『「生きる」大川小学校 津波裁判を闘った人たち』劇場公開決定!「誰にも同じ思いを二度としてほしくない」と闘った親たちの生き様

『「生きる」大川小学校 津波裁判を闘った人たち』
©2022 PAO NETWORK INC.

2011年3月の東日本大震災で、学校で唯一、多数の犠牲者を出した宮城県石巻市の大川小学校。

「ただ真実が知りたい」という思いで親たちが記録を始め、のべ10年にわたる映像をドキュメンタリー映画としてまとめ上げた、寺田和弘監督の長編初監督作品『「生きる」大川小学校 津波裁判を闘った人たち』の劇場公開が決定、メインビジュアルが完成!

『「生きる」大川小学校 津波裁判を闘った人たち』

©2022 PAO NETWORK INC.

弁護団はたった2人の弁護士
親たちが“わが子の代理人”となり
裁判史上、画期的な判決にー

2011年3月11日に起こった東日本大震災で、宮城県石巻市の大川小学校では津波にのまれる形で全校児童の7割に相当する74人の児童(うち4人は未だ行方不明)と10人の教職員の命を失った。

地震発生から津波到達までには約51分、ラジオや行政の防災無線で情報は学校側にも伝わりスクールバスも待機していたにも関わらず、学校で唯一の多数の犠牲者を出した。

この惨事を引き起こした事実・理由を知りたいという親たちの切なる願いに対して、行政の対応には誠意が感じられず、その説明に嘘や隠ぺいがあると感じた一部の親たちは真実を求め、市と県に対して提訴に至った。

『「生きる」大川小学校 津波裁判を闘った人たち』

© 飯 考行

『「生きる」大川小学校 津波裁判を闘った人たち』

©2022 PAO NETWORK INC.

『「生きる」大川小学校 津波裁判を闘った人たち』

©2022 PAO NETWORK INC.

この裁判の代理人を務めたのは吉岡和弘、齋藤雅弘の両弁護士。わずか2人の弁護団で、「金がほしいのか」といわれのない誹謗中傷も浴びせられる中、原告となった親たちは事実上の代理人弁護士となり証拠集めに奔走する。裁判で最も辛かったのは子どもの命に値段をつけなければならないことだった。それを乗り越え5年にわたる裁判で「画期的」な判決を導く。

親たちがのべ10年にわたって記録した膨大な映像を寺田和弘監督が丁寧に構成・編集し、追加撮影もあわせて後世に残すべき珠玉の作品を作り上げた。

『「生きる」大川小学校 津波裁判を闘った人たち』

sub6:© 只野 英昭

『「生きる」大川小学校 津波裁判を闘った人たち』

©2022 PAO NETWORK INC.

『「生きる」大川小学校 津波裁判を闘った人たち』

©2022 PAO NETWORK INC.

寺田和弘監督コメント

「裁判なんてしたくなかった」これは原告となった遺族の声です。

なぜ遺族は裁判に踏み切らざるを得なかったのか。画期的と言われる仙台高裁判決を社会はどういかしていくのか。こうした思いから、「生きる」大川小学校津波裁判を闘った人たちを制作しました。

映画は、津波が大川小学校を襲った後、わが子を見つけるために保護者が必死になって駆けつけた、その日から始まります。「あの日何があったのか」「なぜわが子が学校で最期を迎えたのか」ただそれだけを知りたくて、石巻市教育委員会の説明会や事故検証委員会などに出席し、遺族は様子を記録し続けました。この映画は、遺族が撮影してきたその映像記録を軸に描いています。

この映画を通じて、裁判で闘わざるを得なかった遺族の苦悩、子どもが生きるはずであった人生を生きなければと葛藤し続け、前を向き始めた姿を知っていただきたいと思っています。共感しやすい感動的な奮闘ストーリーがある映画ではありません。起きた事実を記録しているため、見ていて、苦しく、つらい場面があるかも知れません。それでも「誰にも同じ思いを二度としてほしくない」と闘った親たちの生き様を、劇場で多くの方々と一緒に観ていただければ嬉しく思います。

映画『「生きる」大川小学校 津波裁判を闘った人たち』作品情報

監督:寺田和弘 プロデューサー:松本裕子 撮影:藤田和也、山口正芳 音効:宮本陽一
編集:加藤裕也 MA:髙梨智史 協力:大川小学校児童津波被災遺族原告団、吉岡和弘、齋藤雅弘
主題歌:「駆けて来てよ」(歌:廣瀬奏) バリアフリー版制作:NPOメディア・アクセス・サポートセンター 助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業) l独立行政法人日本芸術文化振興会
製作:(株)パオネットワーク 宣伝美術:追川恵子 配給:きろくびと 2022年/日本/カラー/124分
©︎2022 PAO NETWORK INC. 2022年文部科学省選定(青年•成人向き)  ikiru-okawafilm.com

2023.2.18(土)より新宿K’s cinemaにてロードショー!全国順次公開

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  2. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  3. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  4. トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編が誕生!…
  5. 映画沈黙のパレード,画像
    「ガリレオ」シリーズ最高傑作、誕生!! 福山雅治演じる、変人だけど天才的頭脳を持つ物理学者・湯川学…
  6. たのしいこともさびしいこともーあみ子が教えてくれるのは、私たちが“かつて見ていたはずの世界” 芥川…
  7. ‛最悪‘な本音が‛最高’の共感を呼び、世界が絶賛!新時代を生きるすべての人に贈る、恋と成長の物語 …

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
映画『グリーンバレット』【初日舞台挨拶】
ページ上部へ戻る