Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Pocket
LINEで送る

国境や時代を超えグローバルな読者を獲得し、世界に名作・話題作を発信し続ける作家、村上春樹。名実ともに日本を、そして世界を代表する作家である彼の珠玉の短編作品『ハナレイ・ベイ』。2005年に発表され単行本、文庫あわせ累計70万部を超えるベストセラーとなっている『東京奇譚集』(新潮文庫刊)の一篇である本作が映画化、10月19日(金)に全国公開となります。

公開に先駆けて、本日10月2日(火)に丸の内ピカデリーにてプレミア上映会が開催され、主演の吉田羊さんをはじめ、佐野玲於さん、村上虹郎さん、佐藤魁さん、松永大司監督が登壇しました。

まずはキャスト・監督から一言ずつ。

吉田羊:
この作品は本当に魂を込めて撮影した作品で、多分まだ私の魂はこの作品に残っているんだと思います。
佐野(吉田と親子役):
この日を迎えることができて本当に幸せだと思っています。この映画をたくさんの人に届けるべく、(今日のイベントを盛り上げるべく)頑張ります。


村上(サーファー役):
ようやく、松永監督の渾身作が皆さんの元に届けることができると思うと嬉しいです。
松永監督:
本当に大切な作品となりました。ようやく皆さんの元に届けられる、感無量です。

―“村上春樹”原作の映画への出演が決まった時の感想は?
吉田:
元々、村上春樹作品が好きで2つ返事でオファーを快諾しました。松永監督の『トイレのピエタ』を観た時に、〈この監督に呼ばれる女優になりたい〉と思っていたので、こんなに早く実現するとは思っていなかったです。

―本作へのオファーのきっかけは?
佐野:
松永監督が自分のライブを観に来てくださって、監督にオファーをいただいたんです。
松永監督:
ライブを見に行った時に、光っている人がいると思った。あれ誰?と聞いて佐野玲於という名を知ってからすぐにオファーをしました。
村上:
嬉しかったです。信頼する松永監督の作品だから脚本も原作も観ずに参加を決めました。
佐藤:
(自分は本作が俳優初挑戦で)ビックリしました。他のキャストの方の参加を聞いて、もっとビックリしました。
村上:
魁、緊張してる?
〈テラスハウス〉のおかげで、ハワイでは誰よりも知られている。現地の日本人が魁を見て「あれ、魁ですよね?」と吉田さんに確認していました。
(会場笑い)

―佐野、村上との初共演の感想は?
吉田:
私の役が閉鎖的な人物だったので、カメラが回っている時以外は誰とも関わらないようにしていた。4人でお昼ごはんを食べた時が唯一の楽しい思い出です。
佐野:
基本は一人か羊さんとのシーンばかりだったのですが、撮影中はほとんど喋らず、日本に帰って来てから仲良くなりました。

―撮影中の松永監督とのエピソードを教えてください。
吉田:
クランクイン初日からボコボコにやられました。監督は撮影に納得いかない様子で私の前でため息ばかりついていた。この作品が終わったら女優を本気で辞めようと思うほど追い込まれていました。


松永監督:
すいませんでした(笑)。この作品は、自分の全てを出しきらないと良いものは絶対にできないと思っていた。だから妥協せずとことんやろうと思っていました。

続いて【人生で一番大切な人に会いたくなる映画】である事に因んで、キャストが〈人生で一番大切な写真〉を披露したのち、吉田が「大切な人をなくした時、人はどう生きていき乗り越えていくのか。そういった気持ちを少しでも多くの方に観て感じていただきたいです。」と締めくくり、イベントは幕を閉じました。

ハワイの美しき湾 ハナレイ・ベイを舞台に繰り広げられる、“希望”の物語。映画『ハナレイ・ベイ』は10月19日(金)より全国ロードショーです。


■予告動画

原作:「ハナレイ・ベイ」(新潮文庫刊『東京奇譚集』)村上春樹著

脚本・監督・編集:松永大司

音楽:半野喜弘

出演:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、佐藤魁、栗原類

配給:HIGH BROW CINEMA

コピーライト:©2018 『ハナレイ・ベイ』製作委員会

※原作小説「東京奇譚集」の評価・感想・ネタバレ※

平均評価 3.5点 (2018年10月2日更新)

サチは音感の優れた器用なピアニスト。彼女の一人息子はサーファー。ハワイのカウアイ島でサメに足を食いちぎられ命を落とした。毎年秋の終わりに3週間の休みをとって彼の絶命した浜へゆき、海を眺め息子を偲ぶ。愛する息子なのにその人間性を好きになれなかった自分。行き場のない思いは増すばかり。いつか心からこの島を受け入れたとき、息子に再会できるかもしれない。
中年女性のサチの存在感が光る。態度はぞんざいだけれどもラフで率直な彼女がチャーミングで私はとても好きだ。不思議な余韻が心地よい佳作。

五編からなる短編集です。どの作品も、あることをきっかけに生き方のようなものが変化したことを表す物語のように思いました。まあ、中には「どこであれそれが見つかりそうな場所で」のように、「きっかけ」を探している話もありますが。短編にしろ長編にしろ、以前の村上作品は、「きっかけ」にたどり着くまでがメインの物語で、「きっかけ」を手にした人がどうすればいいのか戸惑って終わるような作品が多かったように思います。しかし、最近の作品では、「きっかけ」の前後のバランスがうまくとれて書けているような気がします。

読書ログ会員の星の数と感想をチェック

■関連商品


関連記事

コメントは利用できません。

大ヒット上映中『ムタフカズ』

注目映画

  1. ■作品紹介 双子では、ありません。 原宿竹下通りを愛し、双子コーデを楽しむ二人の女子の物語。 …
  2. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー https://toku…
  3. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  4. ■作品紹介 今世紀最高のハリー・ポッター魔法ワールド最新作が、やってくる! 魔法動物…
  5. ■ストーリー 雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青…
  6. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  7. ■公開記念インタビュー ・衝撃の結末に涙!映画『ごっこ』主演・千原ジュニアさんインタビュー ・社…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る