ロシアから国外脱出した監督が日本へメッセージ!「みなさんの心と魂に響くことを願います」『戦争と女の顔』

ロシアから国外に脱出した監督が日本へメッセージ!「戦争と女の顔」

カンテミール・バラーゴフ監督&プロデューサーより
日本に向けたメッセージが到着!

カンヌ国際映画祭で監督賞・国際批評家連盟賞のW受賞を果たし、アカデミー賞®国際長編映画賞ロシア代表にも選出され、世界の映画祭を席巻した映画『戦争と女の顔』7/15(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開)の公開に際し、カンテミール・バラーゴフ監督とアレクサンドル・ロドニャンスキーより日本に向けたメッセージが届きました。

カンテミール・バラーゴフ監督動画メッセージ映像

日本でも話題の証言集「戦争は女の顔をしていない」原案
戦後、PTSDを抱えた元女性兵士の生と死の闘いを描くー

1945年、終戦直後のレニングラード(現サンクトペテルブルグ)。荒廃した街の病院で、PTSDを抱えながら働く看護師のイーヤ(ヴィクトリア・ミロシニチェンコ)は、ある日後遺症の発作のせいで、面倒をみていた子供を死なせてしまう。
戦争と女の顔,画像
そこに子供の本当の母で戦友のマーシャ(ヴァシリサ・ペレリギナ)が戦地から帰還する。彼女もまた後遺症を抱え、心身ともにボロボロの二人の元女性兵士は、なんとか自分たちの生活を再建するための闘いに意味と希望を見いだすが…。
戦争と女の顔,画像
本作は、巨匠アレクサンドル・ソクーロフの下に学んだ新鋭カンテミール・バラーゴフ監督が、ノーベル文学賞受賞作家・スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチの証言集『戦争は女の顔をしていない』を原案に、戦後の女性の運命を描いた。
戦争と女の顔,画像
プロデューサーは、『ラブレス』(17)や『裁かれるは善人のみ』(14)をはじめ、ハリウッドでも実績のあるウクライナ出身のアレクサンドル・ロドニャンスキー

主演の二人は、新人のヴィクトリア・ミロシニチェンコヴァシリサ・ペレリギナが見事に複雑な心理状態を演じきった。

終戦から77年。これは戦争を知らない世代のスタッフ、キャストらが今も起こっている戦争の恐ろしさを伝える作品である。

ロシアによるウクライナ侵攻後、ロシアから脱出し、現在ロサンゼルスにいるカンテミール・バラーゴフ監督から動画でメッセージが届き、ウクライナ出身でプロデューサーのアレクサンドル・ロドニャンスキーからも日本へのメッセージが届いた。(監督のみ動画)

バラーゴフ監督は、「この映画がみなさんの心と魂に響くことを願います。本作を見てくださること、ウクライナへの思いを寄せてくれることに感謝します。ありがとう。<日本語で> 」と、日本への感謝を述べ、

ロドニャンスキーは、「本作は、私たちの住むこの世界は完璧ではないけれども、少しでもいい世界にしたいという思いで製作しました。本作を通して、戦争によって一般の人々がどんな経験をしたか、自分では理解できない体験をした人々の人生を疑似体験してもらい、自分の家族、身近な人々だけでなく、他人に対しても思いやる気持ちを持ってほしいと思います。そして、(今回の侵攻後)日本からのウクライナへの多大な支援にお礼を申し上げます。」と、映画への想いと感謝のコメントを寄せた。

『戦争と女の顔』予告編映像

キャスト

ヴィクトリア・ミロシニチェンコ
ヴァシリサ・ペレリギナ
アンドレイ・ヴァイコフ
イーゴリ・シローコフ

監督・脚本

カンテミール・バラーゴフ

共同脚本

アレクサンドル・チェレホフ

原案

『戦争は女の顔をしていない』 スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ, 三浦みどり訳(岩波現代文庫)

製作:アレクサンドル・ロドニャンスキー、セルゲイ・メルクモフ
音楽:エフゲニー・ガルペリン
撮影:クセニア・セレダ
ロシア/ロシア語/2019年/137分/DCP/カラー
字幕翻訳:田沼令子
ロシア語監修:福田和代
レイティング:PG12
原題:Dylda
英題:Beanpole

配給:アット エンタテインメント
公式HP:https://dyldajp.com/
© Non-Stop Production, LLC, 2019

7/15(金)
新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 世界の映画祭で絶賛された真実の物語 それでも、生きていく。 生存者証言を参考に、北朝鮮強制収容所…
  2. ミッドナイトスワン,草彅剛
    キノフィルムズ 10 周年&キノシネマ 3 周年記念 フェスティバル上映4作品決定! 映画『ミッ…
  3. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  4. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  5. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  6. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  7. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る