人権週間に高校生と共に“誘拐ビジネスの闇”と”人間の尊厳“を考える!

知られざるメキシコの誘拐ビジネスの闇に迫り、我が子の奪還を誓った母親の、想像を絶する愛と執念の物語『母の聖戦』が、2023年1月20日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国ロードショーいたします。

この度、本作で映画長編デビューを果たしたテオドラ・アナ・ミハイ監督と、メキシコの行方不明者問題や麻薬カルテルに詳しい非常勤講師の山本昭代氏都立西高の生徒との特別授業を開催いたしました。(監督はオンラインでの参加)
年間約6万件(推定)の誘拐事件が発生するメキシコを舞台に描かれた、このセンセーショナルにして骨太な社会派ドラマは、決して裕福ではない庶民が犯罪組織に搾取され、警察にも取り合ってもらえない非情な現実を描き出します。多くの庶民が組織の報復を恐れて泣き寝入りを強いられている現状には、警察や政府への賄賂や汚職が深く関係しているといいます。
12月4日~12月10日の人権週間にちなみ、本作を観て“人間の尊厳”とはどういうことなのかを話し合う特別授業を都立西高等学校教員協力の下、実施いたしました。

「この映画のように石を投げ続けること、議論を続けることが大事」

この日はおよそ20名の生徒と、20名の保護者が来場。まずはひとりの男子生徒が「普段、自分が暮らしている日本とメキシコには大きな違いがあるなと思ってショッキングでもあったんですが、そもそもどうしてメキシコの環境に興味を持ってこの題材を描こうと思ったんですか?」と尋ねると、ミハイ監督は「わたしは10代の時にアメリカに留学したんですが、カリフォルニアにはラテン系の人たちが多く住んでいて。メキシコ人の友だちも多くいたんで、メキシコに行く機会もありました。当時のメキシコはセキュリティもしっかりしていて、安心して旅行ができるところだったんですが、2012年にメキシコに行った時には、外に出かけてもいいけど危険だから夜7時までには戻ってきてと言われて、市民の日常が変わってしまったことを知りました」とコメント。

さらに映画についてリサーチをする中で、娘を誘拐されたとある女性に出会ったという。「その女性は取材で印象的な言葉を残していたんです。『毎朝、目覚めたときに人を殺すか、自殺をするか考えてしまう』と。その女性は殺し屋とか危険な職業についているわけではない、ごく普通のお母さんがいったいどうしてそう考えてしまうに至ったのかと衝撃を受け、母親の視点で描こうと決めたんです」というミハイ監督は、「最初は誘拐された娘を探す彼女についてのドキュメンタリー映画を作ろうとしていました。しかし2週間撮影したところで中断せざるを得なかった。撮影隊4人にそれぞれ護衛をつけなくてはならないほど危険だったからです。しかもモデルになった女性を、ドキュメンタリーを撮ることで危険にさらしてはいけない。そこでフィクションの劇映画を作ることにしたんです」とその経緯を説明。だがミハイ監督が「ただ、そのモデルの女性はその後、自宅前でカルテルによって銃撃され殺されてしまいました」と厳しい現実を突きつけると、思わず言葉を失ってしまう会場内。

そんな中、ひとりの生徒が「そういう状況なのは、国の経済力の弱さがあるのかなと思ったのですが」と指摘すると、「国の力とか、政治に注目した質問というのは面白いですね。いい視点だと思います」と笑顔を見せたミハイ監督。「ただこれは非常に複雑な要素がからみあっています。メキシコでも都市部では非常に発達したエリアがたくさんあります。ただ地方に目をやると、地方ではまだまだ貧しい共同体があります。カルテルはそうした部分につけ込むわけです。つまり彼らからの仕事によって、貧しい人たちは生き延びられるということ。このカルテルの影響力を消すためには、本来は国のインフラとか教育といったところをきちんと改善していかなればならないわけですが、ものごとはそう単純にもいかないのです」と語るミハイ監督。

そして「この映画の取材のために、メキシコの若者たちに、将来は何になりたい?と聞いたんです。すると麻薬密売人、もしくはその恋人になりたいという答えが返ってきて。わたしはショックを受けましたね」と切り出したミハイ監督は、「若者がカルテルに入るということは人生が短くなるということ。だいたい5、6年で刑務所に入るか、殺されてしまうという運命をたどりますが、それでも若者たちはお金をたくさん与えてくれるカルテルに惹かれてしまうわけです」とメキシコの現状を説明する。

さらに「その現状を変えるためには革命しかないんでしょうか?どんなことが必要?」という声に、「これも興味深い質問ですね」とミハイ監督。「わたしは映画作家なので、これに対して明確な答えは出せないんですが、確かに革命というのもひとつの答えかもしれません。ただこの映画はフェミニスト的な視点で女性を描いたわけですが、これは男性にも関わる問題でもあるわけです。この作品は5月にメキシコでも公開されて、誘拐の問題にも関心が寄せられるようにはなりました。ですが、反響はあったんですが、残念ながら社会に変化が起きたわけではなかった。ただ、この映画のように石を投げ続けること、議論を続けることが大事じゃないかと思っています。それによって、政治家たちの優先事項が変わって、こうした問題に真剣に取り組むようになっていくのではないかと期待しています」。

そんなミハイ監督に「高校生がアクションを起こすために必要な物はありますか?」という問いかけも。それには「やはり10代の時期にはいろいろなことを学んで共感力を培うこと、他の人に感情移入できるような人間になることが大事だと思います。その助けになるのが芸術、アートなわけです。映画というのはその芸術の中の一部でしかないですが、映画というのは皆さんにとって鏡のようなものだと思います。そこに映るのはさまざまな世界の状況、人間の条件、それは国や文化を超えて、人間が普遍的に覚える感情や、人間の問題。そういったものを鏡として示すことができるのが映画だと思うんです。だからこの映画を観て、自分に何ができるんだろうと思う時点で、皆さんは世界市民への一歩を踏み出しているんだと思います。グローバリゼーションというのは、自分の国で起こったことが、他の地域にも影響を及ぼすということ。個人でできる変革はとても小さなものですが、例え小さくても、社会を良くするんだという気持ちを心がけていれば、ひいては全体に影響するんじゃないかと願っています」とアドバイスを送り、学生とのQ&Aを締めくくった。

ミハイ監督の退出後は、慶応義塾大学非常勤講師の山本昭代先生によるメキシコの現状を説明する講義を実施。メキシコにおける誘拐ビジネスの現状、それが成り立つ条件、実は女性や子どもよりも、金銭のやりとりが直接できる成人男性の方が誘拐される割合が多いといった意外なデータや、犯罪組織との癒着を指摘される警察組織の現状など、本作を鑑賞するにあたっての基礎知識となる背景について詳しく解説。さらに本作のモデルとなった女性の活動や、実際にメキシコで起きた事件の実例なども紹介。学生たちも熱心に耳を傾けていた。

映画『母の聖戦』は1月20日(金)より全国ロードショー。

『母の聖戦』予告編映像

あらすじ

メキシコ北部の町で暮らすシングルマザー、シエロのひとり娘である十代の少女ラウラが犯罪組織に誘拐された。冷酷な脅迫者の要求に従い、20万ペソの身代金を支払っても、ラウラは帰ってこない。警察に相談しても相手にしてもらえないシエロは、自力で娘を取り戻すことを胸に誓い、犯罪組織の調査に乗り出す。そのさなか、軍のパトロール部隊を率いるラマルケ中尉と協力関係を結び、組織に関する情報を提供したシエロは、誘拐ビジネスの闇の血生臭い実態を目の当たりにしていく。人生観が一変するほどのおぞましい経験に打ち震えながらも、行方知れずの最愛の娘を捜し続けるシエロは、いかなる真実をたぐり寄せるのか……。

キャスト

アルセリア・ラミレス、アルバロ・ゲレロ、アジェレン・ムソ、ホルヘ・A・ヒメネス

監督

テオドラ・アナ・ミハイ

製作

ハンス・エヴァラエル

共同製作

ハンス・エヴァラエル

配給:ハーク
公式HP:https:// www.hark3.com/haha
© MENUETTO FILM, ONE FOR THE ROAD,LES FILMS DU FLEUVE, MOBRA FILMS,TEOREMA All rights Reserved.

1月20日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、
YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 …
  2. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  3. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  4. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  5. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  6. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  7. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る