『ビブリア古書堂の事件手帖』初日舞台挨拶に豪華キャストが集結!黒木華 野村周平 成田凌 夏帆 東出昌大 三島有紀子監督

2018年11月1日(木)東京都千代田区にあるTOHOシネマズ日比谷スクリーン12にて、『ビブリア古書堂の事件手帖』初日舞台挨拶が行われ、主演の黒木華さん、野村周平さんをはじめ成田凌さん、夏帆さん、東出昌大さん、そして三島有紀子監督が登壇されました。
本作は、鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂を舞台に、店主・篠川栞子(しのかわ しおりこ)が古書にまつわる数々の謎と秘密を解き明かしていく国民的大ベストセラー、三上延・著「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズ。その実写映画化となる『ビブリア古書堂の事件手帖』が遂に本日11月1日(木)に公開となりました。イベントには、極度の人見知りだが驚くべき本の知識と優れた洞察力で古書にまつわる謎を解き明かす、若く美しいビブリア古書堂店主・篠川栞子役の黒木華さん、彼女に魅せられて店を手伝うことになる五浦大輔役の野村周平さん。さらに、漫画専門のネット販売を行う同業者で、栞子たちに関わっていくことになる稲垣役の成田凌さん、大輔の祖母・五浦絹子の若き日を演じた夏帆さん、絹子に惹かれる小説家志望の田中嘉雄役の東出昌大さん、そして本作のメガホンを取った三島有紀子監督が登壇しました。

―上映後舞台挨拶のためネタバレ注意―

司会:まずは皆さんから一言ずつご挨拶!

黒木さん:こうして沢山の方にお越しいただき、初日を無事に迎えられて嬉しく思います。
野村さん:おはようございます。本日はお日柄もよく、素晴らしい公開初日となりまして、今日から沢山の方に観ていただき、ドキドキしながら皆さんの感想を待っています。

成田さん:初日に足を運んでいただきありがとうございます。上映後ということで、心なしか冷ややかな視線を感じておりますが…すみませんでした。短い時間ですが、楽しんでください。
夏帆さん:初日の皆さんにお会いできて嬉しく思います。宜しくお願い致します。
東出さん:本日はお集りいただきありがとうございます。これから色々なクロストークをできればと思います。
三島監督:この作品の企画が始まったのが4年くらい前ですかね。そこから4年をかけて今日やって皆さんに観ていただけて、産み落とすことができました。沢山の方に立ち会っていただけて幸せです。

司会:まず黒木さん、栞子を演じてみて感想は?
黒木さん
:本の知識と推理力が凄いということだったので、謎解きの部分で台詞をスラスラと言わなくちゃいけなかったり、読み聞かせの部分で本の内容を理解したうえで、相手に伝えなきゃいけないという所が難しかったなと思います。

司会:栞子の特徴は?
黒木さん
:見た目の癖だったり、喋り方だったりは監督と相談させていただいたんですけど、三上さんの本の中でイメージがあると思うので、それをどこまで守っていけばいいのか、そういう部分はすごく悩みましたかね。

司会:野村さんは本が読めないトラウマを抱えた大輔を演じていかがでしたか?
野村さん
:僕は比較的自分に近い役柄をやらせていただいたので、楽しかったですけど。監督からはずっと「大輔は太陽みたいな人間だから、野村君も太陽みたいにいてください」と言われ、現場で太陽みたいにしていたら「うるさい!」って怒られました。
(会場笑)
理不尽ですよね。

司会:監督そうだったんですか?
三島監督
:そうですね。あったかい、太陽みたいにみんなの心をほぐして明るくするような人でいて欲しいと言ったつもりだったんですけど、なんだか灼熱の太陽に…
(会場笑)
野村さん:すみませんでした。

司会:続いて成田さんは今回の役柄を演じていかがでしたか?
成田さん
:僕は割と形から入った感じですね、ファッション含めて。衣装合わせに行った時に僕がたまたまYohji Yamamotoを着ていったら、監督は「あっ、ほらー」ってみんなに言っていて、Yohji Yamamotoの雰囲気で今日もそれできました。ちょっと稲垣に寄せました。

司会:今まで演じてきた役柄と稲垣は違いは感じましたか?
成田さん:どうなんですかね。落ち着いてできたかなと、楽しかったです。でも、監督と飲んだ時に「得意なところと苦手なところがはっきりしてるね」って言われたのはすごく覚えています。

…このお話の続きは楽屋で。

司会:夏帆さんは若き日の絹子を演じていかがでしたか?
夏帆さん
:役柄というよりも、過去から現代へ本を通して想いが伝わるっていうのが一つこの映画の大きなテーマだと思うんですけど、ちゃんと現代にバトンを渡せるようにっていうのはすごく意識して大事にして演じました。

司会:あのシーンには胸を痛めた方も多いのではと思いますが、過去パートも素晴らしいですよね。ありがとうございます。東出さんはいかがでしたか?
東出さん
:今回は太宰ファンということで、太宰を劇中で人におすすめするシーンがあったので、三島監督からも「太宰と夏目漱石を読んできてください」と言われ、役得と言いますか、これは役のために絶対必要なんだと思いながら文学作品を読んでいるという時間がすごい良かったです。

司会:三島監督、素晴らしいキャストの皆さんがそろっています。
三島監督
:本当にそうですね。このキャストで撮れたことは宝物だったなと思います。
司会:特に観ていただきたいポイントは?
三島監督:このキャスト陣のお芝居を本当に繊細に撮ったつもりですので、繊細な部分まで含めて観ていただきたいなと思うのと、美術もロケ場所も天気も光の加減も、全て役者さんに良いお芝居をしてもらうための環境作りと空間作りで、その結果このような素晴らしいお芝居が撮れたのかなと思います。

その後、本によって人生が変わっていく本作にちなんで、登壇ゲストの人生を変えた人や出来事をそれぞれ披露してくださいました。さらに、「過去と現在の繋がり」をテーマとした本作にちなみ、登壇者が10年後の自分へのメッセージを披露!

黒木さん:好きな人たちと好きなことを。
野村さん:落ち着いてますか?
成田さん:体調管理しっかりな。
夏帆さん:健康第一
東出さん:最大何cmの岩魚釣った?
三島監督:生きてる?撮ってる?

最後にサプライズで原作者からのメッセージが書かれた特大アンカット本(劇中にも登場する、封が閉じられた本)が登場。開店を祝う“テープカット”ならぬ本の“アンカット”で本作の大ヒット公開を盛大にお祝いしました。

司会:最後に観客の皆さんにメッセージをお願いします。
野村さん:皆さんは先ほどご覧になっていただいて分かると思いますが、セットのこだわりとか、光とかの監督のこだわりが素晴らしいので、そういうところを観ていただきつつ、僕みたいに本をあまり読まないひとでも本の世界にどっぷり入っていける作品になっておりますので、是非たくさんの人にみていただければと思います。
黒木さん:初日という大事な日にこの映画を観にきてくださって本当にありがとうございます。本が過去と今、人と人を繋いでいくというあたりに私も感動を覚えておりますので、もしよろしければ近隣の人たちに「観た方が良いよ」「観たら?」みたいな感じでおすすめいただけたら幸せだなって思います。
三島監督:先ほど夏帆さんもおっしゃっていましたが、人の想いが届くってよく言葉では色んなところで目にする言葉ですけれども、本当に想いが届くってなんだか奇跡的なことだなっていつも思います。皆さんの想いが届いた瞬間を思い出して、帰っていただけたら幸せかなって思います。本日はありがとうございました。

キャスト、監督に会場から大きな拍手が送られる中、初日舞台挨拶は終了となりました。
映画『ビブリア古書堂の事件手帖』は本日11月1日より大ヒット上映中です。


■ 『ビブリア古書堂の事件手帖』予告編

【スタッフ】
原作:三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』(メディアワークス文庫/KADOKAWA 刊)
出演:黒木華 野村周平成田凌夏帆 東出昌大
監督:三島有紀子(『幼子われらに生まれ』『しあわせのパン』他)
脚本:渡部亮平、松井香奈

■ コピーライト
© 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会

■ 配給
20世紀フォックス映画、KADOKAWA

■ 原作情報
ビブリア古書店の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※
平均評価 3.0点 (2018年11月1日更新)
・原作のビブリア古書堂の雰囲気がそのまま再現されているような雰囲気が良かった。古書を巡り切ない悲恋物語が紐解かれていく過程がとてもドラマティックだった。
・原作の謎解きミステリーよりは、ある一冊の本を巡る過去と現在のエピソードが丁寧に描かれていた。太宰治や夏目漱石の本がキーとなっていて本好きならきっと楽しめると思う
この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメントは利用できません。

『ハッピーアイランド』

注目映画

  1. 4月6日公開 映画『12か月の未来図』 ■作品紹介 パリ郊外。 移民、貧困、学力低下―。フラン…
  2. 3月30日公開 映画『リヴァプール、最後の恋』 ■作品紹介 イギリスの俳優ピーター・ターナーが1…
  3. 映画『まく子』
    映画『まく子』 2019年3月15日(金)公開 最新情報 ・3/22:原作者西加奈子さんが描く…
  4. 2019年2月22日公開 映画『翔んで埼玉』 ■作品紹介 「テルマエ・ロマエ」シリーズの監督が…
  5. 4月5日公開 映画『麻雀放浪記2020』 ■作品紹介 【東京オ■■■■■■】中止!―なぜなら!第…
  6. 3月8日公開 映画『運び屋』 ■『運び屋』最新情報 ニュース:全米1億ドル突破の大ヒット作『運…
  7. 3月23日公開 映画『こどもしょくどう』 ■作品紹介 ◇子ども食堂について 先進国の中では突…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る