クイーンが愛した日本で伝説のチャンピオンに!大ヒットNO.1オープニング発進

映画『ボヘミアン・ラプソディ』大ヒットスタート!クイーンが愛した日本で伝説のチャンピオンに!大ヒットNO.1オープニング発進

【ニュース】
伝説のバンド<クイーン>。常識を打ち破り世界を変えたフレディ・マーキュリーの生き様を、魂に響く28の名曲と共に贈る感動の物語『ボヘミアン・ラプソディ』がついに11月9日(金)に日本公開を迎えました。11月8日(木)18:00から前夜特別上映が始まり、11月9日(金)から全国438館で封切られ、週末3日間(11/9~11/11)累計動員338,299人、興行収入4億8,698万円を達成し、堂々日本No.1チャンピオンに!『グレイテスト・ショーマン』(興収53億円)のオープニング3日間対比96%、『レ・ミゼラブル』(興収58億円)の129%を記録し、都心の劇場では満席回が続出、日本を完全ロック・ユー!する絶好調スタートを切った。

客層はクイーン世代だけに留まらず、20代~40代のカップル・夫婦、クイーン世代の親子なども来館し、幅広い年齢層を獲得。男女比は50:50。終映後には感動で目を真っ赤にして出てくる女性も数多く見られた。観客、メディアともに評価が非常に高く、Yahoo!映画レビューでは『グレイテスト・ショーマン』4.33を上回る驚異の★4.75(5点満点中)の高得点を獲得。ライヴ・エイドのラスト21分間で号泣、全身鳥肌、胸アツ、今年ベスト1などの絶賛ツイートがSNS上にあふれた。エンドロールでは誰一人席を立たず、上映後に拍手が起こっているとのツイートも多く発信された。

11月11日付けiTunesアルバムランキングでは、「ボヘミアン・ラプソディ」オリジナル・サウンドトラックが第1位に、「QUEEN Jewels」クイーンが2位に、「Greatest Hits」クイーンが4位にエントリー。クイーンが愛した日本でクイーン旋風が巻き起こっている。世界各国78ケ国で公開され、全米では興収1億ドルを突破!全世界興収2億8527万ドル(約253億円)を突破。英国では3週目で興収累計3,817万ドル(約43億円)を稼ぎ出し、2週目の韓国では先週の公開週末より驚異の144%アップを記録し興収1,460万ドル(約16億円)、オランダでは20世紀フォックス映画史上最大のオープニングを樹立。韓国を含むスペイン、オランダ、インドネシア、フィリピンの5ケ国では先週末よりも上回る興収を達成。現在世界35ケ国でNO.1ランキングを独走中。

先週はクイーンを演じた主演3人が揃って来日し、ジャパン・プレミア、記者会見を行い、“胸アツ”応援上映終映後にはサプライズ登壇し、日本のファンを熱狂させた。ツアー最終地であるクイーンの聖地日本での第三次クイーンブームはまさに今始まったばかりだ。

■ 映画『ボヘミアン・ラプソディ』予告動画


■ キャスト
ラミ・マレック (『ショート・ターム』)
ジョセフ・マゼロ (『サイモン・バーチ』『マイ・フレンド・フォーエバー』)
ベン・ハーディ
グウィリム・リー
ルーシー・ボイトン (『フェブラリィ 悪霊館』『ミス・ポター』)
■スタッフ
【監督】
ブライアン・シンガー (『X-MEN: アポカリプス』『X-MEN:フューチャー&パスト』『ジャックと天空の巨人』『ワルキューレ』)
【音楽プロデューサー】
ブライアン・メイ
ロジャー・テイラー

■ 公開情報
2018年11月9日

■ 公式サイト
http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

■ コピーライト
©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

友だち追加
コメントは利用できません。

注目映画

  1. 映画『劇場』,画像,松岡茉優,山﨑賢人
    芥川賞作家・又吉直樹が描く“初の恋愛小説”を行定勲監督が実写化! 作家・又吉直樹が芥川賞受賞作品と…
  2. 君が世界のはじまり,画像
    ブルーハーツの名曲が劇中歌に! 高校生たちの言葉にできない心の叫びが溢れ出す 映画『君が世界のは…
  3. WEB用_コンフィデンスマンJP プリンセス編
    今度のオサカナは史上ダントツ最大!? 資産10兆円のシンガポールのウルトラスーパーリッチ! 映画…
  4. 海底47m 古代マヤの死の迷宮,画像
    神秘の海底マヤ遺跡の罠 盲目のサメ 洞窟崩落 消えた出口 潮流トラップ 500 年ぶりの生贄は、…
  5. ぶあいそうな手紙,画像
    人間、最後の最後までわからない。 「手紙の代読と代筆」からストーリーが動きだす。 可笑しくて温か…
  6. WAR ウォー!!,画像
    『サーホー』を抜いて2019年、インド国内興行収入第1位!! 全米をはじめ、世界30ヶ国で大ヒット…
  7. 海辺の映画館,画像
    “ねぇ、映画で僕らの未来変えて見ようよ――” 映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』 1938年広…

アナ雪2!最高のエンタメを自宅で!

4月22日(水)からレンタル配信スタート!

主題歌
「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

新着コメント

ページ上部へ戻る