映画『家族のはなし』公開記念トークショーオフィシャルレポート

映画『家族のはなし』公開記念トークショーオフィシャルレポート

鉄拳のパラパラ漫画 岡田将生主演で待望の映画化!
原作者・鉄拳「パラパラ漫画を深堀した物語になっている」

【ニュース】
映画公開を記念し、原作者・鉄拳によるトークショーを実施いたしました。映画の撮影秘話や、リンゴの食べ比べ、ファン参加のプレゼント争奪ゲームや、鉄拳によるリンゴお渡し会で開場は盛り上がりました。

【日時】11月18日(日)
【場所】銀座NAGANO (中央区銀座5丁目6-5 NOCOビル2F)
【登壇】鉄拳、銀座NAGANO所長 小山浩一

本作は2013年に長野県出身の鉄拳と信濃毎日新聞との企画として発表されたパラパラ漫画が原作で、こちらの原作は、第17回「アジア太平洋広告祭」でフィルム部門・プレス部門をW受賞し、各所で話題を集めた原作を映画化。リンゴ農園を営む両親とその息子の物語で、様々な挫折を経て家族の温かさを再発見しながら成長していく、心温まる感動作。原作者の鉄拳はアートディレクターとして映画にも参加し、映画のために新たに描き下ろしたパラパラ漫画と実写との融合も見どころの一つとなっている。

この度銀座NAGANOにて行われたトークイベントに、長野出身で本作の原作・鉄拳が登場。トークイベントは苦手だと漏らす鉄拳は「面白いこと言える自信がないので、変な空気になったらネタをやります」と挨拶し、さっそく会場の笑いを誘った。MCを務める銀座NAGANO所長の小山氏が今年の4月に所長に着任したことを知り、その前の月に本館でイベントをしていたという鉄拳は「僕の方が先輩ですね、僕が司会進行もしましょうか?」と和やかな雰囲気でイベントはスタート。

公開前に一足先に映画を観た小山氏は、「予告編だけでもグッときますが、この映画ほんとにやばいです。涙ぐんじゃって、最後はウルウルきてしまいました」と感動したことを鉄拳に伝えた。

パラパラ漫画について鉄拳は「長野県で発行されている信濃毎日新聞とコラボしましょうという話で、“ふるさとを思い出してもらいたい“という企画で『家族のはなし』を作ることになった」と本作の原作ともなったパラパラ漫画誕生のきっかけを明かした。父のメッセージのシーンに注目してほしいようで「製作過程でいろいろとアイディアが出てきたが、パラパラ漫画ならではのクライマックスになっている」と熱く語った。また第17回「アジア太平洋広告祭」でフィルム部門・プレス部門をW受賞したことについては、「新聞社の機械で撮影させてくれて、その映像がとてもきれいだった。僕の努力というよりも信濃毎日新聞さんの頑張りのおかげです」と感謝を忘れなかった。

映画化されたことについては「10分くらいのパラパラ漫画が一時間を超える映画になるのは大丈夫かな」と心配していたそうだが、「映画を観たら全然大丈夫で、パラパラ漫画にはない成海璃子が演じるキャラクターだったり、サイドストーリーも色々あって、平面で進んでいくパラパラ漫画を深堀りした物語になっていた。とてもいい作品になっていた」と太鼓判を押しつつも、「このパラパラ漫画は2か月かけて作ったんですけど、映画は1週間で出来上がったそうで、悔しいですね」とエピソードを披露し笑いが起こった。主演を務めた岡田将生さんの画像を見ながらイラストを書いていたが、実際本人を見た時は「想像以上にかっこよくて」とかなり衝撃を受けたようだ。

上京したての頃によく実家から大量のリンゴが送られてきたようで、「なんで一人暮らしの僕にこんなにたくさんのリンゴを送ってくるんだろう」と当時は感謝の気持ちすらなかったことを告白。「芸人として売れ始めてから、年も取ったからか、親のありがたみを分かるようになった。今では感謝の気持ちをきちんと伝えている」と明かした。少し会場がしんみりとした雰囲気になったことを感じ取った鉄拳がすがさず用意してきたネタを披露。“過去にこんなことがあった人は僕と同類です”というテーマで、さまざまなイラストが描かれたページをめくる度に、うなずいて拍手したり、笑いが起こったりで会場はこの日1番の盛り上がりをみせた。

長野産のリンゴを3種類出され、それぞれ「酸味が凄い!すももみたいです」「これはよく食べるリンゴの味です」「このリンゴ甘いです」と食レポするも、あまりにも普通のコメントに、思わず「食レポは苦手なんです」と謝罪、長野出身者が多いおかげか、温かい拍手が沸き起こった。
最後に「凄い派手な映画ではないんですけども、人間味溢れるジーンとくる話になってます。みなさんご家族お揃いで来てください」と映画をPR。詰めかけたお客さん一人一人に鉄拳が手渡しでリンゴをプレゼントするなど、映画同様温かい雰囲気でトークイベントは幕を閉じた。


■ 作品紹介
この物語は、リンゴ農園を営む両親とその息子との物語。

ある挫折をきっかけに自分の進むべき道を失った彼は両親の元を離れ、東京で仕送りを受けながら、大学生活の傍ら、バンドに熱中し、プロを目指すようになる。

さまざまな挫折を経て家族の温かさを再発見しながら成長していく、人生を必死に生きる主人公とそれをそっと支える両親とのせつなくも心温まるストーリー。

■ 予告動画

■ キャスト
岡田将生 (『銀魂2 掟は破るためにこそある』『伊藤くん A to E』)
成海璃子 (『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『無伴奏』『神童』)
金子大地 (『わたしに××しなさい!』『台風のノルダ』)
佐藤寛太 (『走れ!T校バスケット部』『青夏 きみに恋した30日』『わたしに××しなさい!』『恋と嘘』)
水田信二
渡辺憲吉 (『神童』『アルゼンチンババア』)
財前直見 (『パーフェクトワールド 君といる奇跡』『BEST GUY』)
時任三郎 (『サバイバルファミリー』『グッドモーニングショー』『すべては君に逢えたから』)
■スタッフ
監督:山本剛義
原作:鉄拳
脚本:青塚美穂

■ 公開情報
2018年11月23日

■ 公式サイト
http://kazokunohanashi.official-movie.com/

■ コピーライト
©「家族のはなし」製作委員会




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

友だち追加

コメント

注目映画

  1. WEB用_コンフィデンスマンJP プリンセス編
    今度のオサカナは史上ダントツ最大!? 資産10兆円のシンガポールのウルトラスーパーリッチ! 映画…
  2. WAR ウォー!!,画像
    『サーホー』を抜いて2019年、インド国内興行収入第1位!! 全米をはじめ、世界30ヶ国で大ヒット…
  3. ライド・ライク・ア・ガール,画像
    前人未到の栄冠を手にした女性騎手の努力と挫折を重ねた半生を描く 映画『ライド・ライク・ア・ガール』…
  4. 海底47m 古代マヤの死の迷宮,画像
    神秘の海底マヤ遺跡の罠 盲目のサメ 洞窟崩落 消えた出口 潮流トラップ 500 年ぶりの生贄は、…
  5. ぶあいそうな手紙,画像
    人間、最後の最後までわからない。 「手紙の代読と代筆」からストーリーが動きだす。 可笑しくて温か…
  6. 映画『劇場』,画像,松岡茉優,山﨑賢人
    芥川賞作家・又吉直樹が描く“初の恋愛小説”を行定勲監督が実写化! 作家・又吉直樹が芥川賞受賞作品と…
  7. 海辺の映画館,画像
    “ねぇ、映画で僕らの未来変えて見ようよ――” 映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』 1938年広…

アナ雪2!最高のエンタメを自宅で!

4月22日(水)からレンタル配信スタート!

主題歌
「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

新着コメント

ページ上部へ戻る