刀剣男士 一挙集結の完成披露上映会 開催決定!!実写化作品映画『映画刀剣乱舞』

刀剣男士 一挙集結の完成披露上映会 開催決定!!実写化作品映画『映画刀剣乱舞』

平成最後の年末は、刀剣乱舞で狂喜乱舞!!
刀剣男士 一挙集結の完成披露上映会 開催決定!!

【ニュース】
名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」。2015年のリリースから、これまでにアニメ2本、ミュージカル、舞台など数多くのメディアミックスを成功させ、2018年紅白歌合戦にミュージカル『刀剣乱舞』出演も決定した大人気コンテンツを原案に制作された、初の実写化作品『映画刀剣乱舞』が、2019年1月18日(金)に公開する。

注目の刀剣男士のキャストには、三日月宗近役に鈴木拡樹、山姥切国広役に荒牧慶彦、薬研藤四郎役に北村諒、へし切長谷部役に和田雅成、日本号役に岩永洋昭、骨喰藤四郎役に定本楓馬、不動行光役に椎名鯛造、そして鶯丸役の廣瀬智紀ら、舞台を中心に活躍する若手実力派俳優たちが名を連ねる。さらに追加キャストとして、様々な映画や舞台、大河ドラマやミュージカルなど、あらゆる方面で活躍している実力派俳優の2人、山本耕史と八嶋智人の出演。山本は、絢爛豪華な部屋と服に包まれ、豪快で凄みのある立ち居振る舞いで天下統一を狙う織田信長役として、安定感のある演技を発揮。また、八嶋も織田信長を支える家臣ながら、後に天下統一を成し遂げる羽柴秀吉役を熱演。この超実力派俳優と刀剣男士たちとの共演で、どのような化学反応が引き起こされるのか必見だ。

そしてこの度、本作の完成披露上映会が、12月27日(木)に開催決定!初のイベントとなる当日は、主演を務める鈴木拡樹をはじめ、荒牧慶彦、北村諒、和田雅成、岩永洋昭、定本楓馬、椎名鯛造、廣瀬智紀と、本作に登場する刀剣男士が大集結する舞台挨拶も予定している!チケットに関しては、公式サイト(http://touken-movie2019.jp/)をチェックしていただきたい。

さらに、12月14日(金)に発売となる第三弾ムビチケカードのビジュアルも解禁!第一弾の〈三日月宗近〉、〈日本号〉、〈鶯丸〉、第二弾の〈山姥切国広〉、〈へし切長谷部〉、〈骨喰藤四郎〉に続き、第三弾として、〈薬研藤四郎〉、〈不動行光〉、〈8振り集合ビジュアル〉の3種類が解禁。今回で遂に映画に登場する8振りが勢揃いした形となった。年末にかけてどんどん勢いを増す“刀剣乱舞”が日本の冬を締めくくります。

『映画刀剣乱舞』完成披露上映会 概要
【日時】12月27日(木)19:30~(上映後舞台挨拶)
【場所】TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SC7
【登壇者】鈴木拡樹・荒牧慶彦・北村諒・和田雅成・岩永洋昭・定本楓馬・椎名鯛造・廣瀬智紀、耶雲哉治監督(予定)
【料金】2,000円(ムビチケ、各種割引券等使用不可) ※プレミアシート類はプラスオン料金にて販売
【チケットの申し込み】受付:https://pia.jp/v/touken18m/
【抽選申し込み受付期間】12/15(土)11:00~12/18(火)23:59

■ 原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
■ 監督:耶雲哉治
■ 脚本:小林靖子
■ 配給:東宝映像事業部
■ コピーライト:©2019「映画刀剣乱舞」製作委員会 ©2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus
■ 公式サイト:touken-movie2019.jp





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  2. 6月1日公開 映画『メモリーズ・オブ・サマー』 ■作品紹介 それは、ぼくが子どもでいられた最…
  3. 6月15日公開 映画『さよなら、退屈なレオニー』 ■作品紹介 2018年カナダでスマッシュヒット…
  4. 5月11日公開 映画『青の帰り道』 ■イントロダクション もしも僕が天才だったら。 7人の若者…
  5. 6月8日公開 映画『月極オトコトモダチ』 ■イントロダクション きっかけはレンタル。彼と私の…
  6. 6月14日公開 映画『ガラスの城の約束』 ■作品紹介 「自分らしく生きる幸せ」を教えてくれた…
  7. 凪待ち
    6月28日公開 映画『凪待ち』 ■イントロダクション 誰が殺したのか?なぜ殺したのか?愚か者た…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る