是枝監督らが「日本版CNC設立を求める会」立ち上げ!日本映画産業の発展とは?

日本版CNC

日本版CNC発足に向けた現状と課題

6月14日(火)、【日本版CNC設立を求める会】(通称:action4cinema)「団体立ち上げの報告および目指す形の説明」と題した記者会見が東京都千代田区の日本外国特派員協会で開催され、映画監督の是枝裕和さん、諏訪敦彦さん、内山拓也さん、岨手由貴子さん、西川美和さん、深田晃司さん、舩橋淳さんが登壇しました。

皆さんは1年以上に渡り、一般社団法人日本映画製作者連盟(映連)と映画業界の労働環境改善を含む包括的な改革のために、フランスのCNC(国立映画映像センター)に相当する統括機関の設立を求め、協議をされてきました。

そして今回、日本映画の未来に向け、持続・発展可能になるような新たな共助のシステムの構築を業界内により強く継続的に求めるべく「日本版CNC設立を求める会」(通称:action4cinema)を、権利能力なき社団として6月1日に立ち上げられました。

業界団体や各省庁との議論は進められているものの、設立までにはまだまだ時間を要することが明らかとなった日本版CNC。2時間を超えた会見の全てはお伝えできませんので、今回は筆者が日本版CNCについて誤解していた点と、設立に向けた課題について紹介します。

日本版CNCに対する2つの誤解

まず、日本版CNCに対して2つの点で誤った認識をしていましたので、会見のコメントや資料を抜粋して紹介します。

1.映画を持続可能な産業にしていくことも目的にしている
2.予算に関しては国の助成に依存するシステムではない

まず1つ目について、日本版CNCという共助のシステムは映画の多様性を確保するために設立するものである。つまり、商業映画の収益をインディーズ映画の制作に流すことで、芸術としての多様性を確保することが目的であるとイメージしていました。

しかし、それだけではありません。多様性と同時に、産業を持続可能なものに発展させていくという目的もあるのです。これについては、フランスのCNCについて発表された西川さんと、フランスで映画を製作されている諏訪さんのコメントを紹介します。

西川さん
CNCは、映画がもたらす利潤を循環させることによって、映画の持続可能性と多様性というものを同時に実現させていく理念が持たれています。

興行的なヒットだけを目的とせずに、社会的なテーマ、文化的なテーマ、短編、子供向けの作品など色んな映画を自由に作りましょう。そのためのサポートをしますが、その代わり、労働環境やハラスメント対策、あるいはジェンダーに関して、プロデューサーや責任者がきちんと基準を守って国産映画の価値を高めるものを作っていきましょう。それが約束できなければ支援はできません、という仕組みです。

これは昔から、「文化芸術は誇るべき国の資産だから、みんなで守って発展させていきましょう」というフランス独特の国民的合意のもとに成り立っている機関です。全てをそのまま日本に移植できるかというとそういうことではないし、やっぱり無理があると思います。

CNCだけではなくて、あらゆる国の先行事例を参照しながら研究をしていく必要があると思います。

日本版CNC

※フランスのCNCでは様々な分配が実施されている

諏訪さん

私自身はCNCの支援がなければ映画を作ってこれませんでした。「あなたの映画は商業的にはかなり厳しいでしょう。しかし、作られるべきです」と判断していただいて、支援をしてもらって映画を作ることができたという事実があります。

しかし、CNCという機関が、より収益を上げたところから収益を上げにくいところへお金を流すというシステムでは必ずしもないということです。

CNCの場合は、両方の支援の仕方があって、収益を沢山上げたところ、プロデューサーにはそれ相応の還元があり、産業としての持続可能性をそこで担保するのです。

その残りの部分が、幾つかのプロジェクトの中で、これは支援するべき。それは何のためかというと、芸術文化の多様性のために資すると判断したものには、別途それを助成しましょうという2つの柱があるんです。

CNCの理念というのは、単に芸術文化の多様性を守ろうというだけではなくて、産業としての持続可能性、そして芸術文化としての多様性、この2つを両方守っていくシステムなんだということです。

巨大なシステムなんですけれども、日本が参考にするべき点、取り入れられるべき点もあるのではないかと思います。

日本版CNC

2つ目の予算に関しては、CNCの2019年(コロナ前)予算は913億円(上の図を参照)です。

これは映画の劇場チケット収入の約10%を自動的に徴収していることに加え、テレビ局やビデオ・VODからも徴収されており、近年ではNetflixなど配信からも約5%が徴収され、国からの助成ではなく100%業界内で集められています。ドイツも同様に375億円の予算でFFAという組織があるそうです。

一方で、予算規模620億円のイタリアMICは100%国家予算で運営。また、イギリスのBIFは国家予算+宝くじなど、韓国のKOFICは国家予算と業界収益から運営されています。

これら各国の状況を踏まえて、日本版CNCについては国家予算ありきではなく、まずは業界内の収益を循環する仕組みを模索していくことを念頭に置いているそうです。

日本版CNCが目指すもの

では、日本版CNCはどのような活動を担っていくのでしょうか。これについては、4つの柱が掲げられています。

1. 教育支援
若手育成支援、海外研修派遣、映画教育支援・観客育成など
2. 労働環境保全
ハラスメント対策支援、労働環境の適性化、ジェンダー平等の促進など
3. 製作支援
企画開発・脚本支援、製作支援、若手・多様性映画支援、国際共同製作支援など
4. 流通支援
映画館支援、配給支援、海外展開、ビデオ、配信支援など

近年、問題が表面化されているハラスメントや長時間労働など労働環境保全は重要なテーマではあるものの、それだけではありませんし、上記についてはあくまでも案として提示されたものであり、今後の積極的な議論が期待されます。

なお、労働環境保全については、経済産業省からの指導もあり「映画制作適性化機関(仮)の設置」が準備されています。

日本版CNC設立への課題、予算の確保について

やはり気になるのは日本版CNC設立に向けて、予算をどのように捻出するかです。これについては、映連との交渉状況について是枝さんのコメントを紹介します。

是枝さん
文化と産業というものを縦割りで分けて考えずに、映画はその両面があるものなのでそこをどういう風に捉えていくか、という視野の広さを持たないとなかなかうまくいかないことを凄く感じています。

その時に、エンタメの映画が稼いだお金でインディペンデントの作りたい映画を作りたいと言っているわけではない。文化と産業を分けるのではなく、芸術とエンタメを分けるのでもなく、映像産業に関わる方たちがちゃんと生活が出来て、結婚して子供を産んでも離職をせずに済んでと考えると、これは映画産業だけの問題ではない。日本の産業全体の問題かもしれませんが、そういう仕組みをどう実現できるかという点で考えたい。

ハッキリ言っちゃいますけど、別に映連を敵に回したいわけじゃないです。

日本版CNC

図の財源1となっている興行収入の栓がまだ開いていないです。

CNCの形をみても興行収入から何パーセントという財源が確保できるのがベストだと思いますが、そこは動かないし、業界の人にも「絶対に無理だよ」と言われる。映連の事務局の方ともお話を続けてきて、1年経っても動かない。まだ動きません。

これをどう動かすかということをやらなければいけない。それはまだ僕らの動かし方が足りないのもあると思いますし、味方をどういう風につけていくか。もちろん、映連に働きかけて彼らの中でも考え方を共有できている方もいらっしゃるので、その方たちに内部から動いていただくのも大事だし、財源2の放送・配信もまだないです。

なので、映連への働きかけと同時に、放送と配信にどう加わっていただくかも同時にやっていく。放送と配信がついてくれたら、さすがに映連もテーブルにつかないことはないのではないか、どうでしょうね?

と思いながらずっと1年動いてきたんです。これは我々のメンバーだけではどうしようもないこともあるので、誰をどう巻き込むかも必要になると思います。

映画産業が一枚岩になるために

この日は映連関係者が参加している場ではないので、推測になるものの、映連としても多様性は必要だと感じているでしょうし、産業の発展を目指して活動しているはずです。それは各社の取組みに依存している部分もあるかもしれませんが、企業として持続可能性を目指していないはずはないのです。

では、日本版CNCを設立するとどのような発展が可能になるのか。この議論なくして設立は難しいようにも感じます。

今回の団体設立を機に、映画産業の発展とは何か?日本映画にはどんな価値があるのか?今後どんな可能性を秘めているのか?そのために何をするべきなのか?それら議論が活発化し、価値観を共有したのちに、一枚岩になった業界の変革・発展が進むのかもしれません。

最後に、韓国映画『ベイビー・ブローカー』の公開を今月24日(金)に控える是枝監督が客観的にみた日本映画界、そしてこの日集まった多くのメディアとその先にいる皆さんへのメッセージを紹介します。

是枝さん
先日のカンヌの映画祭には韓国映画として参加しました。そこから見える日本の映画がいつもよりは客観的にみえました。もちろん、海外の映画祭にどう存在価値を示すかということは、映画にとっては本当に一面的なものではあります。そこだけが一つの絶対的な価値ではないのは、重々承知しています。

やはり、この5年、10年遡って考えた時に非常に日本映画の存在の影が薄くなっていて、それが韓国映画の隆盛とちょうどカーブが見事にクロスしちゃっている。それはマーケットへ行ってみても日本のパビリオンみたいなブースに人が集ってこない。韓国は各会社がブースを一つずつ持っている。日本のブースはどこ?みたいな状況が起きてしまっている。この状況を改善していくには、個々の闘いでは済まないなというのが実感です。

現地で日本の方に会うことが非常に少なくなってしまった。せっかく今回では早川さん(「ある視点」部門に出品された『PLAN75』監督)とか、日本に限らず次世代の映画の担い手の若い方たちが出てきているにもかかわらず、その方たちをバックアップする体制が取られていないのが実感です。

その辺を課題として喋りながらも、この1年半ぐらいはここにいるメンバーを中心に主にはリモートでしたが、少なくとも日本映画の未来について語り合うこと自体はとても楽しかった。

夜の21時に会議を始めて、終わるのがしばしば夜中の2時とか。場合によっては撮影が終わってからみんなでやるというような状況があるにもかかわらず、現実に現場で(ハラスメント等に)苦しんでいる方がいるので、楽しかったという表現は失礼かもしれませんが、ただ、やはり未来について語るということ、語り合う相手がいるということはとても重要なことです。一人で悶々としている時に比べると、やはりこの1年半というのは前向きな気持ちで日本映画を考えることができました。

なので、なかなか動かない強い大きな相手に向かって、色んなことをこれからも今まで以上に働きかけていきますけれども、基本的には明るく前向きにやっていますので、一緒に動かしてください。よろしくお願いします。

※【日本版CNC設立を求める会】の活動状況などは是非、公式HPにてご確認ください。

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  2. GG_coda,画像
    ⼀歩踏み出す勇気が すべてを⼒に変えていく アカデミー賞前哨戦として名高い第79回ゴールデン・グ…
  3. “私に得も言われぬ嫉妬心を呼び起こした”――。ポン・ジュノ監督 激賞! 本屋大賞受賞の傑作ベスト…
  4. 75歳以上が自らの生死を選択できる<プラン75>。 この架空の制度を媒介に、「生きる」という究極のテ…
  5. カズオ・イシグロ絶賛の小説を映画化。第1次世界大戦後のイギリスを舞台に、名家の子息と孤独なメイドの秘…
  6. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  7. 誰も見たことのない、エリザベス女王の姿がここにある。 2022年に95歳を迎え、在位70周年と…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
ディーン・フジオカさん×蒔田彩珠さんPure Japanese』【スペシャルメッセージ】
ページ上部へ戻る