広瀬すず&横浜流星幸せそうな表情、二人の関係はどうなる?映画『流浪の月』場面写真

広瀬すず&横浜流星幸せそうな表情、二人の関係はどうなる?映画『流浪の月』場面写真

横浜流星「役の感情を作りやすい贅沢な現場」
幸せそうな表情を捉えた広瀬すずとの劇中写真を解禁!

広瀬すずと松坂桃李をダブル主演に迎えた李相日(リ・サンイル)監督最新映画『流浪の月』が、5月13日(金)に全国公開となります。

実力と人気を兼ね備えた俳優・広瀬すずと松坂桃李の2人が紡ぐ物語は、2020年本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)に輝いた凪良ゆうによる傑作小説が原作。

10歳の時に、誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かない さらさ)を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文(さえき ふみ)を松坂が演じる。

また、事件から15年経った現在の更紗の恋人・亮を横浜流星が、癒えない心の傷を抱える文に寄り添う看護師・谷あゆみを多部未華子が演じ、加えて、趣里、三浦貴大、白鳥玉季(子役)、増田光桜(子役)、内田也哉子、柄本明らが共演に名を連ねている。

2人の限りなく稀有な関係性をスクリーンに描き出すのは、デビュー以来そのエモーショナルで骨太な作風で観客の心を鷲掴みにしてきた『フラガール』『悪人』『怒り』などの李相日(リ・サンイル)監督。

また、『パラサイト 半地下の家族』『バーニング 劇場版』『哭声/コクソン』『母なる証明』など、韓国映画史に残る作品を次々手がけてきた撮影監督・ホン・ギョンピョ、『キル・ビル Vol.1』『ヘイトフル・エイト』『フラガール』『悪人』『三度目の殺人』など、世界を股にかけて活躍する美術・種田陽平ら、国境を越えた才能が集結した。

横浜流星は難役・亮をいかにして演じたのか!?
広瀬すずと二人で過ごした”普通の日常”がリアルな関係性を作り出す!

広瀬すず演じる“誘拐事件の元被害女児”・更紗の現在の恋人・亮を演じる横浜流星を捉えた本作の場面写真を解禁!

更紗の横で微笑む幸せそうな表情、そしてそれとは対照的に病みやつれた表情の2枚から、亮と更紗の関係がどう変化していくのか、想像が膨らんでくる。
流浪の月,画像
流浪の月,画像
2022年だけでも、日曜劇場「DCU」(TBS系)やNetflix製作のドラマシリーズ「新聞記者」、映画『嘘喰い』と出演作が連続して公開され、下半期も池井戸潤原作の『アキラとあきら』(三木敬浩監督)、『線は、僕を描く』(小泉徳宏監督)と主演映画が続々と公開予定の横浜だが、本作で更紗の恋人である亮役を演じることがアナウンスされると、その情報は驚きを持って受け止められた。

亮は、“誘拐事件の元被害女児”という特殊な過去を抱える更紗を、守ろうとするがゆえにきつく束縛し、やがてその強すぎる愛情が支配、そして暴力へと変わっていく激しさと脆さをあわせ持つ強烈なキャラクターであり、これまでの横浜の硬派で正統、そして紳士的なパブリックイメージを覆す役どころであったからだ。
流浪の月,画像
また、横浜は原作が本屋大賞を受賞する前から「流浪の月」のファンだと公言しており、映画化権を李相日監督が取得したという噂を聞きつけると、なんとしてでもその世界観の一部になりたいと行動を起こし、直接李に会って、未決定だった亮役のオファーを受けたという。

横浜はオファーを受けて改めて原作を読み返し「亮目線で読むとまた違う見方ができた」と振り返る。「文目線で読んでいた時は『この男、なんなんだよ』と思っていましたが、亮目線で読むと亮にも悲しい過去があり、だからこそ更紗を精一杯に愛して守り抜きたいと思っている、共感できる人間らしい部分がありました」と、単純に善悪では断罪できない生身の人間臭さを備えた横浜自身の亮というキャラクターを受け止め、最後には「僕自身が誰よりも亮を愛した」と語る。

ところが、自身を“人見知り”だという広瀬と“甘えることが苦手”だという横浜の初共演、しかも結婚を目前にした恋人どうしという設定には、準備段階から高いハードルがあったという。

クランクイン前のリハーサルで、いつまでも打ち解けない二人を見て、「李監督から『形は出来ているけど中身が見えない。まずは広瀬すずと横浜流星として二人の距離感を縮めた方がいいんじゃないか』という指摘があり、二人きりで話し合う時間を持ちました。クランクイン直前にロケ地の松本で二人で街巡りをして、蕎麦を食べたりゲームセンターに行ったりと、普通の人どうしが過ごすような日常を体験し、自然と亮と更紗になっていけたような気がします」と驚きの役作りの裏側を披露!

さらに前半から後半にかけて感情も風貌も驚くほどに変化していく亮の撮影が、可能な限り劇中の時系列通りに撮影を進めていく“順撮り”(予算やスケジュールの都合でなかなか成立が難しいとされる)で行われたとも明かし、「順撮りで撮影したことで役の感情が作りやすく、贅沢な現場だと思いました。監督は役者を第一に考えてくれる人だと感じました。すごく幸せな環境の中でお芝居ができて感謝しています」と李組での撮影を振り返った。

数多の現場経験を糧に急成長を遂げる横浜が、役作りへのの環境づくりの努力を惜しまない李組でいかなる新境地を切り拓き、花開かせたのか。横浜の魂の亮に、期待が高まる!

『流浪の月』本予告編映像

あらすじ

雨の夕方の公園で、びしょ濡れの10歳の家内更紗に傘をさしかけてくれたのは19歳の大学生・佐伯文。引き取られている伯母の家に帰りたがらない更紗の意を汲み、部屋に入れてくれた文のもとで、更紗はそのまま2か月を過ごすことになる。が、ほどなく文は更紗の誘拐罪で逮捕されてしまう。それから15年後。“傷物にされた被害女児”とその“加害者”という烙印を背負ったまま、更紗と文は再会する。しかし、更紗のそばには婚約者の亮がいた。一方、文のかたわらにもひとりの女性・谷が寄り添っていて…

キャスト

広瀬すず 松坂桃李
横浜流星 多部未華子
趣里 三浦貴大 白鳥玉季 増田光桜 内田也哉子
柄本明

監督・脚本

李相日

原作

凪良ゆう「流浪の月」(東京創元社刊)

撮影監督:ホン・ギョンピョ
音楽:原摩利彦
製作総指揮:宇野康秀

製作エグゼクティブ:依田巽(巽の上は「巳巳」)  
製作:森田篤  
プロデューサー:朴木浩美  
エグゼクティブプロデューサー:小竹里美 髙橋尚子 堀尾星矢  
ラインプロデューサー:山本礼二  
美術:種田陽平 北川深幸  
照明:中村裕樹  
録音:白取貢  
音響効果:柴崎憲治  
編集:今井剛  
装飾:西尾共未 高畠一郎  
キャスティングディレクター:元川益暢  
衣裳デザイン:小川久美子  
ヘアメイク:豊川京子  
制作担当:多賀典彬  
助監督:竹田正明  
韓国コーディネーター:鄭信英  
音楽プロデューサー:杉田寿宏  
宣伝プロデューサー:依田苗子 新田晶子

製作幹事:UNO-FILMS(製作第一弾) 
共同製作:ギャガ、UNITED PRODUCTIONS

配給:ギャガ
公式HP:gaga.ne.jp/rurounotsuki/
©2022「流浪の月」製作委員会

5月13日(金) 全国ロードショー

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編が誕生!…
  2. たのしいこともさびしいこともーあみ子が教えてくれるのは、私たちが“かつて見ていたはずの世界” 芥川…
  3. これが天下の大将軍への第一歩だ―― 。信は、漂の想いを胸に初陣に挑む! 原泰久の人気漫画を実写化…
  4. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  5. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  6. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  7. 映画沈黙のパレード,画像
    「ガリレオ」シリーズ最高傑作、誕生!! 福山雅治演じる、変人だけど天才的頭脳を持つ物理学者・湯川学…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
映画『グリーンバレット』【初日舞台挨拶】
ページ上部へ戻る