2022ミス日本みどりの女神、成田愛純チェーンソー持ってフォトセッション!

2022ミス日本みどりの女神”成田愛純がチェーンソーを持ってフォトセッション

映画に登場する現役本物の木樵も登壇!

ドキュメンタリー映画『木樵』が、10月1日(土)よりCINEX、名演小劇場にて先行公開、10月14日(金)より全国順次公開。この度、本作の完成に伴い「完成披露トークイベント」を、9月28日(水)に衆議院第二議員会館にて開催しました。

イベントには、岐阜県下呂市の木樵の父の背中を見て育った本作の監督である宮﨑政記、本作に登場する現役本物の“木樵”の一人である澤和宏、また「2022ミス日本みどりの女神」の成田愛純が登壇。

一旦は林業不況の中で父の跡を継ぐことを断念して30年後、再び山と生きる木樵たちと再会し彼らの生き様を映像に残すべく密着し、“木樵”は山を守っているということを知ってほしい、日本の森林保護推進につなげたいという一途な思いで本作を制作した宮﨑監督がその熱い想いを語り、さらにチェーンソーを取り扱える資格を持つ成田愛純は、安全性を高めたKIKORI用チェーンソースーツを着用して登壇、フォトセッションではKIKORI必需品ともいえる“チェーンソー”を持ち、フォトセッションに挑みました。

2022ミス日本みどりの女神”成田愛純がチェーンソーを持ってフォトセッション

成田、若者世代に緑の重要性を!

「ミス日本みどりの女神」の成田は、今作を観た感想について「私はこの映画を拝見する前に、宮﨑監督から実際のお父様が木樵をされていたという話を聞いて、その姿を見て育った監督自身がカメラを回されていると知った上で拝見したんですけど、やっぱり映画の迫力というものをすごく感じましたし、この映画自体の意味をとても考えられるような作品だったなと思います」と話し、「ミス日本みどりの女神」の活動については、「緑の女神として1年間、森林や林業の現場で実際に足を運んでお話を聞いたり、私達世代の10代20代の若者世代に、緑の重要性を知ってもらうということを考えて発信をしています。主に、緑の募金の活動のお声掛けや、植樹祭や育樹祭にも参加をさせていただいています」と説明。

2022ミス日本みどりの女神”成田愛純がチェーンソーを持ってフォトセッション

いろいろな活動をしている成田だが、この日はチェーンソーから守る通さない素材で作られている「チェーンソースーツ」を着用してイベントに登壇。

成田自身、チェーンソーを取り扱える資格を持っており、イベントでは澤が自前で持参したチェーンソーを持ち上げ、カッコよくポージングを見せる一幕も。

2022ミス日本みどりの女神”成田愛純がチェーンソーを持ってフォトセッション

取り扱いには危険が伴うチェーンソーだが、それについては澤も「特にチェーンソーは危険で、ソーチェーンという、その刃が一番危険になります。キックバックといって刃の先に物が当たると跳ね返ってくるんです。そういうことがあるので、顔や腕など怪我をする人が多くいるので、とても危険なもの。講習などをきちんと指導を受けて、使うことが大切」だと説いた。

タイトルの「木樵」について話が及ぶと宮﨑監督は「実は私も驚いたんですが、林業白書に“木樵”という言葉が載っていないんです。そのかわりなんていう言葉で代用しているかというと“林業従事者”。そういう意味でも、今回の映画はその“木樵”という名前も、ぜひ復活させたいなと。普通に使うようになってほしいなという思いも込めて、『木樵』というタイトルにしました」と、タイトルへ込めた強い思いも吐露。

2022ミス日本みどりの女神”成田愛純がチェーンソーを持ってフォトセッション

また、「この『木樵』というタイトルは、愛する女房が書いたものをそのまま使っています。その辺も含めて観てください」と呼びかける。

多くの国会議員が参加した、この日のイベント。

最後に、国会議員の方々への希望をそれぞれ聞かれると、澤は「まず一つ目は、やはり木材の価格です。今ウッドショックで木材の価格というのは上がっていますけども、安定しない状態が続いておりますので、木材の価格の安定、そして海外の山に負けないようなシステムを作っていただきたいなと思っています。二つ目は森の整備。全く支援がないというわけではありませんけれども、もっと手厚くしていただけたらなと。三つ目は、僕は独身で嫁がいないので、嫁が欲しいです(笑)」と語って会場の笑いを誘った。

2022ミス日本みどりの女神”成田愛純がチェーンソーを持ってフォトセッション

そして宮﨑監督は、「この映画をきっかけにして、山に興味を持ってもらいたいなと。木樵はどんな仕事をしているのか、その仕事の内容を知っていただきたい。映画でできるのはここまでです。その具体的な方法というのは、ここにいらっしゃっている議員の皆さんの力だと思います。これはもうお願いするしかないんですけど、山の整備の問題もそうです。ここから先は映画はできませんので、よろしくお願いします」と訴え、イベントは幕を閉じた。

2022ミス日本みどりの女神”成田愛純がチェーンソーを持ってフォトセッション

映画『木樵』作品情報

語り:近藤正臣
監督・撮影・編集: 宮﨑政記 プロデューサー:益田祐美子
出演:面家一男 澤和宏 瀧根清司 他
テーマ音楽:「久遠」日景健貴 横笛:雲龍
構成協力:大宮浩一 北里宇一郎
制作協力:山田貴敏 笠原木材㈱ 岐阜県 高山市 飛騨市
配給:平成プロジェクト 宣伝:ウフル/原麻里奈 宣伝協力:博報堂
協賛:日本特殊陶業 新東通信 イオスコーポレーション ワーリンク SURROUND 山翠社 高山信用金庫 名古屋木材
製作:2021「木樵」製作委員会
©︎2021「木樵」製作委員会 カラー/81分/ビスタ/2chステレオ/日本
公式サイト:http://kikori-movie.com/

10月1日(土)CINEX、名演小劇場 先行公開
10月14日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町他 全国順次公開

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  2. ここから始まる殺し屋生活。コイツら、全員めんどくせぇ!! 「ベイビーわるきゅーれ」「ある用務員」の…
  3. ‛最悪‘な本音が‛最高’の共感を呼び、世界が絶賛!新時代を生きるすべての人に贈る、恋と成長の物語 …
  4. これが天下の大将軍への第一歩だ―― 。信は、漂の想いを胸に初陣に挑む! 原泰久の人気漫画を実写化…
  5. たのしいこともさびしいこともーあみ子が教えてくれるのは、私たちが“かつて見ていたはずの世界” 芥川…
  6. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  7. きっと、誰かに伝えたい。劇場だからこそ味わえる“観るアウトドア”がここにある。 あfろの人気コ…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
映画『グリーンバレット』【初日舞台挨拶】
ページ上部へ戻る