革新的人生に迫るドキュメンタリー映画『ZAPPA』監督が日本公開に向けてメッセージ!

映画 『ZAPPA』 アレックス・ウィンター監督より日本公開に向けてのメッセージが到着!

「映画自体がザッパの死後の告白のように感じられるように作りたかった」

アーカイヴ貯蔵庫への自由なアクセス権とそこに含まれた素材により、当時の政治的混乱から逃れることのなかった巨人の音楽キャリアとその背後にある私生活を探求する-。

60年代以降、圧倒的な独創性とともに土星人サン・ラーやエルヴィス・プレスリー、ジョニー・キャッシュと並ぶ音楽史上最大規模のディスコグラフィを築き上げたアメリカの作曲家、編曲家、ギタリスト、ロック・ミュージシャンであり、あらゆる芸術における先駆であったフランク・ザッパ(1940.12.21-1993.12.4)の革新的人生に迫る、初の遺族公認ドキュメンタリー映画『ZAPPA』がいよいよ4月22日(金)より公開となる。
ZAPPA,画像

映画公開直前、本作の監督アレックス・ウィンターより日本公開に向けてメッセージが届く

フランク・ザッパといえば遺した作品の数的および内容的な凄まじさと、変態・奇人変人といったイメージにより全体像を把握することは非常に困難であり、ザッパをまだ聴いたことのない人のなかには、音楽史において決して触れることのできない、触れてはいけない領域と感じている人々が少なくない。

本作『ZAPPA』でアレックス・ウィンター監督は、歴史的事実を描く一般的な音楽ドキュメンタリーのフォーマットではなく、フランク・ザッパという人間の内面を、ザッパを知らない人にも理解できるようなるべく分かりやすいかたちで制作を試みた。

音楽家としてのザッパ、社会問題を反映させた歌詞や発言と政治的主張、そして個人の自由と表現の自由の脅威にひとり敢然と立ち向かうザッパ。どんな創作物にも<笑い>の要素を盛り込みつつ、考えは真っ直ぐでブレなかったザッパの心情・思考を、どんな人でも分かり得るよう紐解いた。

監督のアレックス・ウィンターはチャールズ・ブロンソンの当たり役ポール・カージーのシリーズ第三弾『スーパー・マグナム』(85)でブロンソンと争うギャング役で映画デビュー、『ビルとテッドの大冒険』シリーズではキアヌ・リーブスとともに主演をつとめる役者であり、『ミュータント・フリークス』(93)などの監督作品も誇る多才な映画人。

そして、近年は硬派なドキュメンタリー映画作家としての評価と実績を急速に高めている。本作の制作に 5 年以上の時間を費やしたウィンター監督から日本公開へ向けて届いたメッセージは、「フランク・ザッパ」という巨人に恐れ戦かず、一人の芸術家の人生を、映画を通して感じてほしいという願いが込められている。

アレックス・ウィンター監督メッセージ

私は歴史を追ったスタンダードなミュージシャンの伝記映画には興味はなく、その時代のアメリカという国において妥協なく芸術家としての道を歩んだ、とても難しく、大変な困難に立ち向かったアーティストの人生の道のりを描きたいと思ったのです。

制作にあたり、まずはスタッフと協力して、我々の作りたいと思っている作品の方向性やムードを示す短いフッテージを作り、フランク・ザッパの遺族に提示しました。ザッパ家は皆、この映像を気に入ってくれて、フランクの未亡人であるゲイルと実際に会うことが実現し、その場でドキュメンタリー映画の企画について打診してみました。

ゲイルは私のアイデアにとても共感してくれてプロジェクトを承認し、フランクの個人的なアーカイヴ素材へのアクセスも許可してくれたのです。また私は 100%のクリエイティブ・コントロールと最終編集権を与えられ、外部からの指示は一切なく、自分の当初のビジョン通りに作品を作り上げることができました。ゲイルには本当に感謝しています。

『ZAPPA』制作の過程で私は毎日、フランク・ザッパに関しての新たな発見と出会っていました。素材として特にありがたかったのは、ギャリック劇場の映像と晩年、生前最後のビデオ素材です。フランク・ザッパ自身の言葉で、首尾一貫した作品の芯を作り上げることが私にとって非常に重要なことでした。映画自体がザッパの死後の告白のように感じられるように作りたかった。

私は人々がフランク・ザッパの作品を好きであるか、フランクのことを人間的に好きであるかに関係なく、映画を観た人がこの芸術家としてのフランク・ザッパと、彼の挑戦的な人生の旅に魅了されることを望んでいます。そして、『ZAPPA』が日本で公開されることにとても感謝しています。日本の皆さまが楽しんでくれることを願っています。
ZAPPA,画像

『ZAPPA』予告編映像

キャスト

ブルース・ビックフォード
パメラ・デ・バレス
バンク・ガードナー
デヴィッド・ハリントン
マイク・ケネリー
スコット・チュニス
ジョー・トラヴァース
イアン・アンダーウッド
ルース・アンダーウッド
スティーヴ・ヴァイ
レイ・ホワイト
ゲイル・ザッパ

監督

アレックス・ウィンター

2020 年|アメリカ映画|129 分
原題:ZAPPA

配給:ビーズインターナショナル
提供:キングレコード
公式HP:ZAPPAMOVIE.JP
© 2020 Roxbourne Media Limited, All Rights Reserved.

4 月 22 日(金)より
シネマート新宿・シネマート心斎橋
ほかにて全国順次公開

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  2. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  3. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  4. 映画『ピンカートンに会いにいく』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    “こじらせ系アラフォー女子たちが、20年の時を経てまさかのアイドル再結成!?” シニカル&オフ・ビ…
  5. ミッドナイトスワン,草彅剛
    キノフィルムズ 10 周年&キノシネマ 3 周年記念 フェスティバル上映4作品決定! 映画『ミッ…
  6. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  7. 運命に翻弄されながら再会を願い続けた夫婦二人の11年にも及ぶ愛の実話。 二宮和也が主演を務め、シベ…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る