小島秀夫「全てが完璧。」『プアン』に絶賛コメント!

『プアン』ウォン・カーウァイ&各界著名人よりコメント到着!

タイアップも続々決定!!

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』の監督とアジアの巨匠ウォン・カーウァイがタッグを組んだことで話題となりサンダンス映画祭で絶賛された『One For The Road(原題)』が、邦題『プアン/友だちと呼ばせて』に決定し、8月5日(金)より新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、渋谷シネクイントほか全国順次公開することが決定しました。

「こんな映画アリ!?」と大興奮を巻き起こし、本国タイで年間ランキング1位、アジア各国でタイ映画史上歴代興収1位を奪取、世界中からリメイク権を熱望され、日本でも大ヒットを記録した『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』のバズ・プーンピリヤ監督最新作。

彼の才能に心底惚れた、『花様年華』『恋する惑星』の巨匠ウォン・カーウァイが自らプロデュースを熱望。完成した作品はサンダンス映画祭でプレミア上映され、ワールドシネマドラマティック部門で審査員特別賞に輝いた。

NYでバーを経営する青年ボスのもとに、バンコクで暮らす友人のウードから数年ぶりに電話が入る。ガンで余命宣告を受けたので、帰ってきてほしいというのだ。バンコクに戻ったボスが頼まれたのは、元恋人たちを訪ねる旅の運転手。

カーステレオから流れる思い出の曲が、二人がまだ親友だった頃の記憶を呼びさます。忘れられなかった恋への心残りに決着をつけたウードを、ボスがオリジナルカクテルで祝い、旅を仕上げるはずだった。だが、ウードがボスの過去も未来も書き換える〈ある秘密〉を打ち明ける─。

ウォン・カーウァイからのコメントが到着!さらに各界著名人からも続々到着!!

本作の製作総指揮を務めたウォン・カーウァイから遂にコメントが到着!さらに公開に先がけて監督と交友のあるゲームクリエイターの小島秀夫をはじめ、お笑い芸人のこがけん、小説家のカツセマサヒコ、俳優・モデルのゆうたろうなど一足早く本作を鑑賞した各界の著名人から絶賛コメントが続々と到着した。

プアン/友だちと呼ばせて,画像
『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』でバズの作品に出会い、彼のユニークな才能を本当に見逃すことはできませんでした。そこで、彼を香港に招き、バケットリスト(※死ぬまでにしたいことリスト)とともにカクテルを何杯も飲みながらバンコクからニューヨークまでを巡るバディの物語を作ることにしたのです。それが本作『プアン/友だちと呼ばせて』で、バズのこれまでの作品の中で最もパーソナルな作品となっています。パンデミック中に素晴らしい仕事をし、献身的に働いてくれたバズと彼のチームに改めて感謝したいと思います。そして日本の友人たちへ、この映画はあなたの大切な人と分かち合うべき映画です。皆さんが楽しんでくれることを願っています。
ウォン・カーウァイ(『プアン/友だちとよばせて』製作総指揮/『恋する惑星』『花様年華』)プアン/友だちと呼ばせて,画像

著名人コメント 五十音順 敬称略

人生とは見方次第でロマンチックでメランコリックでファンタジック。
遊び心ある画がトキメキを招き、自分を輝かせるのは過去に愛した人との出逢いを取りこぼさないことだと教えてくれた。
伊藤さとり(映画パーソナリティ)

たとえどんなことがあっても、
友情と愛の輝きが色褪せることはないと信じられる物語。
こんなに悲しいのに、
これほどすがすがしい気持ちになれる映画はそうはない。
今 祥枝(ライター・編集者)

エンドロールの後に浮かぶのは、
深く傷つけあって別れた人のこと。
カツセマサヒコ(小説家/『明け方の若者たち』)

不器用な男のなりふり構わぬ罪滅ぼし。そこに隠された真実は何層も重ねたカクテルに似て、
最後まで飲み干さないと全容を掴めない。
過去と現在を行き来する男たちの旅。
その旅路は、まさに映画の魔法そのものだった。
こがけん(お笑い芸人)

全てが完璧。友情、恋、青春、家族、絆、
“蒼”のレシピが見事にシェイクされたカクテル・ロードムービーの逸品!
あの傑作「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」を産んだタイの監督、
バズ・プーンピリヤ自身が、本当の“天才(ジーニアス)”だった!
小島秀夫(ゲームクリエイター)

「ごめんね」と謝り合う登場人物たちのカタルシスは、
極上のカクテルのような陶酔感をもたらしてくれます。
人間関係が希薄になりがちな今、羨望と感動がうずまく作品。
辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)

この世を去ることとは何か。
最期に向かうレクイエムが流れ始めた時に人はどう思うのか。
ウォン・カーウァイから美しいヒントを得られました。
ハリー杉山(タレント)

古いカセットテープから再生される泡沫の日々の夢。
ここにはウォン・カーウァイの『恋する惑星』や『天使の涙』、
『ブエノスアイレス』が美しく残響している。
森直人(映画評論家)

アジアの巨匠ウォン・カーウァイとバズ監督のタッグは映画ファンにはたまらない組み合わせだ。
バズ監督の映像美にはいつもアートを感じるが
今回ほどそのアートの余韻にずっと浸っていたいと強く感じた。
映像の奥に人間の性や優しさがアートと一緒に混ざりあう演出はバズ監督だからこそ表現できる技だ。
森ガキ侑大(映画監督)

苦くて甘い、切ないけどなんだか愛おしい。
初めて飲んだお酒の味と思い出を思い出しました。
最後にあんな展開が待ち受けてるなんて誰が想像しただろうか・・・
ゆうたろう(俳優/モデル)

色と音の風合いは巨匠ウォン・カーウァイ、
物語設計の意外性は“バッド・ジーニアス”。
好きが詰まり過ぎて萌えまくり。
よしひろまさみち(映画ライター)

タイアップも続々決定!!

タイ映画ということで、人気タイ料理店とのタイアップが続々決定!「マンゴツリーカフェ」では対象店舗にて、『プアン/友だちと呼ばせて』の半券提示で飲食代が10%OFFのサービスを実施。

また、新宿武蔵野館で「マンゴツリーカフェ」の対象店舗のレシートを提示すると、新宿武蔵野館の当日一般料金を割引<一般300円引き、学生200円引き>のサービスを受けることができる。

「スパイスロード」では、映画をイメージしたオリジナルカクテルを3種類販売。ご注文のお客様にその場でムビチケが当たる抽選券を配布。

また、既に発表済みだが8月5日(金)には本作の主題歌「Nobody Knows」を歌うSTAMP自らがセルフカバーし、フューチャリングアーティストに向井太一を迎え、日本語版「Nobody Knows(Japanese ver)feat.向井太一」がリリースされる。

さらに、映画を盛り上げるサウンドトラック・アルバムが7月22日(金)より配信リリース決定!大人気タイドラマ「I Told Sunset About You~僕の愛を君の心で訳して~」「I Promised you the Moon ~僕の愛を君の心で訳して~」の劇伴を担当したアーティスト/プロデューサー、Vichaya Vatanasapが手掛けた本サントラは、STAMPによる主題歌「Nobody Knows」はもちろんのこと、予告編にも使用されている「Whiplash」や、劇中を彩るエルトン・ジョンやキャット・スティーヴンスの楽曲も収録した、どっぷりと浸れること間違いなしの作品となっている。ぜひ映画を観る前に、観た後に楽しんでみては?

【タイアップ詳細】
■「マンゴツリーカフェ」
実施店舗:新宿・恵比寿・上野・東京ドームシティラクーア・高輪・豊洲・北千住・横浜・川崎・大宮・大阪
期間:公開期間中(8/5から上映終了時まで)
①『プアン/友だちと呼ばせて』の半券提示で飲食代が10%OFF。
*1グループ6名以内 *他のサービスとの併用不可
②新宿武蔵野館にて上記の対象店舗のレシート提示で、新宿武蔵野館の当日一般料金を割引
<一般300円引き、学生(専門学校・短大・大学・大学院)200円引き>
*他割引との併用不可 *オンライン予約は使用不可 *レシート1枚につき1名様有効
URL:https://www.arclandservice.co.jp/mangotree/

■「スパイスロード」
実施店舗:バンコク屋台カオサン宮益坂(渋谷)・スクンビットソイ55新宿三井ビル(西新宿)
期間:8月1日(月)~8月31日(水)まで
映画をイメージしたオリジナルカクテルを3種類販売。ご注文のお客様にその場でムビチケが当たる抽選券を配布。外れた方にもオリジナルコースターをプレゼント!
<オリジナルカクテル>
①青いソラ/ライチのお酒 ¥800-(税込)
②スカイモヒート ¥800-(税込)
③トロピカルブルー ¥900-(税込)
プアン/友だちと呼ばせて,画像
<渋谷>https://spiceroad.co.jp/Shop_ShibuyaMiyamasu.html
<西新宿>https://spiceroad.co.jp/Shop_SukhumvitSoi55.html

■日本版主題歌
タイトル:「Nobody Knows(Japanese ver) feat. 向井太一」
リリース形態:配信SG
配信リリース日:8月5日(金)日本時間0:00配信
配信URL:https://avex.lnk.to/STAMP_NobodyKnowsPR
*こちらのURLは8月5日(金)0:00以降有効になります。
*映画館では「Nobody Knows feat. 向井太一」はかかりません。
プアン/友だちと呼ばせて,画像

■オリジナルサウンドトラック
デジタル配信リリース:7月22日(金)0時
URL:https://umj.lnk.to/OFTR_OST
リリース元:ユニバーサル・ミュージック
プアン/友だちと呼ばせて,画像

『プアン/友だちと呼ばせて』予告編映像

https://www.youtube.com/watch?v=CcZkHdfus_A

あらすじ

NYでバーを経営するボスのもとに、タイで暮らすウードから数年ぶりに電話が入る。白血病で余命宣告を受けたので、最期の頼みを聞いてほしいというのだ。タイに駆けつけたボスが頼まれたのは、元恋人たちを訪ねる旅の運転手。カーステレオから流れる思い出の曲が、二人がまだ親友だった頃の記憶を呼びさます。忘れられなかった恋への心残りに決着をつけたウードを、ボスがオリジナルカクテルで祝い、旅を仕上げるはずだった。だが、ウードがボスの過去も未来も書き換える〈ある秘密〉を打ち明ける──。

キャスト

トー・タナポップ
アイス・ナッタラット
プローイ・ホーワン
ヌン・シラパン
ヴィオーレット・ウォーティア
オークベープ・チュティモン

監督

バズ・プーンピリヤ『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』

製作総指揮

ウォン・カーウァイ『花様年華』『恋する惑星』

脚本

バズ・プーンピリヤ、ノタポン・ブンプラコープ、ブァンソイ・アックソーンサワーン

原題:One For The Road
タイ/2021年/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/129分
字幕翻訳:アンゼたかし
監修:高杉美和

配給:ギャガ
公式HP:gaga.ne.jp/puan
©2021 Jet Tone Contents Inc. All Rights Reserved.

8月5日(金)
新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、渋谷シネクイントほか全国順次公開

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ここから始まる殺し屋生活。コイツら、全員めんどくせぇ!! 「ベイビーわるきゅーれ」「ある用務員」の…
  2. GG_coda,画像
    ⼀歩踏み出す勇気が すべてを⼒に変えていく アカデミー賞前哨戦として名高い第79回ゴールデン・グ…
  3. トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編が誕生!…
  4. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  5. これが天下の大将軍への第一歩だ―― 。信は、漂の想いを胸に初陣に挑む! 原泰久の人気漫画を実写化…
  6. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  7. たのしいこともさびしいこともーあみ子が教えてくれるのは、私たちが“かつて見ていたはずの世界” 芥川…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
映画『グリーンバレット』【初日舞台挨拶】
ページ上部へ戻る