明治後期を忠実に再現!映画『破戒』場面写真解禁!

間宮祥太朗・石井杏奈・矢本悠馬 共演映画『破戒』場面写真解禁!

自らの出自に苦しみながらも恋に患う主人公・丑松を体現する間宮祥太朗
東映・京都撮影所チームの組織力や歴史、伝統が織り成す映像美!

1948年・木下恵介監督、1962年・市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた島崎藤村・不朽の名作「破戒」。60年の時を経て、往年の名作が再び映画化され、7月8日(金)丸の内TOEIほかにて全国公開される。

主人公・丑松を気迫溢れる様子で演じ上げたのは、近年、映画『東京リベンジャーズ』やドラマ「ファイトソング」(TBSテレビ)、「ナンバMG5」(フジテレビ)に出演するなど、多彩な活躍が目覚ましい若手俳優・間宮祥太朗。自らの出自に苦悩し、そして最後にはある告白をする難役に気迫の演技で挑み、観る者を惹きつける!

相手役・志保を演じるのは若手女優の中でも特に演技への評価が高い石井杏奈。丑松に恋心を寄せつつも、なかなか思いを告げられない控えめな女性を演じる。

悩める丑松を支える親友・銀之助役に、出演作のオファーが相次ぐ若手俳優・矢本悠馬。さらに、眞島秀和、高橋和也、竹中直人、本田博太郎、田中要次、石橋蓮司、大東駿介、小林綾子など日本映画界を代表する名優たちが顔を揃える。
破戒,画像
破戒,画像
破戒,画像
破戒,画像
脚本は『クライマーズ・ハイ』『孤高のメス』『ふしぎな岬の物語』で数々の受賞歴を誇る巨匠・加藤正人と『バトル・ロワイアルII鎮魂歌』の木田紀生が担当。監督は『発熱天使』や『みみをすます』の前田和男

かつての名作を、2022年・現代最高レベルのキャスト・スタッフで映画化した!

豪華キャストが共演する場面写真を解禁

舞台は、まだ身分制度の影が残る明治後期。出自により、職業や住む場所を制限され、他の身分の人々との交際も許されず、不当に差別される時代。

瀬川丑松(間宮祥太朗)は、自分が被差別部落出身ということを隠して、地元を離れ、ある小学校の教員として奉職する。彼は、その出自を隠し通すよう、亡くなった父(田中要次)から「誰も信じるな。誰にも心を許すな。何があっても隠し通せ」と強い戒めを受けていた。
破戒,画像
破戒,画像
彼は生徒に慕われる良い教師だったが、出自を隠していることに悩み、また、差別の現状を体験することで心を乱しつつも、下宿先の士族出身の女性・志保(石井杏奈)との恋に心を焦がしていた。
破戒,画像
友人の同僚教師・銀之助(矢本悠馬)の支えはあったが、学校では丑松の出自についての疑念も抱かれ始め、丑松の立場は危ういものになっていく。苦しみのなか丑松は、被差別部落出身の思想家・猪子蓮太郎(眞島秀和)に傾倒していく。猪子は、差別を恐れず、被差別部落出身であることを公言して、思想書の執筆や政治活動を行っていた。
破戒,画像
破戒,画像
破戒,画像
猪子宛に手紙を書いたところ、思いがけず猪子と対面する機会を得る。丑松は、猪子にならば自らの出生を打ち明けたいと思うのだが、結局猪子にすら、自分の出自を告白することができなかった。そんな中、猪子の演説会が開かれる。丑松は、「人間はみな等しく尊厳をもつものだ」という猪子の言葉に強い感動を覚えるが、猪子は演説後、政敵の放った暴漢に襲われる。
破戒,画像
破戒,画像
この事件がきっかけとなり、丑松はある決意を胸に、教え子たちが待つ最後の教壇へ立とうとする。
破戒,画像
破戒,画像

『破戒』予告編映像

あらすじ

この戒めを破り、明日を生きる ――
瀬川丑松(間宮祥太朗)は、自分が被差別部落出身ということを隠して、地元を離れ、ある小学校の教員として奉職する。彼は、その出自を隠し通すよう、亡くなった父からの強い戒めを受けていた。
彼は生徒に慕われる良い教師だったが、出自を隠していることに悩み、また、差別の現状を体験することで心を乱しつつも、下宿先の士族出身の女性・志保(石井杏奈)との恋に心を焦がしていた。
友人の同僚教師・銀之助(矢本悠馬)の支えはあったが、学校では丑松の出自についての疑念も抱かれ始め、丑松の立場は危ういものになっていく。
苦しみのなか丑松は、被差別部落出身の思想家・猪子蓮太郎(眞島秀和)に傾倒していく。
猪子宛に手紙を書いたところ、思いがけず猪子と対面する機会を得るが、丑松は猪子にすら、自分の出自を告白することができなかった。そんな中、猪子の演説会が開かれる。
丑松は、「人間はみな等しく尊厳をもつものだ」という猪子の言葉に強い感動を覚えるが、猪子は演説後、政敵の放った暴漢に襲われる。
この事件がきっかけとなり、丑松はある決意を胸に、教え子たちが待つ最後の教壇へ立とうとする。

キャスト

間宮祥太朗 石井杏奈 矢本悠馬 高橋和也 小林綾子 七瀬 公 ウーイェイよしたか(スマイル) 大東駿介
竹中直人 / 本田博太郎 / 田中要次  石橋蓮司  眞島秀和

監督

前田和男

原作

島崎藤村『破戒』

脚本

加藤正人/木田紀生

音楽

かみむら周平

企画・製作 全国水平社創立100周年記念映画製作委員会
制作 東映株式会社
制作協力・配給/宣伝 東映ビデオ株式会社
制作プロダクション 東映株式会社京都撮影所

公式HP:http://hakai-movie.com/
©全国水平社創立100周年記念映画製作委員会

7月8日(金)
丸の内TOEIほか全国公開

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 75歳以上が自らの生死を選択できる<プラン75>。 この架空の制度を媒介に、「生きる」という究極のテ…
  2. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  3. GG_coda,画像
    ⼀歩踏み出す勇気が すべてを⼒に変えていく アカデミー賞前哨戦として名高い第79回ゴールデン・グ…
  4. 誰も見たことのない、エリザベス女王の姿がここにある。 2022年に95歳を迎え、在位70周年と…
  5. カズオ・イシグロ絶賛の小説を映画化。第1次世界大戦後のイギリスを舞台に、名家の子息と孤独なメイドの秘…
  6. トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編が誕生!…
  7. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
ディーン・フジオカさん×蒔田彩珠さんPure Japanese』【スペシャルメッセージ】
ページ上部へ戻る