妊娠告知の直後に突きつけられる理不尽な現実、アンヌの選択とは?『あのこと』本編映像

フランス映画あのこと

ヴェネチア国際映画祭 ポン・ジュノ率いる審査員満場一致での金獅子賞受賞!ノーベル文学賞受賞作家、アニー・エルノーの実体験を基に描いた傑作小説『事件』を原作にした『あのこと』が12月2日(金)よりBunkamuraル・シネマ 他にて全国順次公開となります。

いつかは産みたいが、今 自分の未来を犠牲にすることはできない

労働者階級の家庭に生まれながら、頭脳明晰で将来が期待されている女子大生アンヌの人生が一転する出来事が起きる重要なシーンを解禁‼

YouTube:https://youtu.be/iQC5xdb2gh8

女子大生のアンヌは生理がこないことに僅かな不安を抱き、思い切ってかかりつけの病院で検診を受ける。

次々と投げかけられる医師の質問に、一瞬たりとも表情を崩さず嘘を交えながら答えるが、医師はあっさりと「妊娠してる」と告げ、アンヌは動揺する。

「何とかして」と詰め寄るアンヌに医師は、「無理な相談だ。私以外の医師でも違法行為になる」と中絶処置をきっぱり断り、さらに、追い打ちをかけるかのように「最悪の事態も起こり得る。毎月のように運を試して激痛で亡くなる女性がいる」と違法な中絶手術の危険性を突き付け――。

映画の舞台である1960年代のフランスでは、人工妊娠中絶は法律で禁止され、何らかの処置を受けた女性、それを施した医師や助産婦、さらに助言や斡旋した者までに、懲役と罰金が科せられていた。

世の中は<中絶>という言葉すら発することのできない空気に満ちており、人々は<あのこと>と暗に表現するしかなかった。映画の中でも直接的な言葉は使われず、アンヌが経験していることはタブーであることを示している。

誰にも助けを求めることができない爆弾を抱えながら、ひとり、明るい未来を守り抜く方法を探っていくアンヌについて、オードレイ・ディヴァン監督は「彼女は戦争に向かう兵士なのです彼女には世界を相手にする準備ができている。地に足を着け、まっすぐ前を見つめ、反逆者としての地位と、社会から重荷を背負わされることの意味を受け入れなければならないから」と説明している。

理不尽な運命を辿るアンヌの旅路の行方は一体―――。

映画『あのこと』作品情報

あらすじ・ストーリー・ネタバレ

1960年代、中絶が違法だったフランス。大学生のアンヌは予期せぬ妊娠をするが、学位と未来のために今は産めない。選択肢は1つー。
アンヌの毎日は輝いていた。貧しい労働者階級に生まれたが、飛びぬけた知性と努力で大学に進学し、未来を約束する学位にも手が届こうとしていた。ところが、大切な試験を前に妊娠が発覚し、狼狽する。中絶は違法の60年代フランスで、アンヌはあらゆる解決策に挑むのだが──。

監督:オードレイ・ディヴァン 出演:アナマリア・ヴァルトロメイ『ヴィオレッタ』、サンドリーヌ・ボネール『仕立て屋の恋』
原作:アニー・エルノー「事件」 配給:ギャガ 2021/フランス映画/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/100分/翻訳:丸山垂穂
© 2021 RECTANGLE PRODUCTIONS – FRANCE 3 CINÉMA – WILD BUNCH – SRAB FILM
https://gaga.ne.jp/anokoto/

Twitter @anokoto_movie

12月2日(金)、Bunkamuraル・シネマ他 全国順次ロードショー

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 世界の映画祭で絶賛された真実の物語 それでも、生きていく。 生存者証言を参考に、北朝鮮強制収容所…
  2. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  3. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  4. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 …
  5. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  6. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  7. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る