横浜流星、水墨画に魅了される大学生!『線は、僕を描く』特報映像解禁!

『線は、僕を描く』特報映像&主題歌&本ポスタービジュアル一挙解禁!

眩しくも切ない、心震える青春映画の誕生を予感させる特報映像

2020年「本屋大賞」3位、2019年TBS「王様のブランチ」BOOK大賞を受賞した青春芸術小説「線は、僕を描く」(砥上裕將(とがみひろまさ)著/講談社文庫)。「命が芽吹く物語」、「青春って素晴らしい!」「まっすぐで、せつなくて、透き通るような喪失と再生の物語」と、全国の書店員から絶賛されている本作が実写映画化!

公開日も10月21日(金)に決定しました。『ちはやふる』を青春映画の金字塔に仕立て上げた小泉徳宏監督を筆頭にした製作チームが再結集、【かるた】の次は【水墨画】に挑戦します。

主演は『愛唄 −約束のナクヒト−』(19)、『いなくなれ、群青』(19)、『チア男子!!』(19)の3作品で、第43回アカデミー賞新人俳優賞を受賞した若手トップクラスの実力を持つ横浜流星

とあるきっかけで水墨画と出会い、学ぶことでその世界に魅了されていく主人公、青山霜介(そうすけ)役に臨みます。

大学生の青山霜介はアルバイト先の絵画展設営現場で運命の出会いを果たす。白と黒だけで表現された【水墨画】が霜介の前に色鮮やかに拡がる。深い悲しみに包まれていた霜介の世界が、変わる。巨匠・篠田湖山(こざん)に声をかけられ【水墨画】を学び始める霜介。

【水墨画】は筆先から生み出す「線」のみで描かれる芸術。描くのは「命」。霜介は初めての【水墨画】に戸惑いながらもその世界に魅了されていく――水墨画との出会いで、止まっていた時間が動き出す。

若者を中心に大人気のyama×Vaundyが初タッグ!!
映画『線は、僕を描く』の主題歌&挿入歌を担当することが決定!

主演に横浜流星、ヒロインに清原果耶を迎え、共演に細田佳央太河合優実といったネクストブレイク必至な若手俳優が出演し、熱く泣ける新たな青春映画の金字塔と期待が高まる映画『線は、僕を描く』

この度、若者を中心に大人気のアーティストyamaVaundy(バウンディ)が初タッグを組み、本作の主題歌&挿入歌を担当することが決定した!

今回の起用については小泉監督とプロデューサーが話し合っていたところ、主演の横浜から「yamaさんに歌ってほしい」と提案があったことから決まったという。
線は、僕を描く,画像
yamaは、2020年4月にリリースした自身初のオリジナル楽曲「春を告げる」が、MV再生回数1億回、ストリーミングの累計再生回数3億回を突破するなど、2022年も絶えず注目を集め、現在の音楽シーンを象徴するアーティストの一人となっている。

そんなyamaが、今回メジャーデビュー2年目にして初めて長編映画の主題歌を担当。そして、本作のために書き下ろされた主題歌『くびったけ』は、現役大学生アーティストVaundyが作詞作曲を務めたもの。「踊り子」「怪獣の花唄」などでヒットを飛ばし、作詞作曲アレンジのみならず、デザインや映像も自ら手がけるマルチアーティスト・Vaundyとの初タッグの作品となる。
線は、僕を描く,画像
本楽曲はパワフルなドラムから始まり、軽快なギターリフ、唸るようなベースラインにyamaのパッション溢れるヴォーカルが重なり、今までにないスレートなギターロックサウンドに仕上がっている。

さらに、挿入歌も務めるyamaの新曲『Lost』も映画のために書き下ろされた楽曲となっており、yamaの歌声がどのように物語に彩りを添えるのか、期待が高まる。

【人気声優 早見沙織のナレーションで贈る】
眩しくも切ない、心震える青春映画の誕生を予感させる特報映像解禁!

主題歌の解禁とあわせて、「鬼滅の刃」、「SPY×FAMILY」にも出演し大人気の声優・早見沙織のナレーションで贈る、眩しくも切ない心震える青春映画の誕生を予感させる特報映像が解禁となった。

映像には主人公の青山霜介(横浜流星)が水墨画の世界に魅了されるきっかけとなった、篠田湖山(三浦友和)との出会いのシーンから、霜介と出会いライバル心を抱くようになる篠田千瑛(清原果耶)の姿も映されており、主題歌『くびったけ』のアップテンポな音楽も相まって眩しくも切ない、心震える青春映画の誕生を予感させる映像に仕上がっている。

本作のために書き下ろされた楽曲を聞いた横浜は「素敵な主題歌、挿入歌で、共に作品に寄り添っていただき、さらに作品に深みが増したと思ってます」と絶賛!

そして、横浜流星が力強い線を描くエモーショナルなポスタービジュアルも初披露!
ポスタービジュアルにデザインされている水墨画“線と椿”は本作の水墨画監修を務めた小林東雲が描いている。

力強く描かれた“線”については【霜介が出会った人たち一人ひとり、霜介が線を描くのにとても大切な人たちだった】という意味合いがあり、つぼみや開花した“椿”は、【水墨画の世界を通して、色々な人と出会い成長していった霜介】をイメージしたという。

シリーズが進むにつれて爆発的ヒットとなった「ちはやふる」シリーズ監督の小泉徳宏をはじめとする製作チームが再集結し、≪白と黒≫のみで描かれる【水墨画】を≪色鮮やかな世界≫として瑞々しく描き出した『線は、僕を描く』。この秋、熱く泣ける新たな青春映画の金字塔が誕生する瞬間にご期待ください!

『線は、僕を描く』特報映像

キャスト

横浜流星
清原果耶 細田佳央太 河合優実
矢島健一 夙川アトム 井上想良/富田靖子
江口洋介/三浦友和

監督

小泉徳宏(『ちはやふる』 『カノジョは嘘を愛しすぎてる』)

原作

砥上裕將「線は、僕を描く」(講談社文庫)

脚本

片岡翔 小泉徳宏

企画・プロデューサー:北島直明
音楽:横山克

配給:東宝
公式HP:senboku-movie.jp
©砥上裕將/講談社 ©2022映画「線は、僕を描く」製作委員会

2022年10月21日 ROADSHOW

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  2. 映画『ピンカートンに会いにいく』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    “こじらせ系アラフォー女子たちが、20年の時を経てまさかのアイドル再結成!?” シニカル&オフ・ビ…
  3. ミッドナイトスワン,草彅剛
    キノフィルムズ 10 周年&キノシネマ 3 周年記念 フェスティバル上映4作品決定! 映画『ミッ…
  4. 運命に翻弄されながら再会を願い続けた夫婦二人の11年にも及ぶ愛の実話。 二宮和也が主演を務め、シベ…
  5. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  6. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  7. 世界の映画祭で絶賛された真実の物語 それでも、生きていく。 生存者証言を参考に、北朝鮮強制収容所…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る