Pocket
LINEで送る

タランティーノ作品でオスカー受賞、映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネ
シネマ・コンサートで、モリコーネ・サウンドに酔いしれよう!

映画『二ュー・シネマ・パラダイス』のイタリア公開30周年を記念して、9月に東京と大阪でシネマ・コンサートの開催が決定。シネマ・コンサートは、映画のセリフや効果音はそのままに、音楽パートをオーケストラが本編上映に合わせて生演奏するもので、映画をライブ感覚で楽しめるエンターテイメント。イタリアが生んだ映画音楽の巨匠、エンニオ・モリコーネの名曲をオーケストラが奏でる『ニュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサートは、全世界に先がけて日本で初上演となり、注目を集めています。
ジュゼッペ・トルナトーレ監督の同作品は1988年にイタリアで公開。日本では翌1989年12月に東京・シネスイッチ銀座で単館ロードショーされました。ミニシアターでの公開となったが、シチリアの小さな映画館“新パラダイス座”を舞台に、トト少年(サルヴァトーレ・カシオ)と老映写技師・アルフレード(フィリップ・ノワレ)の温かい交流に感動の声が続出。映画愛に満ちた作品が評判となり、じわじわと口コミが広がり、同館で40週に及ぶ異例のロングラン、大ヒットを記録しました。日本国内における単一映画館での興行成績では、未だ破られていない最大動員数を記録しました。本作は劇場公開時に観た人に愛され続けるのはもちろん、30年後の今、初めて観た若者にもいまだ受け継がれる名作となっています。「もうずいぶんと昔の作品だけど、色褪せない感動がある。観賞後もずっと心に残るような作品」、「忘れられない美しい映画作品だ!」などと評され、米レビューサイト“RottenTomatoes”では90%フレッシュ、映画ログでも高評価をキープしています。また、テレビ番組でタレントがおすすめ映画に真っ先に挙げるなど、著名人のファンも数多く、幅広い世代で認知度が高い作品です。
中でも一番大きな要因となっているのは、クエンティン・タランティーノ監督などからも敬愛を受ける映画音楽の巨匠、エンニオ・モリコーネが作曲する、一度聴けば人々の記憶と心に美しく残る、感動的な音楽。特にメインテーマ「Cinema Paradiso」は、公開後に世界中でCM音楽として使われ、様々なミュージシャンもカバー。『二ュー・シネマ・パラダイス』といえば、誰もがこの曲を思い出すほどのヒットとなりました。モリコーネ氏は今年の11月で90歳を迎え、この秋、最後となる英国公演を開くことを発表。また、本作の監督ジュゼッペ・トルナーレがメガホンを取り、輝かしいキャリアを追ったドキュメンタリー『The Glance of Music』が完成間近に迫っています。モリコーネは、これらの活動を最後に年内でのリタイアを表明しています。
『二ュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサートは、、現役引退も噂されるエンニオ・モリコーネの音楽をオーケストラの生演奏で満喫できる、映画ファン必見&必聴の特別なイベント。指揮は、昨年末に日本で開催された「ラブ・アクチュアリー in コンサート」でもタクトを振ったティアゴ・ティべリオ。演奏は国内屈指の名門オーケストラ、東京フィルハーモニー交響楽団が担当します。
イタリア公開から30年、『ニュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサートでモリコーネ・サウンドに酔いしれてみてはいかがでしょうか。


<公演概要>
公演タイトル:『二ュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサート Nuovo Cinema Paradiso -CINEMA CONCERTO
東京公演 日 時:9月15日(土) 開場16:00/開演17:00
(2回公演)     9月16日(日) 開場12:00/開演13:00
会 場:東京国際フォーラム ホールA
大阪公演 日 時:9月17日(月/祝) 開場16:00/開演17:00
会 場:オリックス劇場
指揮:ティアゴ・ティべリオ            演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
チケット価格(全席指定・税込):S席:9,800円 / A席:7,800円(3歳未満入場不可)
上映作品:『二ュー・シネマ・パラダイス』 (劇場公開版)/1988年イタリア公開
※イタリア語上映・日本語字幕付き/2時間24分(休憩20分込)
音楽(作曲):エンニオ・モリコーネ / 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
出演:フィリップ・ノワレ、ジャック・ペラン、サルヴァトーレ・カシオ
<『二ュー・シネマ・パラダイス』シネマ・コンサート/公式サイト> URL:http://www.promax.co.jp/ncp/

©1989 CristaldiFilm

■関連商品

※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※
平均評価 4.4点 (2018年9月5日更新)
・ここ最近、見る映画と言えば、有名所のもののみだが、その理由の一端はここにある。有名な作品は、その知名度に比例して、多くの監督、作品に影響を与えるはずである。よって、より多くの作品を楽しむためには、優先して有名所を見なければいけないように思えるのである。
・町のみんなが映画館でたくさん笑って楽しそうに観ているシーンも素敵でした
・時代が色褪せずに心に響く音楽と、ストーリー。最後のシーンでは全ての伏線が無理なく一本に繋がり深い感動を得る。こういう人生やストーリー、物語は何度見ても色褪せないまさに名作だと思った。
・自分のすることを愛せ、子供の頃に映写室を愛したように
・子供の頃に大人から何気なく言われていたこと、当たり前のように叱られていたこと。全ては愛情だったというのは自分が大人になったら分かる。
※この作品の評価・感想を映画ログでチェック!※


関連記事

コメントは利用できません。

9/1公開『寝ても覚めても』

注目映画

  1. ■イントロダクション 新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、鮮やかに描き出す…
  2. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  3. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7…
  4. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  5. ■イントロダクション 土屋太鳳×芳根京子。NHK朝ドラ主演も務めた若手屈指の演技派女優二人が初共演…
  6. ■イントロダクション 2017年マンガ大賞受賞の超話題作、待望の実写映画化!! 映画の原作となる…
  7. ■イントロダクション 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る