Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

髙田延彦が3万人の観衆を前に「出てこいやァ!!!」日ハム淺間相手に“インクレディブル”な投球を披露

髙田延彦が3万人の観衆を前に「出てこいやァ!!!」日ハム淺間相手に“インクレディブル”な投球を披露
Pocket
LINEで送る

ディズニー/ピクサー最新作!日本中が、このヒーロー家族に驚き、笑い、夢中になる!

【ニュース】
アカデミー®賞2部門(長編アニメーション賞、音響編集賞)に輝き、世界中の観客を魅了した『Mr.インクレディブル』の待望の最新作『インクレディブル・ファミリー』が8月1日(水)に日本でもついに公開し、8月18日(土)時点で公開からわずか18日間で興行収入30億円、観客動員数270万人を突破する大ヒットを記録!お盆休みを過ぎてもその勢いはとどまることはなく、今後どこまで数字を伸ばすのか期待がかかります!この度、スーパーパワーを持つヒーロー家族を描いた物語であることから、パ・リーグ6球団との夢のタッグ「パ・リーグ親子ヒーロープロジェクト」が実現。本作では各球団の“ヒーロー選手”が、吹替えに挑戦していることも話題となっています。

この“インクレディブル・デー”に本作の日本版声優がそれぞれ登場致しました!18日(土)の京セラドームではヴォイド役の小島瑠璃子さんが始球式に登場し見事な投球を披露しました。そして本日19日(日)メットライフドームではアンダーマイナー役の髙田延彦さんが登場し始球式に挑みました!さらに球場にはフォトロケーションが登場し、数量限定で特製クリアファイルや、映画のキーアイテムである黒いアイマスクが来場者にプレゼントされました。下記にてイベントのご報告をお送りさせて頂きますので、本イベントのご紹介を何卒宜しくお願い致します。

髙田延彦が3万人の観衆を前に「出てこいやァ!!!」日ハム淺間相手に“インクレディブル”な投球を披露

始球式に先駆け、埼玉西武ライオンズの山川穂高選手との対面が実現致しました。山川選手は西武ライオンズの‟ヒーロー“として本作で一言声優にも挑戦しています。まずは二人での投球練習が行われ、その後の囲み取材ではこれから始球式に臨む髙田さんに向けて、山川選手から「髙田さんは僕らよりも力があると思うので、本番でしっかりとアドレナリンが出て、ピッチャーの気持ちになれればスピードが出ると思います。」とアドバイスが送られました。さらに映画に因みお互いが欲しい“スーパーパワー”について聞かれると、髙田さんは「山川選手のように毎日ホームランが打てるようなパワーが欲しいですね。まさに山川選手のようなファイターがRIZINにも欲しいです!」と山川選手をスカウト!これに対して山川選手も「僕はメンタルが強くないので、髙田さんのように熱くて強いメンタルが欲しいです。」とお互いの“スーパーパワー”を讃えあいました。

いよいよ始球式が始まり髙田さんがマウンドに登場すると、球場からは大きな歓声が沸き上がりました。今回ヴィラン・アンダーマイナー役の声優を務めている髙田さんは、球場に詰めかけたお客さんに対して「この球場にもヒーローがたくさんいますが、是非劇場にもヒーローを観にお越しください!」と、本作をアピールしました。その後、髙田さんが球場全体に響き渡る声で、「一番バッター出てこいやァ!!!!!!!」と叫び、元野球少年である髙田さんと現役日ハムバッターの淺間大基選手の対戦が実現しました。この夢の対戦に場内のボルテージは最高潮へ!勢いよく振りかぶった髙田さんの投球は、ホームベースまで到達し見事キャッチャーミットに収まりました。この完璧な投球に場内からは割れんばかりの拍手が送られました。最後に髙田さんは「球場のお客さんからの歓声という後押しもあって、本当に気持ちよく投げられました!」と自身の投球を振り返りました。

映画のヴィラン・アンダーマイナーさながらに始球式で球場を沸かせた髙田延彦さん。現在大ヒット公開中の『インクレディブル・ファミリー』、髙田さんの熱い投球の如く、まだまだ続く日本の夏を盛り上げてくれること間違いなしです!

■ 映画『インクレディブル・ファミリー』


■ 興行収入20億円・動員数170万人突破の大ヒット!インクレ旋風が加速中 映画『インクレディブル・ファミリー』
https://tokushu.eiga-log.com/new/11834.html

■ スーパー家族が帰ってくる!映画『インクレディブル・ファミリー』
http://tokushu.eiga-log.com/movie/11523.html


■ 声の出演
ボブ:クレイグ・T・ネルソン  三浦友和
ヘレン:ホリー・ハンター 黒木瞳
ヴァイオレット:サラ・ヴォーウェル 綾瀬はるか
ダッシュ:ハック・ミルナー
フロゾン:サミュエル・L・ジャクソン
エドナ・モード:ブラッド・バード
ヴォイド:ソフィア・ブッシュ
高田延彦

■ スタッフ
監督・脚本:ブラッド・バード (『トゥモローランド』『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』『レミーのおいしいレストラン』)
製作総指揮:ジョン・ラセター

■ 公開情報
2018年8月1日

■ 公式サイト
https://www.disney.co.jp/movie/incredible-family.html

■ コピーライト
© 2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

■ 関連商品




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

平均評価 3.9点 (8月28日更新)
・今作は、ヒーローとしての活躍よりも、パパとママの家庭での役割とか、夫婦共働きの軋轢とか、思春期の子供の感情の起伏とか、より人間らしい悩みたくさん。ママが出張でパパが育児に奮闘してるところは思わず応援。私はフロゾンが好き♡
・スーパーヒーローもののプロットは読めるけど、迫力もあったし、育児の苦労や人間ドラマの部分は面白かった。二作目としては一作目に劣らないくらいのできだった。
・後半寝てしまった。ピクサー作品で初めてかも。展開にスピード感がなく、意外性もない。
・前作よりサスペンス色が出ておりテンポは良くない。子供向けではなさそう。
・実は前編を観ていないのですが・・・特に問題なく楽しめました。子育ての大変さとか、外で活躍して認められることへのうらやましさとか、意外にも共働き家庭の苦悩みたいなところもよくあらわされていてそこがズキっときました。
・アメコミ好き必見の超傑作!キャラの掘り下げ不要の続編はやっぱテンポよく飽きない。すべてがパワーアップ敵の厄介さと性格の悪さも今回のがよ

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメントは利用できません。

大ヒット上映中『ムタフカズ』

注目映画

  1. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー https://toku…
  2. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  3. ■公開記念インタビュー ・衝撃の結末に涙!映画『ごっこ』主演・千原ジュニアさんインタビュー ・社…
  4. ■作品紹介 双子では、ありません。 原宿竹下通りを愛し、双子コーデを楽しむ二人の女子の物語。 …
  5. ■ストーリー 雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青…
  6. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  7. ■作品紹介 今世紀最高のハリー・ポッター魔法ワールド最新作が、やってくる! 魔法動物…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る