BiSH6人揃って登壇!映画『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK'N'ROLL』公開記念舞台挨拶

メンバーの知られざる一面が明らかに?!

BiSHとは、2015年3月に結成した“楽器を持たないパンクバンド”で、アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dの計6名 からなるアーティストグループ。

昨年は紅白歌合戦にも出場し、国内外で人気を集める彼女たちが2021年12月に、2023年をもっての「解散」を発表しました。世間を驚かせるユニークで時に過激な彼女たちのパフォーマンス、また唯一無二の楽曲群と圧巻のライブショーは日々ファンを増やし続け、今や全国ツアーや数々の音楽フェスやイベント、メディアへの出演で連日連夜、我々を魅了し続けています。

この度、そんな彼女たちが挑んだ初の主演オムニバス映画が完成!ドラマ作品からアート作品まで、六人六色で魅せるBiSHの新しい一面を詰め込んだ異色作品が誕生しました。

公開初日となる6月10日(金)に、公開記念舞台挨拶を実施!BiSH6人が揃って登壇し、いよいよ全国公開を迎える喜びやそれぞれの作品の見どころを存分に語り、大いに盛り上がりました。

ここでしか聞けないBiSHのお宝エピソード満載の公開記念舞台挨拶!

6人が揃って登壇し、上映前舞台挨拶という事で、ご挨拶とともについに公開を迎えた喜びの気持ちを語っていただきました。

アイナ・ジ・エンド(以下、アイナ)「私たちは、この日をとても待ち望んでいました。2020年ころに撮影したものだったりするので、コロナ禍などを経て公開できるという事が幸せでたまらないです。」
BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK'N'ROLL,画像
ハシヤスメ・アツコ(以下、ハシヤスメ)「BiSH6人が主演をやらせていただき、6作品とも感情の喜怒哀楽があり、すごくいろんな感情になっていただけると思います。全身全霊捧げて映画に挑みましたので、ぜひ楽しんでください」
BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK'N'ROLL,画像
アユニ・D(以下、アユニ)「本当に6人6色、顔の違う6つの物語なので、観終わった後息切れしてしまうかもしれませんが、今日は楽しんでってください!」
BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK'N'ROLL,画像
リンリン「この作品は3年ほど前から計画が進んでいて、撮ったのもだいぶ前ではあるのですが今日やっと皆さんの前にお見せすることが出来てすごく嬉しいです。」
BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK'N'ROLL,画像
モモコグミカンパニー(以下、モモコ)「結構前からこの企画は進んでいて、“撮ったけど、やっぱり公開しません”みたいなことも、もしかしたらあるんじゃないかと、自分の作品についてはカオスすぎて思ってたんですけど(笑)やっと公開されたので、皆さん是非今日の舞台挨拶も含め楽しんでいただけたらと思います。」
BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK'N'ROLL,画像
セントチヒロ・チッチ(以下、チッチ)「このオムニバス映画を作るにあたって、初めてみんなでお芝居というものに向き合って、それぞれがそれぞれの監督とタッグを組んで本当に飛び込む気持ちで挑んだ大切な時間でした。私も観ていろんな気持ちになり、笑いあり涙あり…本当に“PAiPAi CHiNCHiN ROCK’N’ROLL!!”という気持ちになりました!(笑)このBiSH6人の個性があったからこそできた作品だと思いますので、心して観てください!」
BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK'N'ROLL,画像
それぞれの組み合わせを聞かれると「監督によるくじびきだった」と明かし、それぞれの作品についてクロストークで盛り上がりました。

アイナは役柄と重なる部分を聞かれ、「自分自身ダンスがずっと好きで、BiSHでも振付をやらせてもらい、本当に生活の一部と言っても過言じゃない」と告白し、

ハシヤスメは、ループしているというお話に因みずっと続けられることを聞かれると、「こうやって喋る事は大好きなのでいっぱい喋りたいですし、BiSHではコントを担当していて、コントはやり続けられるな。でも付き合ってくれる人がいないとできないな…」と、メンバーにラブコールを送ると、アユニに完全遮断される場面も…?!

そんなアユニは役作りについて聞かれると、「本来の私が練りこまれているというか、役作りというよりかは、自分自身を見つめなおすような感じでした。実際でも妹ですし、生意気なんでダメですね(笑)」と笑いを誘っていました。

リンリンは、本作でコンテンポラリーダンスに挑戦しており「付いていただいたseishiro先生に、コンテンポラリーダンスには正解がない、という事を何回も言っていただき心が軽くなりました。」と感想を述べ、タイトル『VOMiT』(=吐き出す)に因んでストレス発散方法を聞かれると、「お家で枕にうずくまってすごく大きな声を出します。1か月に1回くらい…」と明かしていました。

モモコは「渡辺さんが監督に決まったことで覚悟はしていたんですが、とにかくタイトルにもあるようにカオスで。この作品にはWACK事務所のメンバーがたくさん出ていて、そこも見どころの一つです。本当に個性のある子たちばっかりで、元EMPiREのメンバーは、オシャレでクラスの一軍って感じがして怖かったです(笑)」と笑いを誘っていました。

チッチは役への向き合い方を聞かれ、「行定監督が脚本を送ってくれた時に、行定監督が私に“こういう一歩を踏み出しなさい”という気持ちを込めて書いてくれたのかなって思って、私もここで覚悟を決めた物語でした。人間の醜い部分と美しい部分を、モノクロの世界で描いているので、それぞれ皆さんがいろんな気持ちが湧き出てくるような物語だと思うので、まっすぐに受け取ってもらえたら」と語りました。

最後に本作品のオープニングを飾る『リノベーション』主演のアイナより、「私たちは、この日をすごく楽しみにしていました。ここにきてくれたり、映画を楽しみにしてくれている人がきっといると思います。本当にゆっくり楽しんでもらえたら嬉しいです。最後までトイレに行かずに!よろしくお願いします(笑)」という独特なお願いを語り、終始なごやかな舞台挨拶は幕を閉じました。

『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK’N’ROLL』6作品ラインナップ

#1『リノベーション』 〈主演〉アイナ・ジ・エンド×田辺秀伸監督
心に悩みを抱えるダンサーの女性が、不動産屋に連れられた内見先で不思議な出来事を経験していく。
踊りと映像で魅せる、一人の女性が自身のルーツを探る物語。

#2『レコンキスタ』 〈主演〉ハシヤスメ・アツコ×大喜多正毅監督
鬱屈した日々を送るOLが、ある日社内のエレベーターで奇妙な時空のループにはまる。
エレベーターの停止先に見つけたものとは。過去の自分をぶち抜く爽快ムービー。

#3『オルガン』 〈主演〉アユニ・D×エリザベス宮地監督
「山に行ってくる」と言って、遠くへ去っていった兄の竜一。山小屋に向かったあーこは、竜一が撮った一枚の写真と自分宛の手紙を見つける―。

#4『VOMiT』 〈主演〉リンリン×山田健人監督
どこでもない夜道を千鳥足で歩く一人の女性。彼女の不思議な旅路の終着地は―。人間の感情を圧倒的な映像美と音楽で魅せる異色のトリップムービー。

#5『PEACH CHAOS PEACH』 〈主演〉モモコグミカンパニー×渡辺淳之介監督
普通の高校生桃子がある朝目覚めると。。。これ以上はネタバレするとなんも面白くなくなってしまうような青春ドタバタコメディ。

#6『どこから来て、どこへ帰るの』 〈主演〉セントチヒロ・チッチ×行定勲監督
チヨはアキオのことを2番目に好きだといつも言った―。許されない関係にある男女の濃厚な文学的恋愛物語。

『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK’N’ROLL』本予告編映像

主題歌

I have no idea.(BiSH/avex trax)

映倫:PG-12

配給:松竹 映画営業部ODS事業室 / イノベーション推進部新領域コンテンツ室
公式HP:bish-movie.com
©WACK INC.

全国公開中

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 75歳以上が自らの生死を選択できる<プラン75>。 この架空の制度を媒介に、「生きる」という究極のテ…
  2. 誰も見たことのない、エリザベス女王の姿がここにある。 2022年に95歳を迎え、在位70周年と…
  3. カズオ・イシグロ絶賛の小説を映画化。第1次世界大戦後のイギリスを舞台に、名家の子息と孤独なメイドの秘…
  4. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  5. トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編が誕生!…
  6. “映画”を愛するすべての人へ 巨匠チャン・イーモウが贈るラブレター 1秒でもいい、娘の姿をこの…
  7. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
ディーン・フジオカさん×蒔田彩珠さんPure Japanese』【スペシャルメッセージ】
ページ上部へ戻る