GReeeeNが主題歌書き下ろし!映画『ハウ』本予告&本ポスター解禁!

GReeeeNが主題歌書き下ろし!映画『ハウ』本予告&本ポスター解禁!

SNSで人気のキャラクター・毛玉犬もハウの宣伝“犬”使に就任!
7月1日よりローソンでお散歩トート付きムビチケコンビニ券発売開始!

『ゼロの焦点』、『のぼうの城』などで日本アカデミー賞監督賞を受賞、日本を代表する映画監督・犬童一心と、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』などで同賞脚本賞を受賞、『余命1ヶ月の花嫁』、『キセキ ーあの日のソビトー 』など、人と人との温かい繋がりや大切な人への想いを丁寧に描き続け、本作の原作者でもある斉藤ひろしが初のタッグを組み、〈人と犬の絆〉を描く感涙必至の感動作、映画『ハウ』8月19日(金)に全国公開されます!

主人公の民夫を演じるのは、『あなたの番です 劇場版』、『そして、バトンは渡された』など多くの大ヒット作で幅広い表現力で存在感を放つ田中圭。犬好きも公言する田中は、本作では、婚約者にあっさりフラれ、人生最悪な時を迎え途方に暮れるちょっぴり気弱な青年を熱演。

そして、もう1匹の主人公・ハウを演じるは、『南極物語』、『ハチ公物語』、『クイール』、『犬と私の10の約束』など数々の名だたる犬映画のドッグトレーナーとして活躍し続けている宮忠臣から、本格トレーニングを受け、監督をも唸らせる演技を披露した俳優犬のベック。民夫と運命の出会いを果たし、優しく寄り添い、そっと支えるかけがえのない存在になっていくワンと鳴けない犬を好演しました。

主題歌はGReeeeNが書き下ろした爽やかな楽曲「味方」に決定!

本作の主題歌は、GReeeeNが書き下ろした楽曲「味方」に決定!爽やかなメロディに彩られる歌詞も、〈ハウと民夫の強い絆〉を思わせる心温まる内容となりました。タイトルにもあるように、それぞれが持つ大切な“味方”への想いが想像できるような素敵な楽曲となり、映画を更なる感動へと膨らませます。

GReeeeNは、「寄り添ってくれる存在の大切さ。嬉しい時、悲しい時、人生のあらゆる場面で、『あのさぁ』『ねぇ聞いて』って隣で話ができる、そしてそれを『そりゃないね!』って笑いあえる、そんな存在。映画「ハウ」では、主人公のハウと民夫がそのような関係で強い絆で繋がっている、と主題歌のお話をいただいた際に感じました。この曲が誰かの「味方」になるきっかけになれたら嬉しいです!!!!そしてGReeeeNも、いつもそんな存在でありたいと思っています。」とコメントしました。
ハウ,画像
GReeeeNといえば、本作の原作・脚本を手掛けた斉藤ひろしとの縁も深く、GReeeeNのビハインドストーリーが基になっている映画『キセキ ―あの日のソビト―』のプロデューサーの小池賢太郎と、脚本を斉藤ひろしが手掛けており、ハウと民夫の”絆”によって様々な出会いと奇跡が生み出されていく至福のスト―リーで再びタッグを組んだ。

GReeeeNコメント全文
寄り添ってくれる存在の大切さ。
嬉しい時、悲しい時、人生のあらゆる場面で、『あのさぁ』『ねぇ聞いて』って隣で話ができる、
そしてそれを『そりゃないね!』って笑いあえる、そんな存在。

映画「ハウ」では、
主人公のハウと民夫がそのような関係で強い絆で繋がっている、と主題歌のお話をいただいた際に感じました。

この曲が誰かの「味方」になるきっかけになれたら嬉しいです!!!!
そしてGReeeeNも、いつもそんな存在でありたいと思っています。

離れ離れになってしまった大好きな民夫への想いが溢れてひた走るハウの姿に涙!!
予告映像が完成!

今回解禁された予告映像では、婚約者にフラれ落ち込む民夫(田中圭)と、飼い主に放棄され保護犬となってしまったワンと鳴けない犬・ハウとの運命の出会いから始まる。散歩したりじゃれあったり、ハウと民夫は最高に幸せな時間を過ごす心癒される映像が垣間見える。

そんな幸せな時間とは裏腹に「ずっと、一緒だと思ってたー」という誰もが一度は経験したであろう言葉と共に、突然訪れる“別れ”への展開へと移り変わる。ショックを隠し切れない民夫の姿に重なるのは、海辺や森の中を疾走するハウの姿。

いなくなったと思っていたハウは、「もう一度、きみに会いたい!」と大好きな民夫の声を頼りにひたすら走り続ける。GReeeeNの爽やかな楽曲とともに、ハウの民夫への一途なまなざしが描かれるシーンに心打たれる映像となっている。

さらに、同僚・桃子(池田エライザ)をはじめ、民夫にハウを引き合わせる鍋島夫妻(野間口徹&渡辺真紀子)、ハウが民夫の元までひた走る道中で出会っていく、中学生の麻衣(長澤樹)、ハウに顔を寄せ抱きしめる女性・めぐみ(モトーラ世理奈)、傘屋を営む老女・志津(宮本信子)とその夫(石橋蓮司)など、ハウとの出会いによって癒される人々の様子も切り取られており、石田ゆり子の優しい心地よいナレーションとともに、物語の“優しい温かな結末”への期待が膨らんでいく予告映像となっている。

併せて本ポスターも解禁。幸せな時間を過ごす民夫とハウ、そしてふたりを取り巻く人たちの笑顔が並んでおり、人と犬の絆の温もりが、まっすぐに伝わってくるビジュアルになっている。

SNSで人気のキャラクター毛玉犬が宣伝“犬”使に就任!

7月1日(金)よりローソン店頭Loppiで毛玉犬とハウと民夫が描かれたお散歩トート付きムビチケコンビニ券セットも予約発売受付開始!ムビチケ前売券(オンライン)も同時発売!!
新進気鋭のイラストレーター・ヨツタニモトコが描く、LINEスタンプから登場したキャラクター・毛玉犬が本作の宣伝“犬”使に就任!

これから様々な場面で、本作の宣伝“犬”使として活躍する。さらに、ローソンでは、7月1日(金)より毛玉犬と一緒に描かれたかわいいハウと民夫のお散歩トートとセットでムビチケコンビニ券の発売も決定!

■@Loppi限定 お散歩トート付ムビチケコンビニ券
<販売スケジュール>
受付期間:7月1日(金)AM10:00~ 8月18日(木)23:30
グッズ引換日:10月27日(木)以降
グッズ内容 お散歩トート
詳しくはこちら⇒https://l-tike.com/haw_m/

映画「ハウ」宣伝“犬”使 毛玉犬ハウ,画像
〈毛玉犬とは?〉
新進気鋭のイラストレーター・ヨツタニモトコが描く、
LINEスタンプから誕生したキャラクター。クリエイターズスタンプで1位の実績多数!
©M.Yotsutani

▼ハウと民夫と宣伝“犬”使毛玉犬が描かれたお散歩トート
ハウ,画像ハウ,画像

■ムビチケ前売券(オンライン)も販売開始!
発売期間 7月1日(金)〜8月18日(木)まで
※プレゼント内容は後日映画公式HP、SNSほかで発表させていただきます。
※プレゼントは「@Loppi限定お散歩トート付きムビチケコンビニ券」は対象外です。

『ハウ』本予告編映像

あらすじ

婚約者にあっさりフラれ、人生最悪な時を迎えていた市役所職員・赤西民夫(田中圭)。
横浜で一人空虚な日々を送る彼は、上司からの勧めで、飼い主に捨てられて保護犬になってしまった真っ白な大型犬を飼うことになってしまう。犬はワンと鳴けず「ハウッ」というかすれた声しか出せない。

とびっきり人懐っこいこの犬を、民夫は“ハウ”と名付け、1人と1匹の優しくて温かい日々が始まった。民夫にとって最初は戸惑うことも多かったハウとの暮らしだったが、何をするにもいつも一緒な“2人”の絆は次第に深まり、いつしかかけがえのない存在となっていった。ハウと民夫の最高に幸せな時間はずっと続くと思っていたのだが・・・。

そんな時、突然ハウが姿を消す。あらゆる手段を尽くしてハウを探す民夫だが、無情にも「ハウによく似た白い大型犬が事故死した」という情報がもたらされる。しかし、横浜から遠く離れた北の地でハウは生きていた!偶然のアクシデントが重なり、ハウは青森まで運ばれてしまったのだ。

ハウは、大好きな民夫の声を追い求め、「もう一度、君に会いたい」という一心で青森から横浜・798キロの道のりを目指す。民夫はハウがいないという現実に苦しみもがきながらも、少しずつ向き合おうとする。民夫のそばで優しく寄り添う同僚の足立桃子(池田エライザ)の支えもあり、皆それぞれに悲しみを抱えながら生きていることを学んでゆく。

一方、ハウは民夫を探して走る道中で、悩みや孤独、悲しみを抱えた人たちと出会う。震災の風評被害に心を痛める女子中学生の麻衣(長澤樹)。愛する夫(石橋蓮司)を亡くし、ひとりで傘屋を営む老女・志津(宮本信子)。深刻なDV被害に遭い、修道院のシェルターに保護された若い女性・めぐみ(モトーラ世理奈)。彼女たちに寄り添い心を癒していく。

果たして、長い旅路を経てハウと民夫はもう一度再会することができるのか――。そこには、優しすぎる結末が待っていたーー。

キャスト

田中圭 池田エライザ 野間口徹、渡辺真起子、モトーラ世理奈、深川麻衣、長澤樹、田中要次、
利重剛、伊勢志摩、市川実和子、田畑智子、石田ゆり子(ナレーション)、石橋蓮司、宮本信子

監督

犬童一心

原作

『ハウ』斉藤ひろし(朝日文庫)

脚本

斉藤ひろし

音楽:上野耕路
企画・プロデュース:小池賢太郎
プロデューサー:丸山文成  柳迫成彦
企画・製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ
製作幹事:ハピネットファントム・スタジオ 東映

配給:東映
公式HP:haw-movie.com
(C)2022「ハウ」製作委員会

8月19日(金)全国公開

 友だち追加

1
コメント

avatar
1 コメント数
0 スレッド数
0 フォロワー数
 
最も反応が多いコメント
最も勢いのあるコメント
1 コメント者数
クリスタル 最近のコメント
新しい順 古い順
クリスタル
クリスタル

ハウは、動物愛護センターから引き取られて飼われていたがどうなったのか。
民夫というさえない青年が婚約相手の女性に振られて途方にくれていた。
さぞかしつらかっただろうと思う。結婚が難しいんだなと感じた。せっかく婚約までして断られたらどうしていいかわからなくなると思う。その気持ちよくわかる。

民夫は、動物愛護センターからかわいそうな大型犬を引き取りハウと名前をつけた。ハウとともに人生を歩んでいく。お互いに傷ついた生き物同士、心が通じ合うんだなと思った。

民夫とハウは、ボール投げとかを楽しそうにやっていて私も一緒にやりたかったと感じた。
犬は、走るのが早くて民夫がぜいぜいいいながらついていっているのが楽しかった。そんなことをハロームービーが伝えてくれる。ハロームービーの男性がとてもさわやかな声の男性でよかった。

ハウがある日いなくなってしまう。いざいなくなると寂しいものだなと思った。ハウ、ハウっと一生懸命探す。しかしどこにもいない。SNSを使って情報を呼び掛けたけど、たよりない情報ばかりだった。

「もう、死んだんじゃないか」とかひどいことをいう人ばかりだった。でも、「この犬じゃないですか」と心温まるメッセージがきた。だけどちがっていた。もうだめだとあきらめていた。しかし民夫は、諦めずに探した。偉いなと思った。私ならあきらめてしまうと思う。

ハウがいなくなってしまった毎日をすごす。挫けないところが偉いなと思った。
いろいろなことをいわれてもしっかり前を向いて進む姿がまぶしく感じられた。

ハウは、いろいろな人にかわいがられて旅をしていた。民家の中に入ると住民に避難される。何で避難するのかがわからないと感じた。そこで国道を歩いた。長距離ドライバーの人がエサとかをくれるからだ。そういう知恵を身に着けていた。かしこい知恵だなと思った。でも国道は、歩きたくないなと思った。

後は、いったいどうやって旅をしたかは、映画を見てのお楽しみ。

ハロームービーもひっきりなしに状況や動作を話す。
旅の途中で犬を嫌がる人もいて体中キヅだらけになっても民夫を探す。丈夫だなと感心した。

おもしろいところは、犬がうまいこと人間になついたり虐める人を見分けることができるというところだ。リモコンでもあるのかと思うぐらいだ。

ハウが教会にたどりついた、そこで旅で疲れた体を洗ってもらう。
本当によかったと思う。いやなめにもあって教会ですべて癒されたと思った。

マザーテレサの演技がおもしろかった。
マザーテレサって犬を怖がっていたけど、マザーテレサも苦手なものがあるのだなと思った。たしかに修道女に犬が入ってきたら驚くなと感じた。

現代は、犬とか猫をすてる人たちがいるけれど一つの生き物なのだってことを忘れないでほしい。生き物を飼う時は、先の先まで考えてほしい。目先だけで判断しないでほしい。

町に野良犬や野良猫が増えてみな困っているがそれは、ペットを飼っている一人一人の責任だと思う。私には、大型犬の犬は、飼えないと感じた。

注目映画

  1. これが天下の大将軍への第一歩だ―― 。信は、漂の想いを胸に初陣に挑む! 原泰久の人気漫画を実写化…
  2. きっと、誰かに伝えたい。劇場だからこそ味わえる“観るアウトドア”がここにある。 あfろの人気コ…
  3. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  4. GG_coda,画像
    ⼀歩踏み出す勇気が すべてを⼒に変えていく アカデミー賞前哨戦として名高い第79回ゴールデン・グ…
  5. ここから始まる殺し屋生活。コイツら、全員めんどくせぇ!! 「ベイビーわるきゅーれ」「ある用務員」の…
  6. 映画沈黙のパレード,画像
    「ガリレオ」シリーズ最高傑作、誕生!! 福山雅治演じる、変人だけど天才的頭脳を持つ物理学者・湯川学…
  7. たのしいこともさびしいこともーあみ子が教えてくれるのは、私たちが“かつて見ていたはずの世界” 芥川…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
映画『グリーンバレット』【初日舞台挨拶】
ページ上部へ戻る