「ドラゴンボールは、絶対に裏切りません」『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』超豪華声優陣が初日集結

「ドラゴンボールは、絶対に裏切りません」『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』超豪華声優陣が初日集結

野沢雅子 古川登志夫 入野自由 神谷浩史 宮野真守
超豪華声優陣が初日に集結!

全世界待望のドラゴンボールシリーズ最新作「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」。公開を記念して、超豪華声優陣が登壇する初日舞台挨拶を実施!

レギュラー声優の野沢雅子古川登志夫に加え、新キャラクター・Dr.ヘド役の入野自由、人造人間ガンマ1号役の神谷浩史、ガンマ2号役の宮野真守、そして、メガホンをとった児玉徹郎監督らが登壇した!

野沢「ドラゴンボールは、絶対に裏切りません‼」

野沢は「オッス!オラ悟空!、よろしくお願いいたします。悟飯です」、古川は「待たせたな、魔貫光殺砲!」とそれぞれが演じたキャラクターの決め台詞で会場を沸かせ登場。

公開を迎えた気持ちを聞かれた野沢は、「今回は悟飯くんが主で動くので、とてもあたたかい良い作品になっています」

古川は、「感謝の言葉しかありません、感無量です。一言で言うとピッコロ可愛かったですね」

入野は、「夢のような気分です、僕自身ドラゴンボールがずっと大好きで出たいと思っていたので、ものすごく興奮しています。こんな素晴らしいタイミングで素敵な作品で出られたことが幸せで堪らないです」

神谷は、「初日を迎えられて舞台挨拶に立てて、大好き野沢さんの隣に立てて本当に声優を続けていて良かったです。作品に関しては、監督最高でした!」

宮野は、「僕も大ファンなんです。今日もちびっこがたくさん見に来てくれていますが、僕も目をキラキラさせながらドラゴンボールを見ていました。声優になるとは思っていなかったですが、彼らが声優になるかもしれない、そんなレジェンド級の作品に出られて幸せです。作品は、懐かしい映像やファンがワクワクするような展開が詰まっております」

監督は、「パイロットを含めると4年ぐらいかかっておりまして、よく終わると早かったねといいますが、しっかりと長かったです笑」とそれぞれが熱い想いを挨拶した。

MCから、本作で悟飯とピッコロがメインとなるとはじめて聞いた時の気持ちを野沢は、「びっくりしました悟飯が主で、大好きなピッコロさんも一緒で、嬉しかったです」

古川は、「マネージャーから聞いた時は、自分が舞空術で飛んでいる気分でした。奥さんに赤飯炊こうと言ったら、ピッコロは悟飯たべないので、水でどうぞって言われました、冗談ですよ笑」とコメントし、会場の笑いを誘った。

そして古川と一緒にアフレコできたことに対して野沢は、「一緒だと、即身体で受けとめて、身体で返せるのが良かったです」

古川は「お芝居に関しては、打ち合わせなどなしで収録できました。オフの時間になるとやれてよかったね、という話をずっとしていました」と嬉しそうにコメント。
ドラゴンボール超 スーパーヒーロー,画像
続いて役が決まった時の気持ちを入野は、「ドクター・ゲロの孫という設定からして、やった!という気持ちで嬉しかったですし、フォルムも含めて愛すべきキャラクターでワクワクしかなかったです。オーディションで決まった時は、嬉しさも限界突破しました」

神谷は、「新規ナンバリングで人造人間の1号をやれるって、良いんですか!?そこからですよね!」

宮野は、「鳥山明先生渾身の一作とありますが、鳥山先生が本当に脚本を書いてくださっているのがわかる。ピッコロの一言のギャグが面白くて、映画が始まってから、ずっと笑っていました。カーマインが、リーゼントが崩れないように、車の天井が膨らんでいたり、そういう細かい芸がずっと散りばめられていて、素晴らしかったです」と答え、古川さんとアフレコが一緒だったことについても「“本物だ、本物だ”とずっと心の中で言っていました。一緒に演じると本物にしてもらえました」と感動していた。

それに対し古川は、「宮野さんは、なんて多彩な演技力を持った人なんだろうと思いました。喋りながらなく笑うなど、難しいことがお手の物で、神谷さんも宮野さんもですが、人気実力のある3人とご一緒できて嬉しかったです」と思いを吐露した。
ドラゴンボール超 スーパーヒーロー,画像
さらに、神谷と一緒にアフレコをした野沢は、「最高です、とってもやりやすいです!美容室も一緒なんですよ笑、そのくらいの仲なので、考えないで戦えるんですよ」と美容室のエピソードを織り交ぜるまさかのエピソードで会場を沸かせた。

それに対し神谷は、「すごく楽しかったです、野沢さんが大好きなので、特別でした。皆さんも富士山が見えたら得した気持ちになりません?それと同じ幸せな気持ちなんです。今までは美容室ですれ違っていたけど、一緒にスタジオで戦えるっていうのは良かったです笑。また、野沢さんでさえ、本番に対して試行錯誤している姿を目の当たりにすると頑張ろうと思えて、とても特別なアフレコになりました」と満足そうな様子だった。

また、普段敵役のキャストとはあまり口を聞かないという野沢は、「口を聞いてしまうと情が移ってしまうので、芝居に関係してくると思うんですよ、でも今回の神谷さんは大丈夫でした、美容室が一緒でしたから笑」と答え、再び会場は笑いに包まれた。

レッドリボン軍のDr.ヘド、マゼンタ、カーマインが冒頭のシーンを飾ったことについて入野は、「ものすごく大事なシーンかつ新キャラで大変でしたけど、見せ方がすごく面白かったので、真面目な会話の中でクスっと笑いながら、説明の内容が入ってくる、見終わった後にこのシーンめちゃくちゃ面白いじゃんと思いました」と話すと、

宮野は、「Dr.ヘドが説明している後ろでガンマ2号がとても動いているんです。そこへ監督にアドリブ入れてくださいって言われまして、さすがに全部は使われないと思っていましたが、本編を見たら全部使われていました笑」と続けると監督は、「今回のテーマは真剣にボケることなので、そういう意味ではたくさんのアドリブをありがとうございました」と感謝を述べた。

次に本作のスーパーなポイントを聞かれた野沢は、「始まって東映というマークが出てから、最後までスーパーです!」

古川は、「とにかくシナリオ、映像全てスーパーな見どころばかりですが、やはり庭付き一戸建てのピッコロの豪邸、不動産物件として見どころだと思います笑」

入野「とにかくシナリオが良いというところがスーパーです。大きなスクリーンで見てほしいです」

神谷は 「過去の回想シーンを今の映像技術で見られるって行くのは、特別だなと思いました」

宮野は、「本作のルックは懐かしさもありつつ新しいというのと、ちゃんとガンマ2号の見せ場があります。そこは注目してほしいなと思います」、

監督は、「今回キャラクターや背景が3Dなど最新技術を駆使していて、まったく新しい表現となっています。ここにきて一つの節目としてお見せできたのではないかと思います。後、こだわりのポイントの美術背景として、カメハウスが出ています。しっかりと写っているのが喜びです、探してほしいです」とそれぞれが見どころを語り、

さらに宮野は、「特に激しい戦闘のシーンはより細かく動いているから、声入れるのが大変ではあったのですが、はやく動いてくれると迫力ありますし、やりがいがありました」

入野は、「特に好きなのは雨のシーンで、その動き1つ1つが凄まじいです。さらに予告にもある傘が飛んでいくところのカメラワークも好きで、ずっと見どころしかないです」と最新の映像技術ならではのポイントを語っていた。

最後に古川は、「アニメーションに代表される日本のポップカルチャーコンテンツは、世界中で高い評価得ていますが、中でもドラゴンボールというコンテンツは、その最高峰じゃないかなと思います。とにかく褒めどころいっぱいすぎて、世界中の人たちに、皆さんと一緒に喧伝(けんでん)していきたいなと思います」

野沢は、「ドラゴンボールというのは、絶対に裏切りません!見ていただいて、楽しんでいただけると思いますので、今日見終わったら、皆さん1人が5人に連絡してください。よろしくお願いいたします」とコメントし、最後に全員で「魔貫光殺砲――――!!!!」とポーズを決め、イベントは大盛況のまま幕を閉じた。

『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』予告30秒PART2映像

原作・脚本・キャラクターデザイン

鳥山明

声の出演

野沢雅子 古川登志夫 久川綾 堀川りょう 田中真弓 草尾毅 皆口裕子 入野自由 神谷浩史 宮野真守 ボルケーノ太田 竹内良太

監督

児玉徹郎

作画監督︓久保田誓
音楽︓佐藤直紀
美術監督︓須江信人
色彩設計︓永井留美子
CG ディレクター︓鄭載薫

DRAGON BALL オフィシャルサイト:dragon-ball-official.com
映画オフィシャル HP:2022dbs.com
©バード・スタジオ/集英社 ©「2022 ドラゴンボール超」製作委員会

超〈スーパー〉ヒット公開中!!

 友だち追加

1
コメント

avatar
1 コメント数
0 スレッド数
0 フォロワー数
 
最も反応が多いコメント
最も勢いのあるコメント
1 コメント者数
クリスタル 最近のコメント
新しい順 古い順
クリスタル
クリスタル

昔孫悟空が壊滅させたレットリボン軍がひそかに息をひそめてまた暴れだそうとしている。今度は、子供を狙っている。レットリボン軍の計画を阻止できるのか。

こりずに人造人間を作っているなんて驚いた。あの時注意して孫悟空が調べていればよかったと思った。

あの時をハロームービーのお兄さんが説明してくれるから安心だ。レットリボン軍の人造人間たちが作戦を練る時におかしを食べながら計画を練るところが人間の会議みたいでおもしろかった。クリームクッキーとかチョコレート。人間が食べているものみたいで私も食べたかった。次々にお菓子が出てくる、これも発明なのだろうか。

私にもそういう機会を作ってほしい。ロボットのくせにおかしなんか食べて壊れないのかなと感じた。

レットリボン軍がパンちゃんをさらってサイヤ人をここによびだして皆殺しにしろという会議をしていた。それをピッコロが聴いていて、レットリボン軍にスパイで入るのだが、よくばれないなと思った。レットリボン軍が油断していたのかな。こりゃ幸いだと思った。

レットリボン軍がピッコロにパンちゃんをさらってこいといわれヘリコプターで行くのだけれどさらった帰りにピッコロがヘリコプターを操縦してヘリコプターがフラフラしながらあっちこっちにぶつかりながら基地へと到着する。ばれないのが不思議だ。

パンちゃんは、ひっしに抵抗する。子供なのにいろいろ知っている、
パンちゃんは、強い。いったいだれが鍛えたのかなと思った。カプセルコーポレーションのお姉さんがドラゴンボールでシェンロンに美容のことをお願いしているところがもったいないなと思った。

レットリボン軍の仲間にピッコロさん顔色が悪いぞといわれてギクッとしたと思う。
緑色だ。ナメック成人だとばれなくてよかったと思った。

パンちゃんの「怖いよー助けてよー」という言葉が演技だとレットリボン軍にばれなくてよかったと感じた。

パンちゃんが手錠を簡単に外せるのには、さすがサイヤ人の子供だなと感じた。

ゴハンがピッコロからセンヅをもらう時にうけとれずにおっことしちゃうところでゴハンって目が悪かったのかなと感じた。センヅとは、カリン様からもらう万能薬のこと。そんな万能薬がほしいと感じた。もらったらだまって食べるだろう。

次々と出てくるレットリボン軍の人造人間、名前が汚いなと思った。
花の名前にすればきれいだと思う。

音楽も力強い音楽がたくさんあった。演奏している人たちに感謝したい。
レットリボン軍の乗る車が豪華で私も乗ってみたい。あんな車があるなんて羨ましいなと感じた。もちろん自動運転なのだろうな、私も運転できそうだ。

何回見てもおもしろい映画だと思う。
凄まじい攻撃の時にもハロームービーが衰えることがないのがすごいなと感じた。いったいどうやって場面にあわせて声を出しているのかと感じた。

少し前にテレビでやっていた早口言葉選手権で優勝できそうだ。これからもがんばってほしいと思った。

注目映画

  1. きっと、誰かに伝えたい。劇場だからこそ味わえる“観るアウトドア”がここにある。 あfろの人気コ…
  2. たのしいこともさびしいこともーあみ子が教えてくれるのは、私たちが“かつて見ていたはずの世界” 芥川…
  3. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  4. 映画沈黙のパレード,画像
    「ガリレオ」シリーズ最高傑作、誕生!! 福山雅治演じる、変人だけど天才的頭脳を持つ物理学者・湯川学…
  5. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  6. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  7. トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編が誕生!…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
映画『グリーンバレット』【初日舞台挨拶】
ページ上部へ戻る