松岡茉優が刺激大好きボスの愛人に!グリーンヘアの妖艶な姿も!『ヘルドッグス』キャスト発表!

映画『ヘルドッグス』狂犬コンビを取り巻く強烈キャラクター! 松岡茉優、北村一輝、大竹しのぶ 出演情報解禁!

任侠100%、狂犬コンビを飼い慣らす人情ボス 北村一輝
大竹しのぶ 潜入捜査の連絡員、復讐のマッサージ師

主演・岡田准一、監督・脚本・原田眞人が『関ヶ原』、『燃えよ剣』に続き3作品目のタッグを組み、監督と俳優という関係を超えた信頼感で作品に魂を注入し作り上げた、究極のノンストップ・クライム・エンターテイメント『ヘルドッグス』9月16日(金)に公開する。

本作で岡田が演じるのは、正義も感情も捨て、腕っぷし一つでヤクザ組織に潜入しのし上がる元警官・兼高昭吾(かねたか・しょうご)。兼高は警官時代に愛する人が殺される事件を止められなかったというトラウマを抱え、正義も感情も捨て復讐することにのみに生きる“闇に落ちた男”で、その狂犬っぷりに目をつけた警察組織から、関東最大のヤクザ組織「東鞘会」への潜入という危険なミッションを強要される。

そんな兼高とバディを組む室岡秀喜(むろおか・ひでき)を演じたのは坂口健太郎。室岡は死刑囚の息子という境遇ゆえに心の奥底に深い闇を抱え、組織内でも誰も手が付けられない制御不能な存在。

そんな2人は警察のデータ分析によると、なんと相性<98%>。警察は、兼高に室岡に喧嘩を売り、それをきっかけに組織へ潜入するよう指示を出す。二人は最強の“狂犬コンビ”として猛スピードで組織を上り詰め、お互いになくてはならない存在となっていくが、「潜入捜査」という兼高の秘密は絶対に漏れてはいけない。“真実”は絶対に明かせない関係の二人は、やがて、予測不能な展開に巻き込まれていくー。

新たに最狂バディを取り巻く、一筋縄ではいかない強烈キャラクターたちが解禁!

兼高と室岡が所属する東鞘会・神津組(とうしょうかい・こうずぐみ)のボスの愛人で、刺激大好きで挑発的なグリーンヘアの女【吉佐恵美裏(きさ・えみり) 】を演じるのは松岡茉優。兼高と室岡のボスで、東鞘会最高幹部である「東鞘会三羽烏」の一人、任侠100%の人情組長【土岐勉(とき・つとむ)】を北村一輝。東鞘会へ恨みを抱え、マッサージ師として組織内部にも入り込む、潜入捜査員の連絡係【衣笠典子(きぬがさ・のりこ) 】を大竹しのぶが熱演する。

「台本を読んだ時に、私が平成生まれで、女性だからこそ、今の新しい価値観の子たちが見たときにギャップを感じない、さらに共感を得るキャラクターにできたらいいなと思いました。恵美裏は魅力的で頭が良くて、私も憧れてしまうような女性です」と語っている。また、これまでの松岡のイメージとは違い、艶っぽさと怪しさをあわせもった恵美裏のビジュアルについて「赤いリップを引きたいと思ったんです。口紅が赤なら髪は補色の緑だと、ちょっと目で追っちゃう色合いだなと思って。赤の補色であれば、最初は青ということも考えましたが、ゆっくり青緑になっていき、最終的に緑の髪色になりました」とこだわりも明かした。

北村が演じる土岐は全身に龍の和彫りの刺青を入れ、ヴィンテージのバーバーチェアで行う散髪タイムを大事にする兼高の親父(オヤジ)。北村は「最初に脚本を読んだ時はハードボイルド、男の世界の話なんだと思いました。自分にとっても本当に久しぶりで、少し懐かしいなと思いながら読ませていただいて。その中で土岐という、人間性が結構かっこよかったりする、筋が通っていて、非常に魅力的な役だなと思いました」と土岐について話している。

そして、大竹が演じる潜入捜査の連絡員でありマッサージ師の典子は、警察と兼高を繋ぐ重要な役割を担いながら、東鞘会にもマッサージ師として出入りをしている謎の存在。本作で原田組へは初参加となるが「撮影は緊張感があり、映画を撮ってるんだなって実感することが出来ました」と語り、久しぶりの共演となる岡田については「岡田さんは全然変わらず、初めてご一緒した当時に戻ったみたいで楽しかったです。『全く変わってないね』と話したら、私も変わってないと言われて、撮影の合間は色々な思い出話に花を咲かせました」と再会を喜んだ。

本作の見どころについては北村は「アクションというのはなにも戦ってだけのシーンではなく、 全体的な動きであったり、その空気感というのを、監督がこだわっていたりしましたので、そこは僕も個人的に見てみたいところです」と期待を込めて話した。

松岡は「本当に岡田さんの、日本人最強の動きが随所に、そして今回はもう右にも左にもとても強いキャラクターだから、最強っぷりが堪能できますし、それに食らいついている坂口くんがまたミステリアスで、対比がすごく良いんです!」と岡田と坂口のバディを絶賛!

大竹も「台本を読むと、とても怖いシーンが次々に出てくるんですけれど、先を読まずにはいられない気持ちにさせられます。出てくるキャラクターも、みんなどこか寂しくて魅力ある人たちなので、とにかく楽しみにしてほしいなと思います。」と語っている。

松岡茉優 コメント

台本を読んだ時に、私が平成生まれで、女性だからこそ、今の新しい価値観の子たちが見たときにギャップを感じない、さらに共感を得るキャラクターにできたらいいなと思いました。恵美裏は魅力的で頭が良くて、私も憧れてしまうような女性です。
作品は本当に岡田さんの、日本人最強の動きが随所に、そして今回はもう右にも左にもとても強いキャラクターなので、最強っぷりが堪能できますし、それに食らいついている坂口くんがまたミステリアスで、対比がすごく良いんです!

北村一輝 コメント

最初に脚本を読んだ時はハードボイルド、男の世界の話なんだと思いました。自分にとっても本当に久しぶりで、少し懐かしいなと思いながら読ませていただいて。その中で土岐という、人間性が結構かっこよかったりする、筋が通っていて、非常に魅力的な役だなと思いました。アクションというのはなにも戦っているところだけのシーンではなく、全体的な動きであったり、その空気感というのを、監督がこだわっていたりしましたので、そこは僕も個人的に見てみたいところです。

大竹しのぶ コメント

撮影は緊張感があり、映画を撮ってるんだなって実感することが出来ました。
岡田さんは全然変わらず、初めてご一緒した当時に戻ったみたいで楽しかったです。「全く変わってないね」と話したら、私も変わってないと言われて、撮影の合間は色々な思い出話に花を咲かせました。
台本を読むと、とても怖いシーンが次々に出てくるんですけれど、先を読まずにはいられない気持ちにさせられます。出てくるキャラクターも、みんなどこか寂しくて魅力ある人たちなので、とにかく楽しみにしてほしいなと思います。

キャスト

岡田准一 
坂口健太郎
松岡茉優
北村一輝
大竹しのぶ

脚本・監督

原田眞人

原作

深町秋生「ヘルドッグス 地獄の犬たち」(角川文庫/KADOKAWA刊)

配給:東映/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式HP: www.helldogs.jp
©2022 「ヘルドッグス」製作委員会

9.16(金) 公開!

映画ヘルドッグス,画像

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  2. たのしいこともさびしいこともーあみ子が教えてくれるのは、私たちが“かつて見ていたはずの世界” 芥川…
  3. GG_coda,画像
    ⼀歩踏み出す勇気が すべてを⼒に変えていく アカデミー賞前哨戦として名高い第79回ゴールデン・グ…
  4. きっと、誰かに伝えたい。劇場だからこそ味わえる“観るアウトドア”がここにある。 あfろの人気コ…
  5. トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編が誕生!…
  6. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  7. ‛最悪‘な本音が‛最高’の共感を呼び、世界が絶賛!新時代を生きるすべての人に贈る、恋と成長の物語 …

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
映画『グリーンバレット』【初日舞台挨拶】
ページ上部へ戻る