稲垣吾郎主演映画『窓辺にて』公開決定!妻について悩み抱えるフリーライター役

稲垣吾郎主演映画『窓辺にて』公開決定!妻について悩み抱えるフリーライター役

稲垣吾郎(主演)×今泉力哉(監督)
完全オリジナル脚本で珠玉のラブストーリー

半世界』『クソ野郎と美しき世界』など次々と斬新な役柄に挑んできた稲垣吾郎を主演に迎え、『愛がなんだ』『街の上で』などの今泉力哉監督による完全オリジナル作品『窓辺にて』が、本年11月より全国公開が決定しました。撮影は、昨年7月に都内近郊にて行われました。

『愛がなんだ』『街の上で』『猫は逃げた』など次々と話題作を連発する稀代の映画監督・今泉力哉。今泉監督と言えば、一筋縄ではいかない繊細な恋人たちの心の機微を描き、その恋愛観が熱烈に支持されてきた。特に彼が描くオリジナルラブストーリーには定評があり、あらゆる映画ファンが心待ちにしている。

今泉監督にとって17作目となる完全オリジナル作品『窓辺にて』は、今泉ワールドの特徴でもある<等身大の恋愛模様>に加え、これまで以上に<好きという感情そのもの>について深く掘り下げて描き切った、美しい大人のラブストーリーとなった。

その今泉監督作に初参加するのが、数々の映画やドラマなどで唯一無二の存在感を放ち観客を魅了し続ける稲垣吾郎だ。稲垣は、妻について「ある悩み」を持つフリーライター市川茂巳を演じる。稲垣による、繊細な演技とただそこに佇んでいるだけで華やかな存在感によって、今まで今泉が描いてこなかった美しくも儚げな大人のラブストーリーが実現した。

実際、台本を読んだ俳優やスタッフたちからはフランス映画のような珠玉のラブストーリーだと絶賛された本作は、2021年カンヌ国際映画祭で絶賛された『ドライブ・マイ・カー』のスタッフを迎え撮影され、二人にとって新たな境地へと期待が膨らむ作品となった。

稲垣吾郎プロフィール&コメント

<市川茂巳役 稲垣吾郎コメント>
今泉監督作品のファンでしたので、今回ご一緒させていただきとても嬉しかったです。

僕自身、主人公の茂巳というキャラクターに共感するところもあり、撮影期間は監督と言葉よりも心で通じ合っているような感覚でいました。

目に映らないものや漂う空気感をとても大切にされている今泉監督。

早く皆さんに観て頂きたい美しい作品になったと思います。

<プロフィール>
1973年12月8日生まれ、東京都出身。91年CDデビュー。2017年「新しい地図」をスタート。2010年に映画『十三人の刺客』での演技で第23回日刊スポーツ映画大賞・助演男優賞、第65回毎日映画コンクール男優助演賞。2019年主演映画『半世界』にて第31回東京国際映画祭で観客賞、第34回高崎映画祭で最優秀主演男優賞を受賞。2018年4月に公開された映画『クソ野郎と美しき世界』が2週間上映ながら28万人を超える動員を記録。近年では、『海辺の映画館―キネマの玉手箱』(20)、『ばるぼら』(20)に出演、ドラマでは「きれいのくに」(21/NHK総合)、「風よ あらしよ」(22/NHK BS4K・BSプレミアム)、舞台では「君の輝く夜に~FREE TIME,SHOW TIME~」(18/19)、「No.9─不滅の旋律─」(15/18/21)、「サンソン─ルイ16世の首を刎ねた男─」(21)、「恋のすべて」(22)などに出演。レギュラー番組では、「7.2新しい別の窓」(ABEMATV)、「ワルイコあつまれ」(NHK)などがある

今泉力哉監督プロフィール&コメント

<コメント>
稲垣さんと映画をつくりませんか、というお話をいただき、長年温めていた「万人からは理解されないかもしれないとある感情」についての映画をつくろうと思い、脚本を書き進めました。きっと稲垣さんならこの主人公の中に渦巻く複雑な心を体現してくれるのではないかと思ったからです。できあがった映画を今、目の前にして、ああ、この映画の主人公が稲垣さんで本当によかったなと思っています。

美しくて、寂しくて、温かくて。2018年の東京国際映画祭で『半世界』と『愛がなんだ』が同じコンペティション部門にノミネートされた出会いから、さまざまな人々との巡り合いを通して、この映画が生まれたことをとても嬉しく思っています。

『窓辺にて』楽しんでいただければ幸いです。

<プロフィール>
監督・脚本 今泉力哉
1981年生まれ、福島県出身。2010年『たまの映画』で商業監督デビュー。近年の主な監督作品に『愛がなんだ』(19)、『アイネクライネナハトムジーク』(19)、『mellow』(20)、『his』(20)など。2021年には『あの頃。』『街の上で』『かそけきサンカヨウ』と3作品を立て続けに公開。また、キングオブコント2021のオープニング映像、ドラマ「有村架純の撮休」や「時効警察はじめました」の演出を手がけるなど、映画以外にも活動の場を広げている。最新作『猫は逃げた』(22)が公開中。

あらすじ

フリーライターの市川茂巳(稲垣吾郎)は、編集者である妻・紗衣が担当している売れっ子小説家と浮気しているのを知っている。しかし、それを妻には言えずにいた。また、浮気を知った時に自分の中に芽生えたある感情についても悩んでいた。ある日、とある文学賞の授賞式で出会った女子高生作家・久保留亜の受賞作「ラ・フランス」の内容に惹かれた市川は、久保にその小説にはモデルがいるのかと尋ねる。いるのであれば会わせてほしい、と‥・。

キャスト

稲垣吾郎

監督・脚本

今泉力哉

配給:東京テアトル
©2022「窓辺にて」製作委員会

2022年11月全国ロードショー

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ミッドナイトスワン,草彅剛
    キノフィルムズ 10 周年&キノシネマ 3 周年記念 フェスティバル上映4作品決定! 映画『ミッ…
  2. 運命に翻弄されながら再会を願い続けた夫婦二人の11年にも及ぶ愛の実話。 二宮和也が主演を務め、シベ…
  3. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  4. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  5. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  6. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  7. 世界の映画祭で絶賛された真実の物語 それでも、生きていく。 生存者証言を参考に、北朝鮮強制収容所…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る