監督・主演を兼任する新たなマスターピースだ。落ちぶれた元カウボーイと少年の旅を通して語られる“人生”とは。喜びや悲しみを背負い、なお人生を歩み続ける、生きる上で必要な[強さ]とは何かを温かく、時にユーモラスに時に切なく語りかける。40年前から検討されていた原作の映画化に、イーストウッドが満を持して向き合った本作は、まさに彼の集大成にして新境地。2022年の年明けは、この感動から始まる!
クライ・マッチョ,画像

『硫黄島からの手紙』のキャストを始め、ゆかりのある各界著名人から祝福コメントが続々到着!

監督デビュー50周年を祝福するコメントを寄せたのは、『硫黄島からの手紙』(06)に出演した渡辺謙を始めとする、イーストウッドにゆかりのある著名人たち。アカデミー賞®受賞作を日本でリメイクした『許されざる者』(13)でも主演を務めた渡辺は、「クリント、新作の公開おめでとうございます」「彼の映画作りは、いくつになっても無理せず、スタッフを信じて1日ずつカットを積み上げていくんです。多分、呼吸するのと同じくらい自然なんです。」とイーストウッドとの撮影当時を懐かしむコメントを寄せた。

同じく『硫黄島からの手紙』のキャストからは、中村獅童「緊張していた私に対しいつも同じ目線で会話をしてくださり、いつの間にか大スターということを忘れてしまうほど優しく接してくださいました。私にとって一生の思い出です」、伊原剛志「親愛なる監督!50周年 おめでとう御座います。」「あなたと仕事出来た事は私の宝です。あなたは私の目標です。又、ご一緒出来る日まで。」と、巨匠との現場は特別なものだったと感謝の言葉を寄せている。

「たとえ愚かな人間、シビアな物語を描いていても、その眼差しは暖かく人間に対する肯定感に揺らぎはない。イーストウッドがいたから、僕は映画を創ってこられた。」と語るのは日本版『許されざる者』を手掛けた李相日監督

『許されざる者』出演の佐藤浩市からは、「ハリウッドからイタリア に渡り、レオーネやモリコーネらと新しい西部劇を構築してハリウッドに凱旋、その遍歴経験があるからこそ世界中で彼の作品は愛される。創作を糧に現役91才!監督50周年!僕は荒野のストレンジャーのテイストが大好きだ!」とイーストウッド愛溢れるメッセージが寄せられた。

同じく『許されざる者』出演の忽那汐里は、「私の生まれ年に公開された「許されざる者」のリメイクに携わる時、大きな責任感と誇りを感じながら撮影しました。今でもこの作品は私のターニングポイントとなった特別な思い入れのある作品です。」とイーストウッド作品に携わった思い出を振り返った。

イーストウッドの大ファンとして対談経験もある漫画家の荒木飛呂彦は、「いつ観ても、どれを観ても、ずーーっと面白い。その流れにある新作『クライ・マッチョ』公開は本当に嬉しい出来事! 誇り高い気持ちにさえなる。周りを『グラン・トリノ』のスタッフが固めているなら、もっと尚更だ。」と50周年を祝うと共に最新作に期待する。

さらに、ハリウッドからは共に映画界を牽引する映画人からのコメントも続々。「彼の心には、物語を伝える情熱が溢れている」(スティーヴン・スピルバーグ)、「往年のハリウッドスタイルにつながる最後の存在は、イーストウッドだ」(マーティン・スコセッシ)「クリントの作品にはハリウッドの歴史が詰まっている。」(ジョージ・ルーカス)など、巨匠を讃えるコメントとなっている。

監督デビュー50周年をお祝いするコメント共に、記念すべきアニバーサリー作品『クライ・マッチョ』のスポット映像も解禁となった。新たなスポットは、今の時代に必要な[本当の強さ]を問いかけ、イーストウッド演じるマイクの「俺はまだ変わろうと思う」という印象的なセリフをフィーチャーした「希望編」、マイクと少年ラフォの出会いと旅路が濃縮された「ストーリー編」、イーストウッドを讃えるコメントの数々とエモーショナルな映像が胸を打つ「コメント編」の3本。

見る人の心に響く、公開への期待高まるスポットとなっている。ナレーションは、故・山田康雄からイーストウッドの吹替を受け継ぎ、自身もイーストウッド好きを公言している多田野曜平が担当している。

現在SNSでは、50周年にわたる功績への感謝と『クライ・マッチョ』の公開を記念し、ハッシュタグ「#ありがとうイーストウッド」をつけて投稿すると特注ディレクターズ・チェアなどが当たる豪華キャンペーンを実施中。心に残る名作の数々を見て、ぜひこの機会にイーストウッドへの感謝のメッセージをお送りいただきたい。

勇気、希望、友情、そして愛…。数々の人生を描いてきたイーストウッドの集大成にして新境地となる新たなマスターピース。
監督デビュー50周年記念作品『クライ・マッチョ』は、2022年1月14日(金)日本公開!

クリント・イーストウッド監督デビュー50周年 祝福のメッセージ全文

※順不同・敬称略
クライ・マッチョ,画像
クリント、新作の公開おめでとうございます。彼の映画作りは、いくつになっても無理せず、スタッフを信じて1日ずつカットを積み上げていくんです。
多分、呼吸するのと同じくらい自然なんです。だから俳優達も自然に、その呼吸に合わせているだけで、役が息づいて来るのです。
本当にクリントとの時間は刺激的で楽しかったなぁ、、。
――渡辺謙(俳優)

ハリウッドからイタリアに渡り、レオーネやモリコーネらと新しい西部劇を構築してハリウッドに凱旋、その遍歴経験があるからこそ世界中で彼の作品は愛される。
創作を糧に現役91才!監督50周年!
僕は荒野のストレンジャーのテイストが大好きだ!
――佐藤浩市(俳優)

親愛なる監督!
50周年 おめでとう御座います。
私が58歳なので50年という月日の重さを非常に感じます。
「硫黄島からの手紙」でご一緒した際、ランチの時にエキストラが並んでる列に混じって一緒に並んでた姿を見て、何て偉ぶらない自然な方なんだと思い感動しました。
撮影中、殆ど座らずに没頭して臨んでる姿、私達の意見をちゃんと受け止めてくれる姿、今でも撮影する時には、いつも自分の中に監督だったらどうだろう?と考えて臨んでる自分がいます。
あなたと仕事出来た事は私の宝です。
あなたは私の目標です。
又、ご一緒出来る日まで。
――伊原剛志(俳優)

『硫黄島からの手紙』で長年の憧れであるクリントイーストウッド監督とご一緒させて頂きました。
緊張していた私に対しいつも同じ目線で会話をしてくださり、いつの間にか大スターということを忘れてしまうほど優しく接してくださいました。
私にとって一生の思い出です。
――中村獅童(歌舞伎俳優)

国を越えた戦死者への敬意と、歴史への誠実さ。「硫黄島からの手紙」を、私たちは忘れない。
――梯 久美子(ノンフィクション作家)

クリントイーストウッド監督、50周年おめでとうございます。
私の生まれ年に公開された「許されざる者」のリメイクに携わる時、大きな責任感と誇りを感じながら撮影しました。
今でもこの作品は私のターニングポイントとなった特別な思い入れのある作品です。これからも大先輩の作品からたくさん学んでゆきます。
――忽那汐里(俳優)

たとえ愚かな人間、シビアな物語を描いていても、その眼差しは暖かく人間に対する肯定感に揺らぎはない。
イーストウッドがいたから、僕は映画を創ってこられた。
――李相日(映画監督)

イーストウッド監督作品は50周年。いつ観ても、どれを観ても、ずーーっと面白い。
その流れにある新作『クライ・マッチョ』公開は本当に嬉しい出来事!誇り高い気持ちにさえなる。周りを『グラン・トリノ』のスタッフが固めているなら、もっと尚更だ。
――荒木飛呂彦(漫画家)

お会いすると作品を熱く語る イーストウッドにいつも魅了されます。 スタッフに注意されるほど 私とお話ししたがっていたのは もはや一生の自慢話。
一緒に食べたチョコレートケーキ美味しかったね。
――LiLiCo(映画コメンテーター)

クリントはアメリカを象徴する監督だ。彼の心には、物語を伝える情熱が溢れている。 スティーヴン・スピルバーグ(映画監督)

往年のハリウッドスタイルにつながる最後の存在は、イーストウッドだ。 マーティン・スコセッシ(映画監督)

クリントの作品にはハリウッドの歴史が詰まっている。 ジョージ・ルーカス(映画監督)

『クライ・マッチョ』予告編映像

あらすじ

誘拐から始まった少年との出会いが、二人の人生を大きく変えてゆく―
アメリカ、テキサス。ロデオ界のスターだったマイクは落馬事故以来、数々の試練を乗り越えながら、孤独な独り暮らしをおくっていた。そんなある日、元雇い主から、別れた妻に引き取られている十代の息子ラフォをメキシコから連れ戻すという依頼を受ける。犯罪スレスレの誘拐の仕事。それでも、元雇い主に恩義があるマイクは引き受けた。男遊びに夢中な母に愛想をつかし、闘鶏用のニワトリとともにストリートで生きていたラフォはマイクとともに米国境への旅を始める。そんな彼らに迫るメキシコ警察や、ラフォの母が放った追手。先に進むべきか、留まるべきか? 少年とともに、今マイクは人生の岐路に立たされる――。

キャスト

クリント・イーストウッド
エドゥアルド・ミネット
ナタリア・トラヴェン(『コラテラル・ダメージ』)
ドワイト・ヨーカム(『ローガン・ラッキー』)
フェルナンダ・ウレホラ(『ブルー・ミラクル』)

監督・主演・製作

クリント・イーストウッド

原作

N・リチャード・ナッシュ「CRY MACHO」

脚本

ニック・シェンク(『グラン・トリノ』『運び屋』)
N・リチャード・ナッシュ

製作

アルバート・S・ラディ(『ゴッドファーザー』『ミリオンダラー・ベイビー』)
ティム・ムーア(『グラン・トリノ』『アメリカン・スナイパー』)
ジェシカ・マイヤー(『グラン・トリノ』『アメリカン・スナイパー』)

配給:ワーナー・ブラザース・ジャパン
公式HP:crymacho-movie.jp
2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved 

2022年1月14日(金)
新宿ピカデリーほか 全国ロードショー

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  2. トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編が誕生!…
  3. “映画”を愛するすべての人へ 巨匠チャン・イーモウが贈るラブレター 1秒でもいい、娘の姿をこの…
  4. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  5. 多くのミュージシャンが暮らし、互いに刺激を与えあいながら数々の名曲を生んだウェストコースト・ロックの…
  6. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  7. カズオ・イシグロ絶賛の小説を映画化。第1次世界大戦後のイギリスを舞台に、名家の子息と孤独なメイドの秘…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
ディーン・フジオカさん×蒔田彩珠さんPure Japanese』【スペシャルメッセージ】
ページ上部へ戻る