第95回アカデミー国際長編映画賞インド代表に決定!『エンドロールのつづき』

インド代表に決定!『エンドロールのつづき』

チャイ売りの少年が映画と出会い、やがて世界で活躍する映画監督になる―。

監督自身の驚くべき物語を映画化し、トライベッカ映画祭ほか、世界中の映画祭で5つの観客賞を受賞。さらにバリャドリード国際映画祭では最高賞にあたるゴールデンスパイク賞をインド映画として初めて受賞するなど、世界中の映画祭から喝采を浴びた感動作『Last Film Show』が邦題『エンドロールのつづき』とし、2023年1月20日(金)新宿ピカデリー他全国公開します。

この度、インド映画史上最高の制作費をかけた『RRR』をはじめ、数々のインド映画を抑え、パン・ナリン監督作『エンドロールのつづき』が第95回アカデミー国際長編映画賞のインド代表に決定しました!

映画への溢れんばかりの愛情を込めて、自らの体験を元に製作した本作。

インド出身で、今や国を超えて活躍するパン・ナリン監督はTwitterにて「OMG!なんて素晴らしい夜なんでしょう。インド映画連盟と審査員の皆様、『エンドロールのつづき』を信じてくれてありがとうございます。やっと安心して一息つく事ができました。また私たちを楽しませ、時に鼓舞し、導いてくれる”映画”を信じることができます!」と感激の声を上げました。

アカデミー賞授賞式前に是非、1月20日の劇場公開で“インド代表”の本作をお楽しみください!

映画『エンドロールのつづき』作品情報

あらすじ・ネタバレ・ストーリー

9歳のサマイはインドの田舎町で、学校に通いながら父のチャイ店を手伝っている。

厳格な父は映画を低劣なものだと思っているが、信仰するカーリー女神の映画は特別と、家族で街に映画を観に行くことに。

人で溢れ返った映画館、席に着くと、目に飛び込んだのは後方からスクリーンへと伸びる一筋の光…そこにはサマイが初めて見る世界が広がっていた。

映画にすっかり魅了されたサマイは、再び映画館に忍び込むが、チケット代が払えずつまみ出されてしまう。

それを見た映写技師のファザルがある提案をする。料理上手なサマイの母が作る弁当と引換えに、映写室から映画をみせてくれるというのだ。

サマイは映写窓から観る色とりどりの映画の数々に圧倒され、いつしか「映画を作りたい」という夢を抱きはじめるが―。

特報動画URL: https://youtu.be/7aD5Zj86WeM

監督・脚本:パン・ナリン

出演:バヴィン・ラバリ

2021年/インド・フランス/グジャラート語/112分/スコープ/カラー/5.1ch/英題:Last Film Show/
日本語字幕:福永詩乃 G  応援:インド大使館
配給:松竹 ALL RIGHTS RESERVED

©2022. CHHELLO SHOW LLP
公式HP movies.shochiku.co.jp/endroll

Twitter:@shochiku_youga
インスタ:@shochikuyouga
fb:@shochiku.youga

2023年1月20日(金)新宿ピカデリー
ヒューマントラストシネマ有楽町、シネリーブル池袋 他全国公開

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. GG_coda,画像
    ⼀歩踏み出す勇気が すべてを⼒に変えていく アカデミー賞前哨戦として名高い第79回ゴールデン・グ…
  2. きっと、誰かに伝えたい。劇場だからこそ味わえる“観るアウトドア”がここにある。 あfろの人気コ…
  3. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  4. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  5. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  6. ‛最悪‘な本音が‛最高’の共感を呼び、世界が絶賛!新時代を生きるすべての人に贈る、恋と成長の物語 …
  7. これが天下の大将軍への第一歩だ―― 。信は、漂の想いを胸に初陣に挑む! 原泰久の人気漫画を実写化…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
映画『グリーンバレット』【初日舞台挨拶】
ページ上部へ戻る