話題作「ヌヌ子の聖★戦」は女子大生とホームレスの話になるはずだった!?活弁シネマ倶楽部

「ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~」深川栄洋 進藤丈広

話題作「ヌヌ子の聖★戦」は女子大生とホームレスの話になるはずだった!?活弁シネマ倶楽部

12月14日(金)20時から、“映画を語る”新番組「活弁シネマ倶楽部」第4回が放送された。本番組は、“映画を語る”楽しさを提供し、映画業界を新たな側面から盛り上げていく番組である。今回の紹介作品は、原宿竹下通りを愛し、双子コーデを楽しむ二人の女子の物語を描いた「ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~」(以下、「ヌヌ子の聖★戦」)。本作は、深川栄洋が初のプロデューサー業を務め、メガホンをとったのが、こちらも監督デビューとなる進藤丈広である。W主演の吉田凜音と久間田琳加も本作が主演デビュー作であり、”デビュー”づくしな作品「ヌヌ子の聖★戦」。活弁シネマ倶楽部では、深川氏と進藤監督をゲストに招き、企画立案の話から撮影現場での様子までじっくりと語られている。また、主演の二人からゲスト二人へのメッセージも用意され、当時の印象などが紹介された。MCは、石井隼人氏が務めた。

番組は、「ヌヌ子の聖★戦」が誕生した裏側についてからスタート。プロデューサーを務めた深川氏は、以前から若手監督のために映画を企画することを考えていたという。「狼少女」で単館映画館から監督デビューした自身の経験から、単館映画は「お金で映画を作る」というよりも「才能で映画を作る」ことをしていたと語る。進藤監督との出会いをきっかけに、その土壌を守っていこうと「ヌヌ子の聖★戦」の制作へと至った。
進藤監督は、深川氏が監督を務めた『神様のカルテ』などをはじめとして、数多くの作品に助監督として携わっていた。もとより、監督デビューを考えており、今回深川監督に才能を見出され、「ヌヌ子の聖★戦」でメガホンをとる事になった。深川氏は、進藤監督について固有の面白さを持っているとして「優秀な助監督じゃなかった。キャラ立ちするほうの助監督だった。懐に入り込む器用さがある。」とその個性を評価。進藤監督が制作した自主映画を見て、進藤監督の相手をくすぐるような面白さが反映されていると感じ、本作の監督へと抜擢したという。

「ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~」深川栄洋 進藤丈広

左:進藤監督、右:深川プロデューサー

「ヌヌ子の聖★戦」は女子大生とホームレスの話になるはずだった!?

「ヌヌ子の聖★戦」の企画は、進藤監督の良さを活かす形で起草し、当時の構想では”女子大生とホームレス”がテーマだったというが、単館映画に特化しすぎているのではないかとも感じたという。もっと多くの人に見てもらえる要素を考え、知人の女の子にどんな映画を観るか尋ねたところ「にこるんが出ているなら見に行く」と、モデルの藤田ニコルが出演しているなら映画館まで足を運ぶことを告げられ、その足で雑誌「Popteen(ポップティーン)」を購入、”双子コーデ”を知ったと語る。進藤監督に、ファッションを映画の柱にすることを考えてみないか?と話し、完成間近だった”女子大生とホームレス”の話から”双子コーデ”の映画へと企画が転換した瞬間だったという。

映画の中にファッション要素を取り込む上で、女優でモデルの本田翼がスタイリストとして映画に参加している。深川氏は、もともと、一部キャストとしての出演を打診したというが「(深川)監督と同じところでこの映画に携わりたい」と言われ、さらには「(深川)監督、原宿のこと知らないでしょ?」と言われたと、笑い混じりに語った。

進藤監督の怪しい趣味が発覚!?職権乱用疑惑も浮上か…

また、番組内ではW主演の吉田と久間田からゲスト二人に、様々な質問に答える形でメッセージが用意され、印象的なエピソードとして、ビンタの練習を進藤監督の顔でさせてもらったことを挙げた。進藤監督は、ビンタをしたことがない二人が思い切り演技できるように、「監督の顔でもできるなら、本番もできるだろう」と考えたと語るが、深川氏は「そういう趣味がある」と進藤監督をいじり、MCの石井氏からは「職権乱用じゃなくて?」と言われ、スタジオを沸かせた。

「ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~」深川栄洋 進藤丈広

深川氏と進藤監督が出演した「活弁シネマ倶楽部」は、様々な切り口で、様々な人が“映画を語る”ことで、映画の新たな楽しさを発信するトーク番組。番組タイトルにもなっている「活動弁士」は、映画の上映中、映画を自由闊達に語り、表現し、解説をすることを生業とする人たちである。本番組では、活動弁士の精神をそのまま受け継ぎ、映画に関わる様々な人をゲストに迎え、制作陣の想いや映画の知られざる一面など、様々な角度から映画を掘り下げていく。
現在は、WEB配信での特別番組という扱いだが、今後も定期的に配信されるという。WEB番組であるため、今後は生配信の可能性もあるとのことで、映画好きにとっては、必見の番組になる予感。

活弁シネマ倶楽部


FRESH LIVE:https://freshlive.tv/katsuben_cinema/255102
「活弁シネマ倶楽部」公式ツイッター:@katsuben_cinema

「ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~」

2018年11月16日(金)より全国公開
出演者:吉田凜音 久間田琳加 中山咲月 糸瀬七葉 横田真悠 西岡徳馬
企画・プロデュース:深川栄洋
監督:進藤丈広
公式HP:http://nunuko.com/
ヌヌ子の聖★戦_吉田凜音_久間田琳加あらすじ
原宿で大人気の双子コーデカリスマ「ヌヌ子」として活動している、三好里奈と田原葵。二人の仲の良さは折り紙付き、何をやるにも一緒、どこへ行くにもいつも一緒だった。三好里奈はルックスが抜群に良く、現実主義な女の子。一方葵は元気いっぱい、夢に向かって全力、ちょっと空回りな女の子。
2人のヌヌ子としての活動は、原宿の不思議な年齢不詳・職業不詳の芸能ブローカー的な存在、ハイジの引き合わせで、人気バンド「オリオン」のミュージックビデオに出演することが決まり、順調に見えた。
ヌヌ子の聖★戦_吉田凜音_久間田琳加しかし、MV が映像として完成した時、そこに写っていたのは、ほとんど三好里奈だった・・・
ずっと一緒、ずっと仲良し、ずっと同じ夢「ヌヌ子」に向かって戦ってきた 2 人の間に、いずれ大きく2人の間に立ちはだかる壁となってしまう、不穏な空気がただよっていく。
追い打ちをかけるように、圧倒的カリスマモデル、清美サリーが所属する芸能事務所に一人だけスカウトされた里奈。
対照に葵は何をするにも空回り。夢と現実とのギャップ、里奈と自分とのギャップに苦しんでいく。
一方で里奈は、単なるモデルとして美貌を誇るだけではなく、「世界を変える」と豪語する圧倒的カリスマモデル清美サリーと自分を比較し、自信を無くしていく・・・
ヌヌ子として一緒に行動することは、ほとんどなくなっていった。

大切なものは何か、自分とは何か・・・
純粋だった女の子たちが、社会の荒波にもまれ、いろいろな壁にぶち当たり、悩み、戦っていく。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


『クリード 炎の宿敵』特別映像

注目映画

  1. ■イントロダクション 鹿野靖明、34歳。札幌在住。幼少の頃から難病の筋ジストロフィーを患い、体で動…
  2. 映画『この道』 2019年1月11日(金)公開 目次 イントロダクション …
  3. CREED II クリード 炎の宿敵
    2019年1月11日公開 映画『クリード 炎の宿敵』 ■イントロダクション ロッキー4/炎の友情…
  4. 2019年1月18日公開 映画『チワワちゃん』 ■作品紹介 友だちの死をきっかけに揺れる若者た…
  5. 1月18日公開 映画『マスカレード・ホテル』 目次 イントロダクション …
  6. 2019年1月25日公開 映画『ジュリアン』 ■イントロダクション フランス映画界の新しい才能…
  7. 2019年1月18日公開 映画『映画刀剣乱舞』 ■イントロダクション 原案は、名立たる刀剣が戦…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る