エイドリアン・ブロディが音楽への熱い想いを語る! 映画『クリーン ある殺し屋の献身』オフィシャルインタビュー解禁

アカデミー賞俳優エイドリアン・ブロディが” 音楽”への熱い想いを語る!

アカデミー賞俳優エイドリアン・ブロディ主演のハード・アクション『クリーン ある殺し屋の献身』が、9月16日(金)より全国ロードショー。

エイドリアン・ブロディ「情熱を持っていればそれが原動力になる」

本作で主演・製作・脚本・音楽を手掛けたアカデミー賞俳優のエイドリアン・ブロディ。

本作で”音楽”を初担当したことについて、「怖かったし、興奮したよ。ずっと音楽をやってきたことがついに実を結んだんだ。音楽は感情を伝える言葉と同じ。俳優や画家の活動が土台にはなっているが、インスパイアの源となっていたのは音楽だった。音楽は映画の中に登場するもう一つの登場人物だと思っているよ」と音楽に対する熱い想いを語った。

映画のアイディアがどこから来たのかという質問には、「素晴らしいコラボは色々な監督や映画人とやってきたけど、本作の<クリーン>のような役柄は今までやったことがなかった。長年大事に作って育ててきた音楽がついに居場所(『クリーン』という作品)を見つけたんだ。”音楽”をひとつの作品として世の中に出せたことが喜びだよ」と、長年取り組んできた音楽が映画の着想となったことを明かし、自分の音楽が本作で陽の目を見た喜びを語った。

さらに、「今後も音楽を作り続けたい。長年作っていて、19歳から音楽をやっているので作品も膨大にあり、色々音楽の保存方法も進化していったから、フロッピーディスクに保存したものとか、失った楽曲もあるけど。メディテーションのように映画製作中に音楽を作っていたよ」と、今後も映画作りと一緒に、音楽活動も続けていきたいと意欲を見せた。

本作では、映画音楽を手掛け、俳優や映画監督としても活躍しているラッパーのRZAもエイドリアン・ブロディ演じる主人公と仲の良い質屋のカート役で出演している。

音楽好きも必見の『クリーン ある殺し屋の献身』は9月16日(金)より全国ロードショー。

『クリーン ある殺し屋の献身』予告編映像

あらすじ

名前も分からないその男は、《クリーン》と呼ばれていた。深夜の街でゴミ回収車を走らせ、廃品や廃屋の修理を趣味にしている寡黙な男。そんな孤独な日々の中、クリーンは隣人のディアンダという少女と心を通わせていた。だがある時、事件が起きてしまう。街を支配している麻薬ギャングたちがディアンダに目をつけ、手を出してきたのだ。ディアンダを救い出すため、クリーンはアジトに乗り込みチンピラたちを半殺しにしてしまう。だがその中に、ギャングのボスであるマイケルの息子がいた。復讐のため、マイケルは組織を総動員してクリーンを追う。警察もギャングに加担しており、もはや逃げ場はない。クリーンはディアンダを護るため再び銃をとり、たった1人で反撃を挑んでゆくが……。

キャスト

エイドリアン・ブロディ、グレン・フレシュラー、リッチー・メリット、チャンドラー・アリ・デュポン、ミケルティ・ウィリアムソン、ミシェル・ウィルソン、ジョン・ビアンコ、RZA

監督

ポール・ソレット

脚本

ポール・ソレット、エイドリアン・ブロディ

音楽

エイドリアン・ブロディ

配給:アルバトロス・フィルム
公式HP:https://clean-kenshin.com/
© 2018 A Clean Picture, LLC All Rights Reserved.

9月16日(金)より、全国ロードショー

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編が誕生!…
  2. たのしいこともさびしいこともーあみ子が教えてくれるのは、私たちが“かつて見ていたはずの世界” 芥川…
  3. 映画沈黙のパレード,画像
    「ガリレオ」シリーズ最高傑作、誕生!! 福山雅治演じる、変人だけど天才的頭脳を持つ物理学者・湯川学…
  4. これが天下の大将軍への第一歩だ―― 。信は、漂の想いを胸に初陣に挑む! 原泰久の人気漫画を実写化…
  5. ここから始まる殺し屋生活。コイツら、全員めんどくせぇ!! 「ベイビーわるきゅーれ」「ある用務員」の…
  6. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  7. ‛最悪‘な本音が‛最高’の共感を呼び、世界が絶賛!新時代を生きるすべての人に贈る、恋と成長の物語 …

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
映画『グリーンバレット』【初日舞台挨拶】
ページ上部へ戻る