アジア三面鏡2018 舞台挨拶 松永大司監督 長谷川博己 ナンダーミャッアウン

10月26日(金)東京都港区のTOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催された第31回東京国際映画祭で、『アジア三面鏡2018:Journey』のワールドプレミア上映が行われました。上映前には監督、キャストが登壇し、会場に集まった観客に向け一言ずつメッセージが送られました。

アジア三面鏡2018:Journey ワールドプレミア舞台挨拶

司会:このプロジェクトは一つのテーマを基に3人のアジアの監督がオムニバス映画を作るプロジェクトで、特にスタッフ・キャストが色々な国の方々が交じり合っているプロジェクトになります。第二弾となる今回は“旅”をテーマに中国、ミャンマー、そして日本を旅する人々を描いています。それではゲストの皆さんにご登壇いただきましょう。

まず、『海』からデグナー監督、女優のチェン・ジンさん、女優のゴン・チェさんです。
続いて、『碧朱』から松永大司監督、俳優の長谷川博己さん、女優のナンダーミャッアウンさんです。
そして最後に『第三の変数』からエドウィン監督、俳優のニコラス・サプットゥラさん、女優のアグニ・プラティスタさん、俳優のオカ・アンタラさんです。

それではみなさんから一言ずつお願いします。

アジア三面鏡2018:Journey 『海』(デグナー監督)

アジア三面鏡2018:Journey 『海』(左から)デグナー監督、チェン・ジンさん、ゴン・チェさん

『海』(左から)デグナー監督、チェン・ジンさん、ゴン・チェさん

アジア三面鏡2018:Journey 『海』デグナー監督デグナー監督:こんにちは、デグナーです。この作品は私にとって最初の短編となります。お気に召していただければ幸いです。

アジア三面鏡2018:Journey 『海』チェン・ジンチェン・ジンさん:こんにちは、俳優のチェン・ジンです。私はこの作品の中で母親の役を務めています。

アジア三面鏡2018:Journey 『海』ゴン・チェゴン・チェさん:こんにちは、同じく俳優のゴン・チェです。私は娘の役を演じています。この作品を楽しんでいただければ幸いです。

アジア三面鏡2018:Journey『碧朱』(松永大司監督)

アジア三面鏡2018:Journey『碧朱』(左から)松永大司監督、長谷川博己さん、ナンダーミャッアウンさん

『碧朱』(左から)松永大司監督、長谷川博己さん、ナンダーミャッアウンさん

アジア三面鏡2018:Journey『碧朱』松永大司監督松永大司監督:こんにちは、『碧朱』を監督しました松永です。ここに登壇している監督、キャストとともにこのような作品を作れたことを幸せに思います。個性豊かな三作品になっていますので、楽しんでください。

アジア三面鏡2018:Journey『碧朱』長谷川博己長谷川博己さん:長谷川博己です。さっきの記者会見でみんな喋りまくって、本当は30分のところが1時間半くらいになってしまいました。裏で「何も喋らないで!」と言われてしまったので、何も喋りません(笑)楽しんでいってください。

アジア三面鏡2018:Journey『碧朱』ナンダーミャッアウンナンダーミャッアウンさん:ミャンマーの女優でナンダーミャッアウンです。この映画で演じる機会をいただきとても光栄です。

アジア三面鏡2018:Journey『第三の変数』(エドウィン監督)

アジア三面鏡2018:Journey『第三の変数』(左から)エドウィン監督、ニコラス・サプットゥラさん、アグニ・プラティスタさん、オカ・アンタラさん、

『第三の変数』(左から)エドウィン監督、ニコラス・サプットゥラさん、アグニ・プラティスタさん、オカ・アンタラさん

アジア三面鏡2018:Journey『第三の変数』エドウィン監督エドウィン監督:インドネシアから来ましたエドウィンです。三作品目の『第三の変数』を監督しています。皆さんにこの場で観ていただけることが嬉しいですし、東京で一緒に撮影をしたクルーの人たちに観てもらえることも嬉しいです。

アジア三面鏡2018:Journey『第三の変数』ニコラス・サプットゥラニコラス・サプットゥラさん:この作品に出演して、ここで撮影したみんなに観てもらえること、そしてここに集まってくださった皆さんに観ていただけることをとても楽しみにしています。

アジア三面鏡2018:Journey『第三の変数』アグニ・プラティスタさんアグニ・プラティスタさん:セカール役を演じました。わたしたちが映画を作ったのと同じように、皆さんがこの作品を観ることを楽しんでいただけたら嬉しく思います。

アジア三面鏡2018:Journey『第三の変数』オカ・アンタラさんオカ・アンタラさん:はじめて東京国際映画祭に参加し、このように皆さんに温かく迎えていただけることをとても嬉しく思います。この映画を楽しんでください。


この後、フォトセッションが行われ舞台挨拶は終了となりました。
作品に込めた想いなどは記者会見のレポートに掲載しますので、乞うご期待ください。



関連記事

コメントは利用できません。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』(4K・ステレオ版)

注目映画

  1. ■作品紹介 裕福なアメリカ人夫婦に、知的演技派のオスカー女優トニ・コレットと、伝説的なキャリアを持…
  2. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  3. ■ストーリー 雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青…
  4. ■ 作品紹介 新宿・歌舞伎町を舞台に繰り広げられる、男たちの熾烈なスカウト戦争を描いた物語。夜にな…
  5. ■作品紹介 塚本晋也監督が挑む 初の時代劇 250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否…
  6. 映画『来る』 2018年12月7日(金)公開 目次 イントロダクション …
  7. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る