市毛良枝「純粋に山を楽しむ彼の姿はとても美しく、そして眩しかった」映画『アルピニスト』を称賛!

映画『アルピニスト』著名人からのコメントリリース&本編抜き映像解禁

アレックス・オノルドがマークを語る!

米アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を獲得した映画『フリーソロ』以来の壮大なスケールと迫力に満ちた驚くべきアルピニストのドキュメンタリー映画『アルピニスト』が、7月8日より全国公開します。

独り 前人未到の挑戦 −−−

世界でも有数の岩壁や氷壁、数々の断崖絶壁を、命綱もつけず、たった独りで登る無謀なフリーソロという登山スタイルを貫いたマークは、SNS社会に背を向けながらも、不可能とされていた数々の世界の山脈の難所に挑み、次々と新たな記録を打ち立てていく。だが、そんな偉業を成し遂げながらも、名声を求めない彼の性格から世間的な知名度はほぼ皆無――。

本作は、思わず目もくらむ、崩れ落ちそうな岩と氷の断崖絶壁をものともせず、命綱をつけずにたった独りで頂点を目指すアルピニストの姿が収められている。普段、なかなか見ることのできないような雄大な自然を背景に、体力と精神力の極限に挑むマーク。そんな彼の驚くべきフリーソロというクライミング・スタイルに、思わず手に汗握る作品です。

この夏、私たちは知られざる天才クライマー、マーク・アンドレ・ルクレールの新たな伝説を目撃する。
  
ひとあし先に行われた試写会では、型破りなマークのクライミングスタイルに衝撃を受ける人たちが続出!本作に心揺さぶられた各界の著名人からもコメントが続々と寄せられました。さらにアカデミー賞作品『フリーソロ』主演のアレックス・オノルドの本編でマークについて語っている映像も解禁!

マーク・アンドレ・ルクレールの新たな伝説を目撃した
市毛良枝、片岡鶴太郎、山野井泰史ら著名人から続々とコメント到着!

今回コメントを寄せていただいたのは、「クライミング界のアカデミー賞」とも称されるピオレドール賞を受賞したアルピニストの山野井泰史さん、

アイスクライミングワールドカップ日本代表を務めるアイスクライマーの門田ギハードさん、クライミングカメラマンの鈴木岳美さん、ボルダリングの楽しさを広めるために日々活動している登れる壁の妖精・ボル姉さんなど、クライミングの世界に身を置く皆さんや、

他にも、映画関連で活躍されている伊藤さとりさんや、立田敦子さん、Twitterで注目の映画情報を発信して活躍されているいまむーさんや、人間食べ食べカエルさん、ウラケン・ボルボックスさん。

さらには日本トレッキング協会の理事を務める俳優の市毛良枝さん、俳優・画家の片岡鶴太郎さん、俳優の石丸謙二郎さん、慶応大学大学院教授の岸博幸さんといった俳優・文化人の方々からもコメントが寄せられました。

驚異的な映像の迫力のみならず、人間ドラマとしての力強さも併せ持った本作だけあって、幅広い方々に感銘を与えたようです。

コメント全文

「自分の時代を生きている」若きクライマーの物語。偉業を誇示するわけでもなく、真直ぐに山と向き合い、挑戦していく。純粋に山を楽しむ彼の姿はとても美しく、そして眩しかった。 
――市毛良枝(俳優)

こんな男がいたのか!”本物”のクライマーの姿を見た。
彼は命を軽視しているわけではない。むしろ命があるからこそ登り続けられる現実を受け止めている。だからこそ、危険と背中合わせの山での一歩一歩が彼の魂の輝きとなり、命をも超越してしまうんだろう。 
――片岡鶴太郎(俳優・画家)

まだ、いたのかこんな登山家が・・もはや新たなる冒険などありえないと言われている地球。すべてがメディアにさらされている山岳シーン。ところが、想像をはるかに超えたクライマーが密かに岩壁にとりついていた。山岳登攀に革命を起こしかけている彼の名前をしっかり憶えておこう。 
――石丸謙二郎(俳優)

名声や稼ぎに囚われず人生をエンジョイしながら自分の途を極める主人公の姿に心底感動した。自分は凡人だ、ダメだと思っている人ほどこの映画を観て何かを感じてほしい。 
――岸博幸(慶応大学大学院教授)

「あれが僕だったら」身を硬くして観終えたあと、今はいない多くのソロクライマーの顔が思い出された。彼らに共通するのはクライミングを愛するあまり、地上では寂しそうな笑顔だったことだ。 
――山野井泰史(アルピニスト)(ピオレドール賞受賞)

今の世の中、自分の理想だけを追い続けることができる人がどのくらいいるのだろう?
それを追求する主人公マークの純粋さと狂気、そして体現する圧倒的な登攀能力。
彼の世界観に多くの人が魅了されると思う。私もその一人。 
――門田ギハード(アイスクライマー)

誰かに称賛される為でなく純粋に楽しむクライミングをするマーク
彼の登りは多くの人に影響を与えてくれるわぁ
挑戦する楽しさを思い出させてくれるマークにみんなも会いに行きましょお♡ 
――ボル姉さん(ボルダリングの壁の妖精)

今、こうして手汗を握りながら、ひとりの人の人生がこれほどまでに強く光りかがやく瞬間を目に焼き付けることができるのは、奇跡だと思う。 
――鈴木岳美(クライミングカメラマン)

両手を広げて「ありのまま」を抱きしめる。囚われずに生きること、育てることで魂が輝く。「必ずや自分に合った場所や生き方が見つかるから」そうスクリーンを通して地球が語りかけてくる映画だ。
――伊藤さとり(映画パーソナリティ)

楽しいから登る。その景色が見たいから登頂を目指す。他者から見れば命知らずの冒険でも、彼には“日常”だったのかもしれない。記録も名誉も名声も求めず、ただ純粋にフリークライミングに生きることの意味を見出したシンプルな生き方は尊く、羨ましくも思う。
――立田敦子(映画ジャーナリスト)

この映画を通して間違いなくマークの魂を感じ感銘を受け世界の広さを知る。これは“人間の可能性”を見出し証明する作品。
――いまむー(お絵描き映画廃人)

「そこに山があるから登る」を極限まで突き詰めた生き様がここにある。超難度の山を己の肉体ひとつで登っていく映像は本当に恐ろしく、下手なホラーよりも遥かに納涼効果が高い。
――人間食べ食べカエル(人喰いツイッタラー)

有名にならなかった理由が、若手はすぐS N Sで登頂アピールするのに、マークはスマホが入ってるバッグを狐に持ってかれて、買い直していなかったからというのが良過ぎる。
――ウラケン・ボルボックス(イラストレーター)

キャスト

マーク・アンドレ・ルクレール
ブレット・ハリントン
アレックス・オノルド(『フリーソロ』)

監督

ピーター・モーティマー
ニック・ローゼン

制作

レッドブルメディアハウス

2021年/英語/アメリカ映画/G/93分/ビスタ

配給:パルコ ユニバーサル映画
公式HP:https://alpinist-movie.com/
Facebook:https://www.facebook.com/eigaalpinist
Twitter:https://twitter.com/alpinist_movie
© 2021 Red Bull Media House. All Rights Reserved.

7/8(金) TOHOシネマズ シャンテ 他全国公開

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. “私に得も言われぬ嫉妬心を呼び起こした”――。ポン・ジュノ監督 激賞! 本屋大賞受賞の傑作ベスト…
  2. トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編が誕生!…
  3. 75歳以上が自らの生死を選択できる<プラン75>。 この架空の制度を媒介に、「生きる」という究極のテ…
  4. 多くのミュージシャンが暮らし、互いに刺激を与えあいながら数々の名曲を生んだウェストコースト・ロックの…
  5. 誰も見たことのない、エリザベス女王の姿がここにある。 2022年に95歳を迎え、在位70周年と…
  6. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  7. GG_coda,画像
    ⼀歩踏み出す勇気が すべてを⼒に変えていく アカデミー賞前哨戦として名高い第79回ゴールデン・グ…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
〇映画『アルピニスト』【驚愕映像】
ページ上部へ戻る