私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは・・・,画像

世界各国の映画祭で受賞!
映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは・・・』

映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは・・・』配給宣伝チームは、世界20を超える映画祭で取り上げられ、数々の賞を受賞した作品の全国公開へ向けて、クラウドファンディングプラットフォームのMotionGalleryにて5月16日(月)12:00よりクラウドファンディングを開始します。
クラウドファンディングで劇場公開の応援プロジェクト開始!
7月14日(木)23:59まで実施し、目標金額は1,200,000円。
集まった資金は、配給・宣伝に使用させていただきます。
▼クラウドファンディングページ(5/16 12:00公開)
https://motion-gallery.net/projects/watadoko

概要

本作は、監督・北尾和弥が「人を思考へ導く新たな映画」を追い求めてたどり着いた新たな形として、世界で高い評価を受けました。

主演にはダンスペインター/パフォーマーの石川理咲子(Ree)。
観る者を思考に導く哲学的で詩的な言葉の嵐と、リアリティーの次元から引き剥がされたような出演者の演技、大胆に景色を切り取る様な映像が、他ではまず観られない不思議な魅力を醸し出す異色作です。
私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは・・・,画像
私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは・・・,画像
特に高く評価されたのは、現代の東京をディストピア的に捉えたその映像美と、研ぎ澄まされた音響でした。
監督/撮影を務める北尾和弥の、 都市をフレームで抉り取るような画面構成や光と影の捉え方は、そこにある景色を全く別の劇空間へと変質させます。
私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは・・・,画像
私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは・・・,画像
そして全てアフレコで再構築され、 徹底的に無駄を削ぎ落としながらも雑味たっぷりな音響。
それは、静かにその空間を漂いながら、時にフレームを壊してしまいそうなほどに鋭く襲い掛かるのです。
私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは・・・,画像
私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは・・・,画像
これらは、アンドレイ・タルコフスキーやタル・ベーラ、アピチャッポン・ウィーラセタクンらを思わせるような 不思議な時空感覚、マルグリット・デュラスやストローブ=ユイレ、更にはハル・ハートリーの影響をも感じさせる浮遊するような言語感覚と相まって、映画に独自の世界観と圧倒的な強度をもたらしています。
私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは・・・,画像
そういった映画を構築する全てが、一台の一眼レフカメラと三脚、安価な数本のレンズ、たった三十数万円の予算で作られたこの映画を、ただの「異質な映画」に留まらせず、 新しく優れた「都市のダークファンタジー」と言われる様な異様な魅力を放つ映画へと昇華しているのです。
私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは・・・,画像
そんな本作ですが、長尺である事、昨今の映画の様式から遠い内容、更にはコロナ禍の影響もあり、国内の映画祭では上映の機会を得られず、日本国内の人の目に触れることは叶いませんでした。
私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは・・・,画像
「世界で評価されたその可能性を、より多くの人へと響かせなければならない。」そんな想いから我々は、自主配給での劇場公開へ向けた活動を始め、配給・宣伝資金を集めるためのクラウドファンディングを始めるに至りました。

海外映画祭からのコメント

「特別な存在感。その抑制されたドラマが我々を惹きつけ、最後まで掴んで離さない。」
-Madrid Art Film Festival-

「心に響く、イメージで綴る詩。北尾の今後に期待せずにはいられない。」
-ASTI INTERNATIONAL FILM FESTIVAL-

「黒澤明、小津安二郎のサーガを継承した新しい日本映画の傑作。撮影と照明が最高レベルで競い合う、圧倒的な映画美の方程式。」
-Logcinema Art Films

あらすじ

共に暮らしていた男が突然姿を消した。
部屋に残された無数の写真。
女は写真に写った場所を探し始める。
不安定さを増す現代の東京を写真を手に彷徨い歩きながら、女は4人の人物に出会い会話を重ねていく。
失うことへの不安、焦燥、自らが信じていたものへの疑問、、、
様々な想いを掻き立てられながら、次々と立ち現れる”問い”に内なる対話を深め、女は、自らの中にあったはずの何
かを埋め戻そうと足掻く。
なぜ、何に、足掻くのか。
彼女のたどり着く先とは、、、そしてあなたは――

キャスト

石川理咲子

監督

北尾和弥

クラウドファンディング達成後の流れ

・2022年7月~8月 宣伝材料の作成
・2022年8月~9月 メディア向け試写会を開催
・2022年9月~11月 草の根からの宣伝活動
・2022年11月~12月 都内劇場にて公開
・2023年1月~ 地方劇場での公開を目指す

2022年11月~12月 都内劇場にて公開予定

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. カンヌ開幕中!日本映画で唯一のコンペ部門出品作『ドライブ・マイ・カー』90秒予告初公開!
    家福(西島秀俊)の辿る運命から目を逸らせない― 主演に西島秀俊を迎え、村上春樹の短編を映画化した濱…
  2. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  3. 最高の愛と友情がもたらした、心揺さぶる希望の実話 2015年に「Esquire」誌に掲載され全米雑…
  4. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  5. GG_coda,画像
    ⼀歩踏み出す勇気が すべてを⼒に変えていく アカデミー賞前哨戦として名高い第79回ゴールデン・グ…
  6. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  7. 決戦は日曜日
    事なかれ主義の議員秘書と政界に無知な熱意空回り候補者が 日本を変えるため、選挙落選を目指す!? 新…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
ディーン・フジオカさん×蒔田彩珠さんPure Japanese』【スペシャルメッセージ】
ページ上部へ戻る