いびつな「半同居」の結末は?『夜、鳥たちが啼く』場面写真解禁!

いびつな「半同居」の結末は?『夜、鳥たちが啼く』場面写真解禁!

ポスタービジュアル&場面写真&追加キャスト解禁

『そこのみにて光輝く』『オーバー・フェンス』などで知られる作家・佐藤泰志が、函館ではなく関東近郊を舞台に描いた短編小説『夜、鳥たちが啼く』(所収「⼤きなハードルと⼩さなハードル」河出⽂庫刊)が映画化。12月9日(金)より、新宿ピカデリー他全国ロードショーとなります。

脚本は同2作を手掛けた高田亮、監督を努めたのは高田の助監督時代からの盟友であり、近年『アルプススタンドのはしの方』『愛なのに』『女子高生に殺されたい』『ビリーバーズ』などジャンルを問わず話題作を生み出し続け、高い評価を得る鬼才・城定秀夫

内に秘めた破壊衝動と葛藤する売れない小説家の主人公・慎一を演じるのは『東京リベンジャーズ』『燃えよ剣』『余命10年』など多彩な役柄で観客を魅了し続けてきた実力派俳優・山田裕貴

離婚を機に、息子とともに慎一のもとに身を寄せるヒロイン・裕子を、近年、内田英治監督、タナダユキ監督、紀里谷和明監督、松本優作監督など、気鋭の監督作品への出演が絶えない演技派女優・松本まりかが演じる。

主演・山田裕貴、共演・松本まりかのほか、本作に出演するキャスト陣が明らかに!

到着したポスタービジュアルは、山田演じる主人公・慎一と松本演じるヒロイン・裕子が、どこか沈んだ表情で正反対を向く物憂げな雰囲気が目を引くデザイン。
夜、鳥たちが啼く,画像
ブルーと紫、そしてかすかに感じ取れる絶妙な光が差し込まれた繊細な色合いは、美しく、そして徹底的に優しく映し出される映画の世界観を表現し、本編への期待を膨らませる。

人生を諦めかけた小説家と、愛をあきらめかけたシングルマザー。二人は夏の終りに身を寄せ合い、一方は離れのプレハブで、一方は、かつて男が恋人と暮らしていた一軒家で、いびつな「半同居」生活をスタートさせる。

傷つき、壊れかけかけていた二人は、やがてお互いの傷を癒やすように強く求めあうようになっていくのだが…。

傷つくことを恐れ、他者との深い関わりを避けて生きようとしながらも、人生を灯す一筋の光を見つけようともがく生身の人間の姿を、山田、松本の両名が静謐かつ鮮烈な熱演でスクリーンに刻み込んだ。

あわせて解禁となった場面写真では、飲み屋街を虚ろな目で一人歩く慎一の姿や、キツい眼差しで向かいに座る女性を見据える裕子の姿が映し出されており、彼らの奥底に拭いきれない鈍い痛みが存在することを感じさせる。
夜、鳥たちが啼く,画像
夜、鳥たちが啼く,画像
一方で、二人で瓶ビールを飲み交わす姿や、慎一、裕子、アキラの3人が親子のように優しく笑う希望を感じさせる画像も到着した。
夜、鳥たちが啼く,画像
場面写真では、裕子の息子であるアキラ役を演じる森優理斗、慎一の元を去る恋人・文子役を演じる中村ゆりか、そして、裕子の別れた旦那で慎一の友人でもある邦博役を演じるカトウシンスケらの姿も解禁となった。
夜、鳥たちが啼く,画像
夜、鳥たちが啼く,画像
夜、鳥たちが啼く,画像
その他、藤田朋子宇野祥平ら日本を代表する実力派俳優も本作に出演。

⻤才・城定秀夫監督のもとに強力な俳優陣が集い、傷ついた者たちが、ほんの少しだけ前を向いて小さな一歩を踏み出す。仄かな希望の光を描いた作品が完成した。

あらすじ

若くして小説家デビューするも、その後は鳴かず飛ばず、同棲中だった恋人にも去られ、鬱屈とした日々を送る慎一(山田裕貴)。
そんな彼のもとに、友人の元妻、裕子(松本まりか)が、幼い息子アキラを連れて引っ越してくる。

慎一が恋人と暮らしていた一軒家を、離婚して行き場を失った2人に提供し、自身は離れのプレハブで寝起きするという、いびつな「半同居」生活。

自分自身への苛立ちから身勝手に他者を傷つけてきた慎一は、そんな自らの無様な姿を、夜ごと終わりのない物語へと綴ってゆく。書いては止まり、原稿を破り捨て、また書き始める。それはまるで自傷行為のようでもあった。

一方の裕子はアキラが眠りにつくと、行きずりの出会いを求めて夜の街へと出かけてゆく。親として人として強くあらねばと言う思いと、埋めがたい孤独との間でバランスを保とうと彼女もまた苦しんでいた。

そして、父親に去られ深く傷ついたアキラは唯一母親以外の身近な存在となった慎一を慕い始める。

慎一と裕子はお互い深入りしないよう距離を保ちながら、3人で過ごす表面的には穏やかな日々を重ねてゆく。だが2人とも、未だ前に進む一歩を踏み出せずにいた。そして、ある夜・・・。

キャスト

⼭⽥裕貴、松本まりか
森優理斗、中村ゆりか、カトウシンスケ/藤田朋子/宇野祥平、吉田浩太、縄田カノン、加治将樹

監督

城定秀夫

原作

佐藤泰志「夜、⿃たちが啼く」(所収「⼤きなハードルと⼩さなハードル」河出⽂庫刊)

脚本

⾼⽥亮

2022年/日本/115分/ビスタ/DCP5.1ch 
映倫:R15

製作・配給:クロックワークス
公式HP:yorutori-movie.com
© 2022 クロックワークス

12月9日(金)新宿ピカデリー他にて公開

 友だち追加
コメントは利用できません。

注目映画

  1. GG_coda,画像
    ⼀歩踏み出す勇気が すべてを⼒に変えていく アカデミー賞前哨戦として名高い第79回ゴールデン・グ…
  2. きっと、誰かに伝えたい。劇場だからこそ味わえる“観るアウトドア”がここにある。 あfろの人気コ…
  3. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  4. これが天下の大将軍への第一歩だ―― 。信は、漂の想いを胸に初陣に挑む! 原泰久の人気漫画を実写化…
  5. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  6. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  7. たのしいこともさびしいこともーあみ子が教えてくれるのは、私たちが“かつて見ていたはずの世界” 芥川…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
映画『グリーンバレット』【初日舞台挨拶】
ページ上部へ戻る