波打ち際で映画とライブを満喫!

齊藤工発案 『cinéma bird(移動映画館) in 沖縄 2018

■概要
齊藤工発案『cinéma bird(移動映画館) in 沖縄 2018』が11月10日(土)に沖縄県うるま市の伊計島にて開催。
・アーティストCharaのライブや齊藤工自身制作を行った『映画の妖精 フィルとムー』など3本の映画無料上映を実施。
・トークでは、齊藤工が上映作『ワンダー 君は太陽』を今年のベストムービーと絶賛。
・映画『スワロウテイル』で共演したChara伊藤歩がセッションを披露。

齊藤工発案 『cinéma bird(移動映画館) in 沖縄 2018

齊藤工発案 『cinéma bird(移動映画館) in 沖縄 2018 伊藤歩 Chara

■ニュース
11月10日(土)、沖縄県うるま市の伊計島にて、俳優の齊藤工発案による『cinéma bird(移動映画館) in 沖縄 2018』が開催された。本プロジェクトは、劇場体験の少ない子供たちや劇場のない地域の方々に、同じ空間で感動を共有する劇場体験を届けることを目的として開催するもの。過去には宮城県石巻市、福島県広野町、大分県豊後大野市、福島県南相馬市、熊本県山鹿市で開催、今回は第6回目となるが、7月に一度、台風の影響で中止となり、今回、満を持しての開催となった。
沖縄らしい心地よい気候と天気に恵まれた本会場の伊計ビーチには、巨大なスクリーンとライブステージが設置。すでに100人ほどのお客様が列を作り待っていたが、開場とともにウェルカムライブで齊藤工自身がお客様をお出迎えするという粋な演出で盛り上げた。映画を上映する前に、このプロジェクトで既にお馴染みの永野や、ミラクルひかる、そして今回、初参戦となったカミナリによるお笑いライブが行われ、家族連れやカップルで来ているお客様も大満足の様子。また、波の音と一緒に、齊藤工、アーティスト・古賀小由実(こがさゆみ)と豪起(ごうき)の3人による“cinema birds”によるゆるやかな音楽ライブも行われた。また、プロジェクト初期にはボランティアとしても参加していたという女優・伊藤歩も歌声を披露。沖縄にちなんだ楽曲に、お客様の肩も自然と揺れ、軽快な齊藤のトークと共にゆっくりとした時が流れていた。
この日は、齊藤工自身制作を行った『映画の妖精 フィルとムー』をはじめ、3本の映画を昼の部と夜の部の2回に分け参加費無料で上映。2部全体で限定800人の観客が来場した。アーティストのCharaによるライブも行われ、彼女の織り成す世界観と波の音がマッチし、会場は完全にリラックスモードに。イベントの最後には、ゲストが揃って出口でお客様と握手とハイタッチを交わし、一人一人を丁寧に送り出すなど、最後の最後まで心のこもったおもてなしとなった。

■齊藤工コメント(本プロジェクト発案)
(冒頭ウェルカムライブ中に)本当に皆さん、今日は目白押しのイベントですので、楽しんでください。”伊計祭り”とも呼べるイベントにしたいと思っています。沖縄に来て、沖縄の唄を唄えるってすごい嬉しいです。(海風で楽譜が飛びそうになると)こういうのも逆に良いですよね。楽譜が飛んじゃったら、フリーライブで行きましょう(笑)。(お笑いライブが始まると)永野さんとミラクルひかるさんは、もうレギュラーで出てもらっていますよね、カミナリさんが今回初参戦となりますが、永野さんの事務所の後輩なんですよね。実は僕もグレープカンパニーさん(永野、カミナリが所属)に所属しているんですよ。覆面芸人【人印(ピットイン)】として(笑)。以前永野さんの営業のライブにこっそり一緒に出させてもらった事があって。お客さんが8人だったから、びっくりしましたよ。本当に鍛えられました(笑)。(伊藤歩とのトークで)伊藤さんはこの企画の初期の頃、ボランティアとして参加してくださった事もあって。そしたら、その後にまさかのドラマ「昼顔」で夫婦役で骨肉の争いをするというね(笑)。(映画の上映前に)どうしても権利の問題などで映画が上映できなかったり、色んな弊害がある国もあるんです。マダガスカルに関しては、”映画”という文化自体が無くて。初めて子供たちが目にする映像はどんなものなんだろう、と考えて作ったのがこの『映画の妖精 フィルとムー』なんです。『ワンダー 君は太陽』は今年の僕のベストムービーですね。この映画に説明は不要です。『ベイビー・ドライバー』は、伊計ビーチの波の音にも負けないこんな音楽映画を上映したら最高に気持ち良いだろうな、と。沖縄での開催におけるイメージ映画となった作品です。(上映終了後、Charaのライブを終えて)今のCharaさんのライブを聞いていて、今日一日のこの空間、この時間が細胞の一つ一つに染み込んでしくような、どこか皆さんの身体の一部になっているんじゃないかな、と。後ろから見ていて、皆さんの背中越しにCharaさんの歌っている姿が見えて、なんて贅沢なんだろうと思っていました。皆さんそれぞれの贅沢があると思うんですけど、僕にとっては、これが最高の心の贅沢だな、と思いますね。地元の方々がこの企画を受け入れてくれて、テクニカルスタッフもほとんど沖縄の方なんです。僕らが持ち込んだのは、映画の素材とゲストの方々と”自分たちも楽しみたい“という思いだけ。あとはここにいる皆さんが完成させてくれました。「終わらなければ良いのに」という時間を過ごさせて頂きました。

齊藤工発案 『cinéma bird(移動映画館) in 沖縄 2018

■ゲスト 伊藤歩(女優)コメント
実は7月の中止になってしまったとき、前乗りをしていたのが工さんと二人きりだったんです。テレビで「昼顔」をオンエアした二日後なので(ドラマの続きかのように)沖縄までついてきてしまって、もはやホラー映画みたいだよね、と(笑)。(もし開催する事になったら、)演出でそれを使うしかないね、なんて話していましたよね。沖縄は年に1~2回来るくらい好きで、昨日も隣りの大泊(おおとまり)ビーチで素潜りしてきました。13メートル?くらい潜りますね。一昨日は名護の方でスキューバダイビングをしていたんです。(Charaとのセッション時)初めてCharaさんに会ったのは、私が中3の時ですね。Charaさんがグリコ役で、私がアゲハ役で。(『スワロウテイル』)アゲハはグリコに憧れて歌ったのが、今日ここで久しぶりに出会った、そんな感じですね。私、アゲハチョウになりました(笑)

齊藤工発案 『cinéma bird(移動映画館) in 沖縄 2018 伊藤歩

■Chara コメント
波の音が良い感じですね。ちょっと眠くなっちゃいますね(笑)今日はみんなのキャンプファイヤーの炎になれれば良いなと思っています。(伊藤歩がセッションで合流後)歩は海が好きでよく潜るんだよね。昨日は潜ったの?私は海面の上の方で浮いているシュノーケリングが好き。今日結成して、今日解散になっちゃうのかな、私たち。出会いは20年以上前だよね、岩井俊二監督の『スワロウテイル』で。今日、本当に晴れて良かったです。工くん雨男だって聞いてたから(笑)

齊藤工発案 『cinéma bird(移動映画館) in 沖縄 2018 Chara

■「cinéma bird(移動映画館)」とは?
小さな島々を含め日本中から映画館が減っています。震災などによって映画館がなくなってしまった地域もあります。劇場体験をしないまま大人になっていく子供達。劇場で映画を見ることがなくなってしまった大人達。cinéma birdはそんな地域の人たちに同じ空間で感動を共有する大切さを伝えるために映画+ライブというフェスティバルのような体験を鳥のように自由に届けるプロジェクトです。

齊藤工発案 『cinéma bird(移動映画館) in 沖縄 2018

■2017 cinéma bird KUMAMOTOより

公式HP:http://cinemabird.com/
公式Twitter:https://twitter.com/cinema_bird
公式facebook:https://www.facebook.com/cinemabird/
主催: cinéma bird実行委員会 協力:沖縄テレビ放送 株式会社
企画/制作: 株式会社 W TOKYO、株式会社KIDS-COASTER

関連記事

コメントは利用できません。

注目映画

  1. 新海誠監督最新作! 7月19日公開 映画『天気の子』 ■イントロダクション 全世界待望 ― …
  2. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 ■…
  3. 8月16日公開 映画『ダンスウィズミー』 ■イントロダクション 『ウォーターボーイズ』『ハッピー…
  4. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  5. 三谷幸喜監督最新作! 9月13日公開 映画『記憶にございません!』 ■イントロダクション 三…
  6. 8月30日(金)公開 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 ■最新情報 【レポ…
  7. 9月6日公開 映画『台風家族』 ■作品紹介 草彅剛(くさなぎつよし)主演、『箱入り息子の恋』の市…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る