第2回日本ホラー映画大賞開催決定!新時代を恐怖で満たす狂逸な才能求む

「第2回 日本ホラー映画大賞」開催決定!新時代を恐怖で満たす狂逸な才能求む

第2回開催決定︕
2023年商業映画デビュー確約︕

株式会社 KADOKAWA は、フィルムコンペティション『⽇本ホラー映画⼤賞』を開催、令和の新しいホラー映像作家の発掘・⽀援を目指しております。昨年第 1 回を⾏い、“ホラー”ジャンルに絞った⼀般公募のフィルムコンペティションが⽇本初の取り組みとして、⼤きな注目を集めました。

そしてこの度、第 2 回「⽇本ホラー映画⼤賞」の開催が決定いたしました。本映画⼤賞は、ホラージャンルの先駆者企業・KADOKAWA と運営委員会パートナーが新たな時代のホラー作家の発掘・⽀援を目的として実施、⼤賞受賞者には応募作品のリメイク版、または完全オリジナル新作映画の監督を担っていただき、作品は来年 2023 年以降の劇場公開を目指します。

また、アニメ部門賞も設置し、ホラー・アニメーションの先駆的才能を⾒出し、⽀援して参ります。審査員特別賞、運営委員会各賞受賞者にはそれぞれ賞⾦が用意され、⼤賞、各賞に選考された作品は劇場公開や配信展開を予定しております。

KADOKAWA には角川ホラー文庫と連動し、数々のホラー映画をヒットさせてきた歴史があり、中でも『リング』(98/中田秀夫監督)は後の J ホラー・ムーブメントの火付け役として、⼀⼤ブームを巻き起こしました。そして今、まだ誰も⾒たことのない未知の“恐怖”を創出し、⽇本にとどまらず世界市場で活躍するような才能を発⾒するべく、本年も「⽇本ホラー映画⼤賞」を開催します。

選考委員は各界ホラーマスター集結︕

今回の選考委員は前回に引き続き、選考委員⻑・清⽔崇監督、選考委員に⼥優・堀未央奈さん、映像クリエイター・監督・声優・FROGMAN さん、Base Ball Bear・⼩出祐介さん、映画ジャーナリスト・宇野維正さんという各界のホラーマスターが集結します。
⽇本ホラー映画⼤賞,画像
そして今回、新たな選考委員として、コメディアン・ゆりやんレトリィバァさんの参加が決定いたしました。これにより⼀層多様な観点からの作品選考が期待され、新しい才能発掘の場をさらに充実させるべく取り組んで参ります。

なお、第⼀回の⼤賞受賞者・下津優太さんは、現在 KADOKAWA 主導のもと商業映画デビューとなる⻑編ホラー作品を、来年の劇場公開を目指し鋭意制作中です。第⼀回の応募総数は、初めての開催にも拘らず 100 本を超え、最終選考に残った作品はどれも⼒作で、昨年の授賞式の際には選考委員各氏から作品への賛辞、賞への思いが語られました。

抜粋コメント
清水監督
「怖い空気が捉えられている作品ってなかなかないのですが、この作品にはゾッとさせられました(授賞作『父さん』に対して)」

堀未央奈さん
「⽇本のホラーではあまりないようなグロテスクな描写や、人間の⼼理を突いたモノもあり(⾒終わった後の)充実感がすごかったです」

FROGMAN さん
「スマホが普及して、映像をつくることが⽇常になりつつも、ホラーの演出ってめちゃめちゃ難しいですよね。みなさんレベルの高いことをされているなと思いました」

小出祐介さん
「楽しんで全作品観ましたし、(作品クオリティーが高かったので)審査の会合で皆さんと意⾒を交わすのがめちゃくちゃ楽しかった」

宇野維正さん
「⽇本がグローバルと戦えるのは“アニメ”と“ホラー”と言ってもいいと思いますし、そのタイミングでこの賞が⽴ち上がるのには意義があると思います」

「第 2 回 ⽇本ホラー映画⼤賞」開催概要

応募期間︓
2022 年 10 月 3 ⽇(月)10:00 〜 2022 年 11 月 30 ⽇(水)23:59

応募資格︓
プロ・アマチュアを問わず、年齢、性別、国籍などの制限なく、どなたでもご応募いただけます

対象作品︓
① 実写映像作品 3 分〜90 分程度の未発表・完全オリジナル新作
② アニメーション映像作品 10 秒〜30 分程度の未発表・完全オリジナル新作

応募方法等︓詳しくは下記公式サイトをご覧ください
公式サイト︓http://movies.kadokawa.co.jp/japan-horror-fc/

受賞部門︓令和の新しいホラー映像作家の発掘・育成を目指し、以下の賞を設けます
[⼤賞]
賞⾦ 20 万円
副賞 運営委員会製作による新作⻑編映画(応募作品のリメイク版または完全オリジナル作品)の監督をご担当いただきます

[アニメ部門賞]
ホラー・アニメーション分野への斬新なアプローチを観点に選考します
賞⾦ 20 万円

[審査員特別賞]
将来性を感じさせる作品に贈られます
賞⾦ 15 万円

[ホラーちゃんねる賞]
記憶に刻まれるような恐怖や狂気の演技を⾒せてくれた出演俳優に送られる優秀俳優賞
賞⾦ 5 万円

[ニューホープ賞]
“オトナ”になる前の荒削りで、尖った、最新の感性とセンスを持つ原石に対して贈られます
賞⾦ 10 万円

[株式会社闇賞]
前例のないアプローチに果敢に挑み、新しいホラー体験を与える作品に贈られます
賞⾦ 10 万円

[オカルト部賞]
「配信動画で⾒たい︕︕短編作品」に贈られます
選考・配信は、⼼霊スポット探索・怪談を体当たりで取材する YouTube チャンネル『オカルト部』
賞⾦ 10 万円

[MOVIE WALKER PRESS 賞]
映画情報プラットフォームならではの視点で、観る者が怖さを「楽しめる」、映画ファンに広く愛される作品を選出いたします
賞⾦ 10 万円

[⾖⿂雷賞]
優れたキャラクターが登場する作品に贈られます
人物・怪物などのほか、造形物・アイテムなど、特徴を持ったイメージを含みます
賞⾦ 10 万円

運営委員会
【主催】株式会社 KADOKAWA/ホラーちゃんねる
【協⼒】株式会社ディー・エル・イー/株式会社闇/オカルト部/MOVIE WALKER PRESS/⾖⿂雷
【公式 Twitter】 https://twitter.com/jp̲horror̲fc
【公式サイト】http://movies.kadokawa.co.jp/japan-horror-fc/

チェアマン ご挨拶

株式会社 KADOKAWA エグゼクティブ・フェロー 井上伸⼀郎
この度「⽇本ホラー映画⼤賞」チェアマンに就任いたしました(株)KADOKAWA エグゼクティブ・フェローの井上伸⼀郎です。

KADOKAWA はジャパニーズ・ホラーというジャンルに風穴を開け、新たな映像作家を発掘・⽀援する目的で「⽇本ホラー映画⼤賞」を設⽴。2021 年に第1回が開催されました。突然のコンペティションの募集にも関わらず、国内外から実写アニメ合わせて104 作品もの応募がありました。⼤賞を射止めた「みなに幸あれ」の下津優太さんをはじめ、多くの新しい才能と出会うことが出来ました。

「⼤賞は商業映画デビュー︕」という看板に偽りはありません。「みなに幸あれ」は下津監督自らがメガホンを取り、商業映画としてスケールアップさせ、現在鋭意制作中。2023 年内の公開を目指しています。 そしていよいよ第2回の応募がスタートします。

まだ誰も⾒たことのない表現、思いもつかなかった着想、実験的・刺激的なチャレンジ。ホラーというジャンルの地平線には、まだまだ開拓されていない可能性があるはずです。
「第2回⽇本ホラー映画⼤賞」をきっかけに、世界にはばたく新星が生まれることを楽しみにしています。

選考委員コメント

選考委員⻑/清⽔崇(映画監督)
ホラー映画は“蔑視”や“偏⾒”あってこそ、だと僕は思っている。
市⺠権を得過ぎて、皆に両手を広げて迎えられるホラーなど、きっと面白く(怖く)ないだろう。元来、恐怖は本能的な防御⼼から発生している感覚だが、「怖そうだけど、こっそり覗いてみたい……」この“こっそり覗く”怖いもの⾒たさの衝動こそ真骨頂で、安全圏内で恐怖を娯楽たらしむ事が出来る人間ならではの贅沢な特権ではないか……と思える。

「ホラーは苦手」な人ほど、ホラー=〈物語や感情の機微は二の次で、無闇やたらに登場人物が死に、派手な血まみれ残酷場面を⾒せられる俗的で下衆なシロモノ〉といった認識が多いようだ。実際は……その手の類のものもあれば、全くそうでないものもある。

そこは他のジャンルでも同じく、表面上ヒューマンな感動ドラマを装い、多くの涙を誘いながらも、結局は動物や難病、子供を盾に使い、観ていられない程の残酷性を感じるシロモノも平然と存在している。

要は世間がジャンルという“観易く、選び易くするために取り入れられた都合の枠”に捉われ過ぎてしまっているだけの気もしてくるが、ホラーにはホラーならではの視点やメッセージやテーマの掲げ様があり、そこには苦手な方からの“蔑視”や“偏⾒”があるからこその社会や人間の隠微な闇の淵を反映し、探索⼼や認識・理解・共有への創意工夫も表現せしめる事が出来る。

僕はホラーを手掛ける事が多いので、舞台挨拶などで出演してくれた俳優陣から「怖いだけじゃなく、物語性もある映画なので…」という言葉を良く耳にするが、その度に毎回〈怖いだけのホラーって︖そんなの作る方が⼤変だよ…〉と⼼の内で思う。勿論……いや、当然……「怖い」だけがホラーの醍醐味ではない。が、ホラーと聴けば、「如何に怖いか︖怖がらせてくれるか︖」が期待値のメインではある。

僕よりも⼀回り上の世代の先輩陣が挙げる怖い映画と言えば、⼤抵が『サスペリア』や『犬神家の⼀族』に集約され、皆さん口を揃えて「当時はこんな映画⾒たら、自分はどうなってしまうのか︕︖と怖くてたまらなかった…」と仰る。つまり観る前から恐怖を堪能していたのだ。そして当時、実際に観た方は「しばらく眠れなかった」「何が怖かったか︖は憶えてないが(今でも)…二度と⾒たくない」などと仰る。

観てしまった当時の印象こそが全てで、今もその人の⼼を打ち震わせてしまう……何てロマン溢れる時代だったのだろう、と僕などは感じる。生きた時代、観た年齢、その時の状況で各自の度合いは違うが、受けた印象やトラウマ的な衝撃は、その人の嗜好や人格の形成、ホラーや物事の捉え方に⼤きな影響を与えてくれる。

時代と共に映像制作が手頃になり、プロだけの領域で無くなった昨今、⼀昔前のような誇張された宣伝や広告も“こっそり覗く”感覚も⼀般的に通用しなくなり、より過激に、より派手に、より端的に……となりがちだが、⼤事なのは“蔑視”や“偏⾒”を越えた先にあるホラーならではの醍醐味を、個々が如何に感じ取れるか︖な気がしている。

「結局、⼀番怖いのは人間だよね」ある年齢を越えると、目に⾒える現実や常識に縛られ、訳知り顔の⼤人ぶった人たちは皆、この言葉を口にし始める。人や世を良く洞察しており、賢く⾒てもらえそうだからでしょう……僕には、むしろ何て高慢で幼稚で無責 任な口ぶり…と思えてしまい、この言葉が好きではない。とは言え、この所謂ヒトコワも確かにホラーだ。むしろ、「自分は違うし、理解不能だが…」とばかり、無責任にこの言葉を放っている⼤人こそが、恐怖の対象たり得る気もしてくるが。

自分たちや生活への反省や戒め、教訓も鑑みて、〝ロマン〟という⾹⾟料をまぶした文化こそが妖怪やお化け、モンスターを生み出し、人智を超越した現象や異物を持ち込んだ創作世界に昇華しているのではないか︖

⻑くなってしまったが、幽霊でも人でも現象でも何でもいい……⼤いなる“蔑視”や“偏⾒”を乗り越え、⼤人になっても…否、現実に汚染された⼤人にさえも、脳裏から離れないような印象を与えてくれる〈恐怖〉を⼼待ちにしている。

堀未央奈(⼥優)
第 1 回に続いて第 2 回目も審査員をさせていただけることを嬉しく思います。幼少期から徐々に好きになり今では 1 番好きな映像ジャンルとなりました。⽇常から生まれたアイディアを非⽇常の世界へと繋げて、皆さんの奥底に眠る恐怖への好奇⼼や発⾒を新たなホラー作品としてたくさん投影していただきたいです。今回も楽しみにしています。

フロッグマン(映像クリエイター・監督・声優)
実は私もアニメでホラー作品を作ってきた。
と言うのも、なんとかして海外で評価を得たい、そう考えてのことだ。私は⻑くコメディ作品を作ってきたが、⽇本の笑いをそのまま海外に持っていくことは難しい。”笑い”は、文化や言語などが違えば、そのツボが⼤きく変わってしまうのだ。しかし恐怖は違う。死者が蘇り、生者の目の前に現れる気味の悪さは、どんな国、どんな人種でも共有されている。ジャパニーズホラーが海外を席巻したことは、まさしくその証左だろう。

昨年度は初のアワードにも拘らず、多くの才能が”恐怖”に挑み、目を⾒張るような素晴らしいホラー作品が出品された。
しかし、まだまだこんなもんじゃない。もっともっと、今すぐ世界に打って出られるような才能が隠れているはず。
今年はそんな、世界で戦える作品に出会えることを楽しみにしている。

⼩出祐介(Base Ball Bear/ミュージシャン)
第 1 回目の「⽇本ホラー映画⼤賞」は、集まった作品のクオリティーの高さに驚き、若い監督さんたちの情熱にとても感銘を受けました。そして、選考会も⼤盛りあがりでめちゃくちゃ楽しかったです。

ホラー映画をひとりで嗜んできた人生だったので、世代も⽴場も異なるみなさんと、候補作品のここが好き、ここがすごいと語り合えるなんて、すごく贅沢な時間でした。
今回もお声がけいただけて、嬉しい限りです。
J ホラーの歴史を更新するような、ぶっちぎりに怖い作品と出会えることを楽しみにしています︕

宇野維正(映画ジャーナリスト)
昨年の第 1 回「⽇本ホラー映画⼤賞」で審査員を務め、また⽇々の仕事で⽇本の若い映画作家の作品に触れる中で、改めてホラーというジャンルが⽇本映画の新しい時代を切り拓いていく鍵であることを確信するようになりました。ホラーは撮影、照明、録音、編集といった映画としての基礎体⼒がむき出しになるジャンルなので、自分は審査の過程でもそれらのポイントを重視していますが、⼀方で、技術面は未熟であっても⾒たことを⼀生後悔するような「本当に怖い作品」の応募も待ち望んでいます。

ゆりやんレトリィバァ(コメディアン)
この度は、非常に光栄なことに審査員をさせていただくことになりました。ありがとうございます︕
子どもの頃からホラー映画が怖くて怖くて、思い出しても寝られなくなるのに⼤好きです︕
今回の⽇本ホラー映画⼤賞の夜からはトイレにもお風呂にも入れなくなると思いますので、体が⼼配です。
とても楽しみにしています︕
おちついていきや〜︕

キービジュアルに関しまして

冨安由真(とみやす ゆま) 『Sisters』
©Yuma Tomiyasu, photo by Ken Kato

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. GG_coda,画像
    ⼀歩踏み出す勇気が すべてを⼒に変えていく アカデミー賞前哨戦として名高い第79回ゴールデン・グ…
  2. 誰も見たことのない、エリザベス女王の姿がここにある。 2022年に95歳を迎え、在位70周年と…
  3. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  4. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  5. 75歳以上が自らの生死を選択できる<プラン75>。 この架空の制度を媒介に、「生きる」という究極のテ…
  6. トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編が誕生!…
  7. 多くのミュージシャンが暮らし、互いに刺激を与えあいながら数々の名曲を生んだウェストコースト・ロックの…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
ディーン・フジオカさん×蒔田彩珠さんPure Japanese』【スペシャルメッセージ】
ページ上部へ戻る