ヴォイド役声優小島瑠璃子さんVS一言声優安達了一選手 インクレディブルな声優対決が実現!!

ヴォイド役声優小島瑠璃子さんVS一言声優安達了一選手 インクレディブルな声優対決が実現!!
Pocket
LINEで送る

ディズニー/ピクサー最新作!日本中が、このヒーロー家族に驚き、笑い、夢中になる!

インクレディブルな声優対決が実現!!ヴォイド役声優小島瑠璃子さんVS一言声優安達了一選手
T-岡田選手からのアドバイスで見事ストライク!!

ヴォイド役声優小島瑠璃子さんVS一言声優安達了一選手 インクレディブルな声優対決が実現!!

【ニュース】
8月18日(土)のオリックス・バファローズVS福岡ソフトバンクホークス戦2日目、“インクレディブル・デー”をさらに盛り上げたのは、『インクレディブル・ファミリー』で女性ヒーロー、ヴォイド役の日本版声優を務めた小島瑠璃子さんの始球式!登板前には、同映画と<パ・リーグ 親子ヒーロープロジェクト>のタッグ企画の一環でインクレヒーロー風に扮したピクサー公認イラストが公開されているT-岡田選手とのピッチング練習が実現。T-岡田選手は「初心者は“頑張らなきゃ”“絶対届かせないと”と思ってしまってどんどん体が硬くなってしまうので、適当にポ~ンと投げてください」とアドバイスをし、小島さんは「今までの始球式で失敗していた理由はそれか!」と納得したといい、何度かピッチング練習をする中でみるみる上達していきました。

ヴォイド役声優小島瑠璃子さんVS一言声優安達了一選手 インクレディブルな声優対決が実現!!

始球式本番では、何と!予想だにしなかった『インクレディブル・ファミリー』声優対決が実現!「再現度が高くて、すごく気に入っている!」と絶賛するヴォイドのヒーローコスチュームをイメージした衣装でマウンドに立った小島さん。バッターボックスに立つ安達選手目がけてインクレディブルな1球を放つと、ボールは見事ストライク!小島さんが声を担当するヴォイドの能力は、空間にワームホールを作って人やモノを瞬間移動できる能力。小島さんはワームホールを作らず、自力でボールをキャッチャーミットに収めました!インクレディブルな投球と、声優対決というインクレディブルな組み合わせで、会場は大盛り上がりを見せました。

始球式終了後、小島さんは「今日は『インクレディブル・ファミリー』のヴォイド役を背負ってきていて、ヴォイドはモノを瞬間移動できる能力を持つキャラクターなので、“暴投だけは許されない!”と思ってきていたので、すごくホッとしています。また、T-岡田選手のアドバイスですごくリラックスできて、頭の中で“適当に”“適当に”と繰り返して投げたら本当に届いたのですごく良いアドバイスをいただけたと思いました!」と登板前の緊張した表情とは打って変わり、笑顔で感想を語ってくれ、安達選手からも「ナイスボール!」と声をかけてもらったことを明かしました。最後に同映画について、「大人の方でもお子さんでも楽しめる映画ですが、私は特に働いている女性の方にも観てもらいたいなと思っています。

働く女性の大変や家族への愛や仕事への情熱、そういうものがテーマになっているんです。ぜひご家族、恋人、ご友人と一緒にご覧ください!」とコメント。動員数251万人超え、興行収入31億円を突破し、大ヒットしている本作は、小島さんのインクレディブルな始球式で更に盛り上がること間違いなし!

ヴォイド役声優小島瑠璃子さんVS一言声優安達了一選手 インクレディブルな声優対決が実現!!

ヴォイド役声優小島瑠璃子さんVS一言声優安達了一選手 インクレディブルな声優対決が実現!!

ヴォイド役声優小島瑠璃子さんVS一言声優安達了一選手 インクレディブルな声優対決が実現!!

■ ストーリー
悪と戦い、人々を守ってきたヒーローたち。だが、その驚異的なパワーに非難の声が高まり、彼らはその活動を禁じられていた——。

そんなある日、かつてヒーロー界のスターだったボブとその家族のもとに、復活をかけたミッションが舞い込む。だがミッションを任されたのは――なんと妻のヘレンだった!留守を預かることになった伝説の元ヒーロー、ボブは、慣れない家事・育児に悪戦苦闘。しかも、赤ちゃんジャック・ジャックの驚きのスーパーパワーが覚醒し・・・。

一方、ミッション遂行中のヘレンは“ある事件”と遭遇する。そこには、全世界を恐怖に陥れる陰謀が!ヘレンの身にも危険が迫る!果たして、ボブたちヒーロー家族と世界の運命は!?

■ 映画『インクレディブル・ファミリー』


■ 興行収入20億円・動員数170万人突破の大ヒット!インクレ旋風が加速中 映画『インクレディブル・ファミリー』
https://tokushu.eiga-log.com/new/11834.html

■ スーパー家族が帰ってくる!映画『インクレディブル・ファミリー』
http://tokushu.eiga-log.com/movie/11523.html


■ 声の出演
ボブ:クレイグ・T・ネルソン  三浦友和
ヘレン:ホリー・ハンター 黒木瞳
ヴァイオレット:サラ・ヴォーウェル 綾瀬はるか
ダッシュ:ハック・ミルナー
フロゾン:サミュエル・L・ジャクソン
エドナ・モード:ブラッド・バード
ヴォイド:ソフィア・ブッシュ
高田延彦

■ スタッフ
監督・脚本:ブラッド・バード (『トゥモローランド』『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』『レミーのおいしいレストラン』)
製作総指揮:ジョン・ラセター

■ 公開情報
2018年8月1日

■ 公式サイト
https://www.disney.co.jp/movie/incredible-family.html

■ コピーライト
© 2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

■ 関連商品




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

平均評価 3.9点 (8月28日更新)
・今作は、ヒーローとしての活躍よりも、パパとママの家庭での役割とか、夫婦共働きの軋轢とか、思春期の子供の感情の起伏とか、より人間らしい悩みたくさん。ママが出張でパパが育児に奮闘してるところは思わず応援。私はフロゾンが好き♡
・スーパーヒーローもののプロットは読めるけど、迫力もあったし、育児の苦労や人間ドラマの部分は面白かった。二作目としては一作目に劣らないくらいのできだった。
・後半寝てしまった。ピクサー作品で初めてかも。展開にスピード感がなく、意外性もない。
・前作よりサスペンス色が出ておりテンポは良くない。子供向けではなさそう。
・実は前編を観ていないのですが・・・特に問題なく楽しめました。子育ての大変さとか、外で活躍して認められることへのうらやましさとか、意外にも共働き家庭の苦悩みたいなところもよくあらわされていてそこがズキっときました。
・アメコミ好き必見の超傑作!キャラの掘り下げ不要の続編はやっぱテンポよく飽きない。すべてがパワーアップ敵の厄介さと性格の悪さも今回のがよ

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメントは利用できません。

9/1公開『寝ても覚めても』

注目映画

  1. ■イントロダクション 2017年マンガ大賞受賞の超話題作、待望の実写映画化!! 映画の原作となる…
  2. ■イントロダクション 土屋太鳳×芳根京子。NHK朝ドラ主演も務めた若手屈指の演技派女優二人が初共演…
  3. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  4. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7…
  5. ■イントロダクション 新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、鮮やかに描き出す…
  6. ■イントロダクション 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。…
  7. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る