Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Pocket
LINEで送る

多彩な才能を誇るマーク・フォースター監督がブレイク・ライヴリーを演技派女優へと進化させた極上のサスペンス『かごの中の瞳』が9月28日(金)よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国公開となります。主演は大ヒットTVシリーズ「ゴシップガール」で大ブレイクを果たし、近年ではアクションやサスペンスから、大人の女性のラブストーリーまで、広く深く演じられる女優へと進化を遂げたブレイク・ライヴリー。 夫のジェームズには、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のジェイソン・クラーク。監督は、オスカー主演女優賞を受賞した『チョコレート』やゴールデン・グローブ賞にノミネートされた『ネバーランド』、さらには9月14日から公開される『プーと大人になった僕』も話題のマーク・フォースター。

本作は、幼少期に事故で視力を失った主人公が、手術を経て片目の視力を取り戻すのだが、彼女の瞳がとらえたのは、想像よりもはるかに地味な夫の姿と、平凡な日常の風景だった…というシーンから始まる。妻の好奇心が目覚め自立していく時、夫の嫉妬と疑念が加速し、お互いが思いもよらない過ちを犯してしまう、夫婦の愛をテーマにした衝撃のサスペンスに、各界から絶賛のコメントが寄せられました。

各界著名人から絶賛コメントが到着!
漫画家の内田春菊さんは本作を「付き合っている男性の良い踏み絵になりそうな作品。一緒に観て、ぜひリトマス試験紙に!」と独特な表現で絶賛!脳科学者の茂木健一郎さんは「この胸の鼓動は出会い、それとも別れ?「依存」と「自立」の隙間から、真実の愛が見えてきます」と本作で描かれる愛の本質に言及。さらに、衝撃作「ダブル・ファンタジー」の続篇にあたる新作「ミルク・アンド・ハニー」が今話題の作家・村山由佳さんは「違う、それは愛じゃない! と何度も叫びたくなる。しかし、こんな衝撃の結末を呼ぶものは、やはり愛以外にないのだ。エンドロールの後、もう一度初めから観たくなる作品」と熱のこもったコメントを寄せました。
また、本作の脚本も手掛けたマーク・フォースター監督からは日本公開に向けて、「僕が昔から好きでインスパイアされた言葉があります。それは、“いろいろなことを経てまた他人同士(ストレンジャー)に戻るとは、なんと不思議(ストレンジ)なことだろう”という言葉です。私は本当に日本が大好きで、日本の美術や文化の大ファンです。また私は熱狂的な日本映画のファンであり、日本の観客がこの映画を受け入れてくれることを心から望んでいます」とのメッセージも。

私の隣にいるのは、本当に私が愛している人?―
観る者をそんな恐れと疑問に突き落とす、スリリングな極上サスペンス。その衝撃的な愛の結末をぜひ劇場でご覧ください。映画『かごの中の瞳』は、9月28日(金)より TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開です。


付き合っている男性の良い踏み絵になりそうな作品。一緒に観て、ぜひリトマス試験紙に!内田春菊(漫画家)

見えないのは目ではなく心かもしれないという現実を、夫婦の不安や揺れを皮肉の効いたサスペンスとして炙り出して見せてくれる。小林エリカ(作家、マンガ家)

この胸の鼓動は出会い、それとも別れ?「依存」と「自立」の隙間から、真実の愛が見えてきます。茂木健一郎(脳科学者)

違う、それは愛じゃない! と何度も叫びたくなる。しかし、こんな衝撃の結末を呼ぶものは、やはり愛以外にないのだ。エンドロールの後、もう一度初めから観たくなる作品。村山由佳(作家)

「想像と違っただけ」サラリと放つ言葉は猛毒だった。坂下千里子(タレント)

見ることが、あらゆる欲望や煩悩につながっている……涙には人間の罪を洗い流そうとする機能があるのかもしれません。恐怖、感動、解放感……いろいろな涙がこみ上げてデトックスできる作品です。辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)

(※順不同・敬称略)


■予告動画

■キャスト
ブレイク・ライヴリー (『カフェ・ソサエティ』『ロスト・バケーション』『アデライン、100年目の恋』)
ジェイソン・クラーク (『ターミネーター 新起動/ジェニシス』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』)
ダニー・ヒューストン
ヴェス・チャサム
アナ・オライリー

■スタッフ

監督・脚本:マーク・フォースター (『ワールド・ウォー Z』『007 慰めの報酬』)

■音楽
映画の重要なシーンで流れる「Double Dutch」も収録。オリジナルサウンドトラックをチェック!

■公開情報
2018年9月 TOHOシネマズ シャンテにて全国公開

■公式サイト
http://www.kagonaka.jp

■映画祭
第41回トロント国際映画祭 正式出品

■コピーライト
© 2016 SC INTERNATIONAL PICTURES.LTD




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメントは利用できません。

大ヒット上映中『ムタフカズ』

注目映画

  1. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  2. ■公開記念インタビュー ・衝撃の結末に涙!映画『ごっこ』主演・千原ジュニアさんインタビュー ・社…
  3. ■作品紹介 今世紀最高のハリー・ポッター魔法ワールド最新作が、やってくる! 魔法動物…
  4. ■ストーリー 雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青…
  5. ■作品紹介 双子では、ありません。 原宿竹下通りを愛し、双子コーデを楽しむ二人の女子の物語。 …
  6. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  7. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー https://toku…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る