映画『アイ・アム まきもと』ちょっと迷惑な男がまき起こす奇跡の物語!本ビジュアル解禁!

映画『アイ・アム まきもと』ちょっと迷惑な男が“まき”起こす奇跡の物語!豪華キャスト陣大集結の本ビジュアル解禁!

空気が読めない!人の話を聞かない!なかなか心を開かない!

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給作品、映画『アイ・アム まきもと』9月30日(金)に公開します。

本作の主人公である牧本は“おみおくり係(=お一人で亡くなった方を埋葬する)”として小さな市役所で働いているが、全く空気が読めない、人の話を聞かない、なかなか心を開かない、周りからするとちょっと頑固で迷惑な存在。

そんな牧本は、つい周囲のルールより自分のルールを優先してしまい、同じ市役所で働く同僚たちや上司、警察や葬儀屋さんにもご迷惑をおかけしてしまう日々を送っていた。

ある日、人知れず亡くなった蕪木の身寄りを探すため、彼のかつての友人や知人を訪ね歩くうちに、唯一の身寄りである娘・塔子に辿り着き、蕪木の知られざる想いと共に彼の人生を辿ることとなる。

“亡くなった人の想い”を大切にするがゆえに、ちょっと迷惑な牧本の行動は、やがて人と人を繋ぎ、自らも変えていく――。

主人公の牧本壮役は、『舞妓Haaaan!!!』(07)、『謝罪の王様』(13)等に続き水田伸生監督とタッグを組む阿部サダヲ

牧本が出会う蕪木の娘・津森塔子役に満島ひかり。そして牧本の迷惑にまき込まれる人々に、國村隼、宮沢りえ、宇崎竜童、松下洸平、でんでん、松尾スズキ、坪倉由幸(我が家)と個性豊かな豪華キャストが集結。

第70回ヴェネチア国際映画祭で4つの賞を受賞したウベルト・パゾリーニ監督『おみおくりの作法』(15)を原作に、ドラマ『ゆとりですがなにか』、『初恋の悪魔』で知られる水田伸生監督が笑って泣けるエンタテインメントに昇華させた。

本ビジュアルを解禁

今回解禁となったのは、ファンタジックでコミカルな世界観の中に佇む牧本と、彼の迷惑にまき込まれる登場人物たちの姿が牧本を取り囲むように描かれる。さらにその登場人物たちの周りで何やら迷惑に!?せわしく奔走する牧本たち(・・)の姿も。

“世界をつなぐ、迷惑もある”というコピーが添えられているように、バラバラだった人々とその想いを牧本が少しずつ、“迷惑”をきっかけに繋ぎ合わせていく。

牧本演じる阿部サダヲは、「おみおくり係の牧本は、なんともちょっと迷惑で愛おしいキャラクター。何を考えているかわからない牧本を中心に、何が起こるのか楽しみなビジュアルになっています」と本ビジュアルについてコメント。

牧本の迷惑が巡り巡って世界をつなでいく様子が感じ取れるビジュアルに、彼が一体どんな奇跡の物語を“まき”起こすのか期待が膨らみます!

『アイ・アム まきもと』特報映像

https://www.youtube.com/watch?v=D–OgcROw14

あらすじ

ある見知らぬ男の人生を“まき”戻すことになった「おみおくり係」のまきもと。
彼がたどり着いた“奇跡のさいご”とは――

小さな市役所に勤める牧本の仕事は、人知れず亡くなった人を埋葬する「おみおくり係」。故人の思いを大事にするあまり、つい警察のルールより自身のルールを優先して刑事・神代に日々怒られている。ある日牧本は、身寄りなく亡くなった老人・蕪木の部屋を訪れ、彼の娘と思しき少女の写真を発見する。

一方、県庁からきた新任局長・小野口が「おみおくり係」廃止を決定する。蕪木の一件が“最後の仕事”となった牧本は、写真の少女探しと、一人でも多くの参列者を葬儀に呼ぶため、わずかな手がかりを頼りに蕪木のかつての友人や知人を探し出し訪ねていく。

工場で蕪木と同僚だった平光、漁港で居酒屋を営む元恋人・みはる、炭鉱で蕪木に命を救われたという槍田、一時期ともに生活したホームレス仲間、そして写真の少女で蕪木の娘・塔子。蕪木の人生を辿るうちに、牧本にも少しずつ変化が生じていく。そして、牧本の“最後のおみおくり”には、思いもしなかった奇跡が待っていた。

キャスト

阿部サダヲ
満島ひかり 宇崎竜童 松下洸平 でんでん 松尾スズキ 坪倉由幸(我が家)
宮沢りえ 國村隼

監督

水田伸生

原作

Uberto Pasolini “STILL LIFE”

脚本

倉持裕

製作総指揮:ウィリアム・アイアトン 中沢敏明 
エグゼクティブプロデューサー:堤天心 志賀司 中西一雄 島本雄二 井川泉 Uberto Pasolini
プロデューサー:上木則安 厨子健介 
コ・プロデューサー:藤村哲也 丸山典由喜 
ラインプロデューサー:鈴木嘉弘
撮影:中山光一 
照明:宗賢次郎 
美術:磯見俊裕 
装飾:柳澤武 
録音:鶴巻仁 
音楽:平野義久
人物デザイン監修:柘植伊佐夫 
編集:洲崎千恵子 
キャスティング:田端利江 
助監督:相沢淳 村田淳志 
制作担当:井上純平
制作:セディックインターナショナル ドラゴンフライ 
製作:映画『アイ・アム まきもと』製作委員会

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式HP:iammakimoto.jp
©2022 映画『アイ・アム まきもと』製作委員会

9月30日(金)全国の映画館で公開

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. これが天下の大将軍への第一歩だ―― 。信は、漂の想いを胸に初陣に挑む! 原泰久の人気漫画を実写化…
  2. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  3. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  4. 世界中で“ミニオンブーム”の社会現象を巻き起こした「ミニオンズ」シリーズ待望の最新作! ユニバーサ…
  5. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  6. 一夜で世界は一変した。若くして謎の死を遂げたスーパースターの真実を描く。 「キング・オブ・ロックン…
  7. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
〇映画『アルピニスト』【驚愕映像】
ページ上部へ戻る