山下敦弘×久野遥子が豊島区の豊富な魅力を実写を元にした「ロトスコープ」アニメーションで伝える!

山下敦弘×久野遥子が豊島区の豊富な魅力を実写を元にした「ロトスコープ」アニメーションで伝える!
Pocket
LINEで送る

国際アート・カルチャー都市豊島区が、中国 西安市、韓国 仁川広域市と共に《東アジア文化都市2019》開催都市に正式決定!

【ニュース】
この度、2018年8月30日(木)に中国ハルビン市で行われました、「第10回日中韓文化大臣会合」におきまして、中国 西安市、韓国 仁川広域市と共に、池袋エリアを中心に「国際アート・カルチャー都市」の街づくりを掲げている豊島区が2019年の東アジア文化都市に正式決定!

《東アジア文化都市》とは日本・中国・韓国の3か国において、現代の芸術文化や伝統文化、また多彩な生活文化に関連する様々な文化芸術イベント等を実施するもので、豊島区では「舞台芸術」「マンガ・アニメ」「祭事・芸能」の3つを柱として新規事業や、文化交流を、池袋エリアを中心に区内各地で展開していく予定しており、2019年、2月1日開幕式典(@東京芸術劇場コンサートホール)、2019年、11月24日閉幕式典(@Hareza池袋 芸術文化劇場)を行う予定です。

山下敦弘×久野遥子が豊島区の豊富な魅力を実写を元にした「ロトスコープ」アニメーションで伝える!

そして、この度、多くの方々に本事業を知っていただくため、豊島区の豊富な魅力をアニメーションで伝える、《東アジア文化都市2019豊島》プロモーション映像の制作が決定!豊島区在住の少女が、ある出来事をきっかけに、豊島区の歴史と様々な魅力を発見していく様子を描いた本映像は、実写を元にしたアニメーションの手法「ロトスコープ」を採用。実写映像は、『天然コケッコー』(07)では第32回報知映画賞・最優秀監督賞を最年少受賞し、近年『オーバー・フェンス』、『ぼくのおじさん』(16)、秋に山田孝之、佐藤健出演の最新作『ハード・コア』の公開を控え、独自の作家性と娯楽性とをミックスさせながら様々な題材を撮り続けている映画監督山下敦弘が担当。

「主人公の小さな女の子“しま子”が何気ない日常の風景でさえ輝いて見えることを知っていく今回の物語は、当たり前の風景だと感じてしまっている豊島区民の人にこそ観て欲しいです。」と意気込みのコメントを寄せた。そして、アニメーションを『花とアリス殺人事件』のアニメーションディレクターで、昨年『甘木唯子のツノと愛』でマンガ家デビューを果たしたアニメクリエイター久野遥子が担当。「山下監督の目線や街の息遣い、人々のディティールを一つ残らずアニメーションに反映できるよう力一杯がんばります。」とコメント。

併せて、久野遥子の描き下ろし、イメージイラストも到着!山下敦弘 × 久野遥子、このふたりが持つ独特の感性が織りなすイメージ映像に、とにかく期待が膨らむイラストでございます!

※《東アジア文化都市》とは
日中韓文化大臣会合での合意に基づき、日本・中国・韓国の3か国において、文化芸術による発展を目指す都市を選定し、その都市において、現代の芸術文化や伝統文化、また多彩な生活文化に関連する様々な文化芸術イベント等を実施するものです。これにより、東アジア域内の相互理解・連帯感の形成を促進するとともに、東アジアの多様な文化の国際発信力の強化を図ることを目指します。また、東アジア文化都市に選定された都市がその文化的特徴を生かして、文化芸術・クリエイティブ産業・観光の振興を推進することにより、事業実施を契機として継続的に発展することも目的としています。豊島区は横浜市(2014年)、新潟市(2015年)、奈良市(2016年)、京都市(2017年)、金沢市(2018年)に続き、国内6番目にして初の都内開催となります。

山下敦弘(やました・のぶひろ)
1976年愛知県生まれ、大阪芸術大学芸術学部映像学科卒。卒業制作の『どんてん生活』(99)が国内外で高い評価を受ける。その後、女子高生がバンドを組む青春映画『リンダ リンダ リンダ』(05)に挑戦、スマッシュヒットを飾る。『天然コケッコー』(07)では第32回報知映画賞・最優秀監督賞を最年少受賞した。以降『マイ・バック・ページ』(11)、『苦役列車』(12)、『もらとりあむタマ子』(13)、『味園ユニバース』(15)、『オーバー・フェンス』、『ぼくのおじさん』(16)と独自の作家性と娯楽性とをミックスさせながら様々な題材を撮り続けている。 最新作『ハード・コア』が2018年11月23日公開。

山下敦弘×久野遥子が豊島区の豊富な魅力を実写を元にした「ロトスコープ」アニメーションで伝える!

【コメント】
豊島区と接してみて、街があってその上に人がいるというより、人々がいてその下に街が広がっている、そんなイメージが漠然と湧き、今回のアニメーション制作をスタートさせました。人間が生活し文化を楽しみ作り出していく、それこそが豊島区の持つ魅力なのではないと感じています。主人公の小さな女の子“しま子”が何気ない日常の風景でさえ輝いて見えることを知っていく今回の物語は、当たり前の風景だと感じてしまっている豊島区民の人にこそ観て欲しいです。視点をずらして日常を見るといろんな事が豊かに見える、そんな豊島区の持つエネルギーを表現出来たらなと思っています。

久野遥子(くの・ようこ)
2013年多摩美術大学卒業後、アニメーション、イラストレーション、漫画を中心に活動。代表作としてcuushe『Airy Me』MV、Eテレ『人形劇ガラピコぷ~』OP、岩井俊二監督作『花とアリス殺人事件』や映画『クレヨンしんちゃん』シリーズ、TVアニメ『宝石の国』のスタッフ参加。2017年7月に初コミックス『甘木唯子のツノと愛』を刊行。

山下敦弘×久野遥子が豊島区の豊富な魅力を実写を元にした「ロトスコープ」アニメーションで伝える!

【コメント】
豊島区というたくさんの人たちが住みながら現在まで変化し続けている街のプロモーションを、山下敦弘さんというすばらしい映画監督と一緒に制作する機会を頂けて本当に光栄です。実写を撮影する中でカメラに残るであろう山下監督の目線や街の息遣い、人々のディティールを一つ残らずアニメーションに反映できるよう力一杯がんばります。





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメントは利用できません。

9/1公開『寝ても覚めても』

注目映画

  1. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  2. ■イントロダクション 2017年マンガ大賞受賞の超話題作、待望の実写映画化!! 映画の原作となる…
  3. ■イントロダクション 土屋太鳳×芳根京子。NHK朝ドラ主演も務めた若手屈指の演技派女優二人が初共演…
  4. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  5. ■イントロダクション 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。…
  6. ■イントロダクション 2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で360億円以…
  7. ■イントロダクション 新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、鮮やかに描き出す…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る