浜辺美波「羨ましくて仕方がない」と絶賛!映画『メタモルフォーゼの縁側』にコメント

浜辺美波「羨ましくて仕方がない」と絶賛!映画『メタモルフォーゼの縁側』にコメント

各界著名人10名の感動のコメントが到着!

「このマンガがすごい!」「文化庁メディア芸術祭 マンガ部門」など数々の漫画賞を受賞した鶴谷香央理の「メタモルフォーゼの縁側」の実写化が決定し、この度各界著名人10名のコメントが到着しました。

BLでつながる17歳と75歳 ――
傑作漫画の実写化を、10年ぶりの共演となる芦田愛菜と宮本信子が務める

2017年に連載が始まって以降、じわじわと話題を呼び「このマンガがすごい!」「文化庁メディア芸術祭 マンガ部門」など数々の漫画賞を受賞した鶴谷香央理の漫画「メタモルフォーゼの縁側」。同作の実写化が決定し、6月17日(金)に全国公開となります。
メタモルフォーゼの縁側,画像
主人公の佐山うららは、周囲に馴染めずひとりこっそりとBL漫画を読むことを毎日の楽しみにしている17歳の女子高生。もうひとりの主人公・市野井雪は、夫に先立たれ孤独に暮らす75歳の老婦人。雪がキレイな表紙に惹かれて買った漫画がBLだったことをきっかけに出会ったふたりが、一緒に漫画を読んで、一緒に笑って、一緒に泣いて、時には激論を交わし、BLで繋がったふたりが育む年の差58歳の友情と挑戦が描かれる。

うららを演じるのは芦田愛菜。2010年に「Mother」(NTV)で脚光をあび、以降俳優として数々の最年少記録を塗り替え、数々の映画、ドラマ、CMなどで活躍する国民的俳優。
雪を演じるのは日本を代表する名優・宮本信子。数々の映画賞に輝いた経歴を持ち、近年では『STAND BY ME ドラえもん 2』(20/声の出演)、『キネマの神様』(21)など精力的に活動している。

この度、再来月に公開を控えたこのタイミングで、いち早く本作を鑑賞した豪華著名人10名より熱烈なメタモル推しコメントが到着しました!

女優の浜辺美波「心がほわぁとほぐれました。 なんとなく置き去りにしてしまっていたけど、だいすきなものに出会うこと、それを友人と共有して共感しあうこと。その機会は様々な理由が重なって減ってしまっているなと。手のひらに収まるささやかな幸せが指の隙間からいつのまにか零れ落ちていることに気がつきました。この2人の会話が輝いてみえて羨ましくて仕方がない。眩しい映画でした。」とうららと雪の“好きなもの”で繋がる友情を絶賛し、

『ミッドナイトスワン』(2020)の監督である内田英治監督からは「日常の中で眠っている大切なものに気づかせてくれる映画だ」と称賛のコメントが到着!

また、原作漫画の大ファンでもあるおかずクラブのオカリナ「好きなものを通じて年齢を超えて仲良くなり、 後ろ向きになりそうな時に肯定してくれる相手に出会えた、 そんなうららさんと雪さんの友情が羨ましく眩しかったです。」とコメントを寄せ、「好きなマンガの実写化でキャストを知り、観たい!と思ったのは初めてでした。」と本作への注目度を明かしてくれた。

偶然が重なりBL漫画をきっかけに仲良くなった女子高生のうららと老婦人の雪、年の差58歳の二人が織りなす友情と挑戦の物語。映画『メタモルフォーゼの縁側』は6月17日(金)に全国公開!

コメント一覧(敬称略/五十音順)

ふと手にしたBL漫画に感動して自力で映画化した経験があるので、うららと雪に共感しまくった。日常の中で眠っている大切なものに気づかせてくれる映画だ。あと、芦田さんの演技が素晴らしすぎる。
内田英治 / 映画監督

「好きという気持ち」は共通言語であり、夢への第一歩であり、何より正義だ。 そんな当たり前のことを思い出せる作品でした。明日からまた色々なものを好きになろう。
オカモトコウキ(OKAMOTO’S) / ミュージシャン

好きなものを通じて年齢を超えて仲良くなり、 後ろ向きになりそうな時に肯定してくれる相手に出会えた、 そんなうららさんと雪さんの友情が羨ましく眩しかったです。
好きなマンガの実写化でキャストを知り、観たい!と思ったのは初めてでした。 素晴らしい作品を素敵なキャストで実写化して下さりありがとうございます。 映画館にも観に行かせて頂きます。
オカリナ(おかずクラブ)/ 芸人

何かを本気で好きになって、力をもらったり傷ついたりすること。それを分かち合える人がいること。その尊さと儚さに満ち溢れた2時間。うららと雪が、2人で好きな漫画を語り合って、笑う。そのシーンを眺めているだけで、胸がギュッと掴まれて涙が出てきました。そんな特別なシーンじゃないのに、永遠に続けばいいのにと思った。芦田愛菜さんと宮本信子さんをキャスティングした、誰だかよくわからないけどこの映画のスタッフに感謝状を渡したいです。
佐久間宣行 / テレビプロデューサー

皆が優しくてピースフルで友情も芽生える推しの世界。日本経済は推しのエネルギーで回ることで復活するかもしれません。
辛酸なめこ /漫画家・コラムニスト

主人公うららさんが初めてマンガを描き、雪さんと同人誌即売会コミティアに参加しようとするシーンにドキドキしました。作品を創ることの喜びと不安がリアルに伝わってきて、思わずもらい泣きしてしまいました。
中村公彦 / コミティア実行委員会代表

心がほわぁとほぐれました。 なんとなく置き去りにしてしまっていたけど、だいすきなものに出会うこと、それを友人と共有して共感しあうこと。その機会は様々な理由が重なって減ってしまっているなと。手のひらに収まるささやかな幸せが指の隙間からいつのまにか零れ落ちていることに気がつきました。 この2人の会話が輝いてみえて羨ましくて仕方がない。眩しい映画でした。
浜辺美波 / 女優

「ずーっと誰かと○○の話をしたかったの」と満面の笑みを浮かべる75歳の雪さんに号泣してしまった。私たちはもっと誰かとまだ見ぬ誰かと笑い合って目を見てたくさんお話ししたいのだ、大好きな○○について。歳も性別も立場も国境も超えて。この宝石のような映画がどうぞ幻想になりませんように。素晴らしい映画を作って下さってありがとうございます。
ひうらさとる / 漫画家

大事なものを大事にするだけ。そんな簡単なことを、自分で難しくしてしまうのはなぜだろう。 その気になれば手が届くところにある幸せを、この映画を観た後なら見つけられるかもしれない。
福岡晃子 / 作詞作曲家/OLUYO社長

BL漫画を読んでうっとりしてるときの二人の顔が最高だった。75歳の老婦人雪が実にナチュラルに楽しんで読んでいるのに対し、17歳の女子高生のうららが、若干後ろめたそうに読んでる対比も面白い。 うららは大好きなBL漫画を部屋では段ボール箱に隠して収納していたり、人目のある場では大っぴらにBL漫画の話をするのを控えたりしているが、この感覚は、間違ってない気がする。彼女は自分の根っこの部分とBL漫画が深く結びついてることを自覚している。何かをすごく好きになると、あまりの思いの深さに段々恥ずかしくなるのは自然な感情ではないだろうか。また男性同士の恋愛やその先を楽しむことを、他人からどう思われるかが気になるのも分かる。 その自然な感情を他人から隠すだけでなく、これからどう向き合って「好き」を開花していくかを指南してくれるのが、年月を経て酸いも甘いも経験を積んだ雪さんだ。彼女は夢中になれるものがあることが、どれだけハッピーかをよく熟知している。 枯れない欲が心の中にあり続けるのは、生きる希望。何かに思いきり愛情を注ぐとき、人は飛び込む勇気も求められる。チャレンジへの一歩を踏み出すとき、雪とうららは年の差を超えて同じ夢を見ている。
綿矢りさ / 作家

『メタモルフォーゼの縁側』予告編映像

あらすじ

17歳の女子高生と75歳の老婦人。二人をつないだのはボーイズ・ラブ。
年の差58歳。最初の青春、最後の青春。
うらら、17歳。毎晩こっそりBL漫画を楽しむ女子高生。
雪、75歳。夫に先立たれたひとり暮らしの老婦人。
ある日、ふたりは同じ本屋にいた。うららはレジでバイト。
雪はきれいな表紙に惹かれて漫画を手にとっていた。それがBLだった。
初めての世界に驚きつつも、男子たちが繰り広げる恋物語にすっかり魅了されてしまう雪。
そんなふたりがBLコーナーで出会ったとき、それぞれ閉じ込めていたBL愛が次から次へと湧き出した。
それからは雪の家の縁側にあつまり、読んでは語りを繰り返すことに。そして二人はある挑戦を決意する。

キャスト

芦田愛菜 宮本信子 高橋恭平(なにわ男子) 古川琴音 生田智子 光石研
汐谷友希 伊東妙子 菊池和澄 大岡周太朗

監督

狩山俊輔

原作

鶴谷香央理「メタモルフォーゼの縁側」(KADOKAWA)

脚本

岡田惠和

プロデューサー:河野英裕 谷戸豊 大倉寛子
製作幹事:日本テレビ放送網
制作プロダクション:日テレアックスオン

配給:日活
公式HP:https://metamor-movie.jp/
©2022「メタモルフォーゼの縁側」製作委員会

6月17日(金)ロードショー

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. たのしいこともさびしいこともーあみ子が教えてくれるのは、私たちが“かつて見ていたはずの世界” 芥川…
  2. 映画沈黙のパレード,画像
    「ガリレオ」シリーズ最高傑作、誕生!! 福山雅治演じる、変人だけど天才的頭脳を持つ物理学者・湯川学…
  3. きっと、誰かに伝えたい。劇場だからこそ味わえる“観るアウトドア”がここにある。 あfろの人気コ…
  4. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  5. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  6. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  7. ここから始まる殺し屋生活。コイツら、全員めんどくせぇ!! 「ベイビーわるきゅーれ」「ある用務員」の…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
映画『グリーンバレット』【初日舞台挨拶】
ページ上部へ戻る