映画『ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~』注目の若手モノマネ芸人ハリウリサ登壇イベント

映画『ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~』注目の若手モノマネ芸人ハリウリサ登壇イベント

【ニュース】
世界を熱狂させた、アメリカ・ポップシーン史上最高の歌姫ホイットニー・ヒューストン。その知られざる素顔に迫るドキュメンタリー映画『ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~』が2019年1月4日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなります。

公開を記念して、ダウンタウンの浜田さんのモノマネで有名な、モノマネ芸人のハリウリサさんとドラッグクイーンのヴィヴィアン佐藤さん登壇の公開記念イベントを実施いたしました。十八番であるホイットニー・ヒューストンのモノマネでクリスマスの夜空へホイットニーの名曲を歌い上げました。

【日時】12月25日(火)18:00開場/18:30開演
【場所】スペースFS汐留(東京都港区東新橋1-1-16汐留FSビル)
【登壇者】ハリウリサ、ヴィヴィアン佐藤

世界を熱狂させた、アメリカ・ポップシーン史上最高の歌姫ホイットニー・ヒューストン。その知られざる素顔に迫るドキュメンタリー映画『ホイットニー~オールウェイズ・ラブ・ユー~』が2019年1月4日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーとなります。その公開に先駆けて、12月25日(火曜)にはスペースFS汐留で、ダウンタウン浜田さんのモノマネでお馴染みのモノマネ芸人ハリウリサさんと、ドラァグクイーンのヴィヴィアン佐藤さんを招いた公開記念イベントを実施しました。

会場にやってきたハリウリサさんはホイットニーのコスプレ姿で登場。ホイットニーのモノマネをしたきっかけについて「高校生の時に、趣味でボイストレーニングに通っていたんですが、わたしのお母さんがフィリピン人で、ハーフということなら洋楽も歌いなよと言われて。それで『オールウェイズ・ラブ・ユー』を歌うことになったんです。最初はこんな難しいのは歌えないだろうと思っていたんですけど、そこから自然とモノマネをするようになりました」と述懐。ヴィヴィアンさんも「マドンナやレディー・ガガもそうだけど、ビジュアル面で踊りがあったり、PVが凝っていたり、ということでモノマネする人は多かったんですけど、ホイットニーをモノマネする人はあまりいなかったですよね。もちろん彼女はMTV世代だし、美しい人だったわけですけど、ダンスは多少やっている程度だったから。だからモノマネはされなかったのかもしれませんね」と続けました。

1993年生まれのハリウリサさんは、『ボディーガード』(1992)が世間を席巻している当時を知らないとのことでしたが、それでもホイットニーの歌声には魅了されたと言います。そんなホイットニーの人生を描いたドキュメンタリー映画となる本作について「2時間でホイットニーさんの人生すべてが詰まっていたので。表から見えることもそうですし、裏の素顔も映し出されていたんで、見応えがあります」と感じたそう。

さらに「彼女の人生なんですが、アメリカの歴史ともオーバーラップしていて。ケヴィン・マクドナルド監督はなかなかの手腕を発揮しているなと思いました」と感心した様子をみせるヴィヴィアンさんも「彼女の主演作『ボディガード』がこの映画で重要な役割を果たしているんです。サントラも史上最大のセールスを記録するんですけど、そこで彼女の人生は頂点を迎えました。でもそこから影が出てくるんですよね」としみじみ。また、「彼女はもともと教会で歌っていた人なんで、圧倒的に歌がすごいんですよ。新宿2丁目界隈ではディーバ系の歌手が絶大なる人気を誇っているんで、もちろんホイットニーも人気がありますよね」とホイットニーさんがゲイカルチャーにも高い支持を集めていることを明かします。

そしてその後はハリウリサさんが、十八番である「オールウェイズ・ラブ・ユー」を披露。「真面目に歌います」と宣言した通り、伸びのある歌声が会場を包み込み、クリスマスの夜をしっとりと彩りました。





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


『女の機嫌の直し方』

注目映画

  1. 6月7日公開 映画『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』 ■作品紹介 インドの貧困…
  2. 6月8日公開 映画『月極オトコトモダチ』 ■イントロダクション きっかけはレンタル。彼と私の…
  3. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  4. 5月11日公開 映画『青の帰り道』 ■イントロダクション もしも僕が天才だったら。 7人の…
  5. 6月7日公開 映画『海獣の子供』 ■イントロダクション あなたは<生命誕生の物語>を目の当たりに…
  6. 映画『チア男子!!』
    ■ 最新情報 ・横浜流星、中尾暢樹らブレイカーズメンバー全員が初日舞台に登場!映画『チア男子!!』…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る