アメリカ・ニューヨーク映画祭『寝ても覚めても』舞台挨拶レポートが到着

全国にて大ヒット上映中の『寝ても覚めても』(英語タイトル「ASAKOⅠ&Ⅱ」)のアメリカプレミアが、第 56 回ニューヨーク映画祭にて、米国現地時間10月 6日(土)15:00に行われ、濱口竜介監督が登場しました。
カンヌ、トロント、サンセバスチャンに続き、ニューヨークへ!世界中の映画祭で引っ張りだこの『寝ても覚めても』は、既に 20 以上の映画祭での上映が決定済み。同時期に開催の釜山国際映画祭にも招待され、東出昌大、唐田えりかが韓国へと渡り公式上映に登壇したばかりだ。北米最大級の映画祭の一つで、伝統あるニューヨーク映画祭には、数多くの映画人が集うことで知られる。今年も、俳優では、エマ・ストーン、リーアム・ニーソン、ジェイク・ギレンホール、リリー・ローズ・デップなど、監督では、バリー・ジェンキンス、アルフォンソ・キュアロン、ジョエル&イーサン・コーエン兄弟などと、ハリウッド・スターから、アカデミー賞、カンヌ、ヴェネチアなど国際映画祭の常連たちが集結!
2016 年に濱口監督の前作『ハッピーアワー』がニューヨーク近代美術館(MoMA)とフィルムソサエティ・オブ・リンカンセンター共催の「New Directors/New Films」で上映され、好評のため MoMA で再上映されるなど、ニューヨークは濱口監督の才能をいち早く評価してきた監督所縁の土地。監督にとって、自作を携えてのニューヨーク訪問は3度目となる。早めに現地入りした濱口監督は、クレール・ドゥニ 監督「HIGH LIFE」や、アルフォンソ・キュアロン監督「ROMA」などを鑑賞し、映画祭を観客としても満喫していた。

1086 席の大ホールが満席に!NY の濱口ファンが熱狂! 日本での”怒る”観客の反応、女性をうまく描く極意を語る!
アメリカプレミアとなる上映は、ニューヨーク映画祭の最も大きな上映会場、リンカーンセンターの Alice Tully Hall にて行われた。1,086 席というキャパシティにも関わらず場内は満席!そしてなんと、会場には、ニューヨーク在住の想田和弘監督やニューヨークにて英語修行中のウーマンラッシュアワー村本大輔さんの姿も!上映前に、プログラムディレクターのデニス・キム氏より「濱口竜介は5時間超えの記憶に残る映画『ハッピーアワー』で国際的に知られ、数年前に「New Directors/New Films」でも上映されました。今回はもう少し短いです。」と紹介が始まると、会場からは拍手と笑いが!その反応からは、場内に熱い濱口ファンがいることを感じさせられた。続けてキム氏は「本作は、失恋とそのあとの恋愛を描いていますが、一筋縄ではいかない展開が待っています。ロマンス映画のジャンルの枠を超えた新しい映画です」と紹介し、上映がスタート。

上映後には割れんばかりの拍手の中で濱口監督が登場。Q&Aでは、冒頭はキム氏からの質問に答えるかたちで、小説の映画化である本作の成り立ちや、監督が原作に惹かれた理由、日本語タイトルと英語タイトルの違い、本作の不条理かつミステリアスな要素について答えた濱口監督。その中で、本作が、前作『ハッピーアワー』との対比で、2時間という時間の中で早いストーリーテリングをどう獲得できるのかの挑戦だったことを明かした。

Q.(日本での反応に話が広がり、)日本の観客の一部に”怒り”がある理由は?
濱口監督:
朝子は180度違う選択を 2 回繰り返す。それは、人間として整合性がないように見えるんだと思います。これは原作の流れを踏襲しているのですが、僕は読んでいて、驚くと共に深く納得しました。しかし、そのような人間を受け入れられないと人はまず怒る。受け入れられたとしても、日本の倫理観の中で受け入れられない、ということもまた、起こるのだと思います。

アメリカ・ニューヨーク映画祭『寝ても覚めても』舞台挨拶レポートが到着

©2018 JulieCunnah

Q.(『ハッピーアワー』の大ファンという男性から、)あまりに女性の描き方がうまいので、監督が女性ではなく男性であることに驚きました。どのように、女性の感覚を得ているのでしょうか?
濱口監督:
女性の感覚というのは、全然わかりません。
(会場一同爆笑)
ただ、これは他者一般に言えることで、自分も含めて、誰かのことをわかっているとは言えないんじゃないかと思います。なので、わからないという意味では、男でも女でも変わりません。重要なのは、他者のことはわからないので、自分がわからない対象について書こうと思ったら、人に聞くこと。女性に話を聞いてみたり、ある職業の人に聞いて見たりと、取材を重ねます。もう一方で、結局自分と究極的には違わないんだという気持ちで書くこと。魂のレベルでは自分と同じなんだと思うことが大事だと思います。

上映後は、会場近くを歩いているだけで、すれ違いざまに「映画素晴らしかったです!」と観客に突然話しかけられて驚く濱口監督。映画祭ならではの、観客と作り手の距離感、観客達のダイレクトな反応を喜んでいた。本作はすでにアメリカ配給が決定しており、来年の前半に公開予定。

<濱口監督コメント>
初めてのニューヨーク映画祭への参加でした。面白い映画がたくさん集まっていて、観客としても楽しめたこの映画祭で、『寝ても覚めても』がメイン・スレート部門で招待していただけたのは、なんて光栄なことだろう!と、とても感動しています。

アメリカ・ニューヨーク映画祭『寝ても覚めても』舞台挨拶レポートが到着

©2018 JulieCunnah


■あらすじ
東京。亮平は、コーヒーを届けに会社に来た朝子と出会う。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、戸惑いながらも朝子は惹かれていきふたりは仲を深めていく。しかし、朝子には亮平には告げていない秘密があった。亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ――。

■予告動画

■キャスト
東出昌大  (『OVER DRIVE オーバードライブ』『GONIN サーガ』『桐島、部活やめるってよ』)
唐田えりか  (『ラブ×ドック』)
瀬戸康史  (『ミックス。』『僕は友達が少ない』『JUDGE ジャッジ』)
山下リオ  (『シャニダールの花』『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』)
伊藤沙莉  (『blank13』『戦場へ、インターン』)
渡辺大知 (黒猫チェルシー)(『ここは退屈迎えに来て』『勝手にふるえてろ』)
仲本工事 
田中美佐子 (『ミックス。』『彼らが本気で編むときは、』『ダイアモンドは傷つかない』)

■スタッフ
監督: 濱口竜介 (『ハッピーアワー』)
脚本:田中幸子 濱口竜介
原作:「寝ても覚めても柴崎友香(河出書房新社刊)
音楽:tofubeats
主題歌:tofubeats「RIVER」(unBORDE/ワーナーミュージック・ジャパン)

■公開情報
テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国大ヒット公開中!

■公式サイト
http://www.netemosametemo.jp

■コピーライト
© 2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINEMAS

■関連商品




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

平均評価 4.0点 (2018年9月30日更新)
・原作未読。現実の中に現れる不思議な歪みにゾワッとさせられた。寄生獣のときのような東出の演技にゾクゾクする。全体的に精巧で、静かな語り口も良い。素晴らしい場面がさらり入ってくるのも唸りたくなる。土手の上を走っていくシーンとか好きだ。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメントは利用できません。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』(4K・ステレオ版)

注目映画

  1. 映画『来る』 2018年12月7日(金)公開 目次 イントロダクション …
  2. ■ストーリー アリーの夢―それは歌手になること。なかなか芽が出ず諦めかけていたある日、世界的シンガ…
  3. ■作品紹介 今から20年前、映画の常識を遥かに超えた面白さで日本中をハッピーで包み、口コミが口コミ…
  4. 『jam』第31回東京国際映画祭
    ■ 最新情報 第31回東京国際映画祭レッドカーペット『jam』登場!!(写真10枚)劇団EXILE…
  5. 映画『春待つ僕ら』 2018年12月14日(金)公開 目次 イントロダクション…
  6. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  7. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る