台湾ドラマ『オレん家のフロ事情~人魚と過ごした49日』日本初配信開始

台湾ドラマ『オレん家のフロ事情~人魚と過ごした49日』日本初配信開始

7月15日(金)0時からビデオマーケット、Rakuten TVにて日本初配信開始!

「月刊コミックジーン」で連載されていたいときち原作の漫画「オレん家のフロ事情」が台湾でドラマ化され、2022年7月15日より、ビデオマーケット、Rakuten TVにて日本初、先行配信されることが決定した。

「オレん家のフロ事情」は、2011年7月号から2020年3月号まで「月刊コミックジーン」(KADOKAWA)で連載され、2014年にはTVアニメも放送された人気漫画。主人公の龍己は、川で人魚の若狭に出会い、家の風呂に住み着き共同生活をする。

台湾版ドラマでは、主人公は17歳の高校生趙龍傑(ジャオ・ロンジエ)。偶然海で出会った人魚李仁宇(リー・レンユー)が家に押しかけてきて、龍傑の家の風呂に住み着く。
オレん家のフロ事情~人魚と過ごした49日,画像
風呂では美しい青い尾ひれに変化する足は、なぜか海では変化しない。なぜそんな事が起こってしまうのか、龍傑にも仁宇にも訳が分からない。その謎を解明し、海に仁宇を戻そうと、2人は奔走するが、過去の思いがけない事件が関係していて…。

台湾版での龍己役(台湾の役名は趙龍傑)は、蔡凡熙(ケント・ツァイ)。ドラマ「通靈少女」「超感應學園」映画『怪怪怪怪物!』等に出演する若手注目の俳優。やさしくて気の弱い高校生が、少しずつ活発なイケメンに変化していく様を演じる。

イケメン人魚若狭役(台湾の役名は李仁宇)は、禾浩辰(ハー・ハオチェン)。鍛えられた身体と、不敵だが愛嬌のある笑顔が可愛い人魚を演じる。シリコン製の重い尾ひれを付けて泳ぐシーンは、美しくて圧巻。
オレん家のフロ事情~人魚と過ごした49日,画像
他に、龍傑の幼馴染で雑貨屋の娘周碧玉(ジョウ・ビーユー)に、劉主平(リウ・ジューピン)。趙龍傑の親友許聡健(シュー・ツォンジエン)に、温慶禹(ウェン・チンユー)。

李仁宇を疑うクラスの人気者蒋江(ジャン・ジャン)に、張碩航(チャン・シュオハン)。趙龍傑と許聡健をいじめるが、その後仲間になる高偉豪(ガオ・ウェイハオ)に、洪至賢(ホン・ジーシエン)などフレッシュな俳優が出演。

7月15日(金)0時から、ビデオマーケット、Rakuten TVにて日本初、先行配信開始。

『オレん家のフロ事情~人魚と過ごした49日』予告編映像

キャスト

蔡凡熙(ケント・ツァイ)
禾浩辰(ハー・ハオチェン)
劉主平(リウ・ジューピン)

監督

張熙明(チャン・シーミン)

原作

「オレん家のフロ事情」いときち 著(KADOKAWA刊)

© 2021 Medialink Asia Limited All Rights Reserved

配信スケジュール(日本初):
7月15日(金)0時に1話~7話、7月29日(金)0時に8話~14話
約25分×14話
配信ページ:
ビデオマーケット https://www.videomarket.jp/title/415032
Rakuten TV https://tv.rakuten.co.jp/special/orefurodrama/
オレん家のフロ事情~人魚と過ごした49日,画像

7月15日(金)0時に1話~7話、
7月29日(金)0時に8話~14話 配信

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  2. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  3. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  4. 世界の映画祭で絶賛された真実の物語 それでも、生きていく。 生存者証言を参考に、北朝鮮強制収容所…
  5. 映画『ピンカートンに会いにいく』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    “こじらせ系アラフォー女子たちが、20年の時を経てまさかのアイドル再結成!?” シニカル&オフ・ビ…
  6. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  7. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る