ピーター・バラカン氏 マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!

ピーター・バラカン氏が
『マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!』の魅力を徹底解説!

12月26日(水)東京都渋谷区のユーロライブにて、1月5日公開『マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!』のSTAR CHANNEL MOVIES presents 公開記念トークイベントが行われ、本作の字幕監修を担当したピーター・バラカン氏のトークイベントが開催されました。
本作は、『ハンナとその姉妹』『サイダーハウス・ルール』で2度のアカデミー賞🄬を手にし、近年は『バットマン』シリーズなどで活躍する英国の大スター、マイケル・ケインがナビゲーターとなり、彼を育てた60年代のロンドンの新鮮の輝きを体感できる貴重な映像コラージュ集となっています。自ら製作総指揮も担当したケインは、絶妙なプレゼンテーションを展開。『アルフィー』や『ズール戦争』といった60年代の出演作やテレビのインタビュー番組をはじめとする若き日のケインの映像と撮りおろしによる現在の映像を交互に出すことで、その時代観がリアルに伝わる作品になっています。

バラカン氏が青春時代のロンドンを振り返る

奥浜氏:本日はイギリス映画『マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!』の特別試写会にお越しくださいまして、有難うございます。進行を務めます奥浜レイラと申します、よろしくお願いいたします。作品をご覧いただいた通り、ミニスカートのロングヘア、ロックンロールなど、はじめて未来が若者たちによって作られ、今なお影響を与え続けているUKストリートカルチャー“スウィンギング・ロンドン”の誕生と貴重な楽曲フェーズ満載で描くドキュメンタリー映画ということで皆様お楽しみいただけたかと思います。今日は本作の字幕監修にあたられましたブロードキャスターのピーター・バラカンさんをお招きしましてお話を伺っていきたいと思います。ご挨拶を一言お願いします。
※スウィンギング・ロンドン:Swinging-Sixtiesとも呼ばれ、音楽・ファッション・映画など若者文化が開花し、ロンドン全体が活気に溢れた1960年代のこと。

バラカン氏:こんばんは!ピーター・バラカンです。最初にお伝えしておきたいのですが、亀渕(昭信)さんが(この映画のチラシに)書いたことは冗談です(笑)

奥浜氏:チラシをご覧いただいた方には、「これを見ればピーター・バラカンになれる」ってコメントがありましたけど、どうぞよろしくお願いいたします(笑)。本作の字幕監修をご担当されたわけですが、まずは本作をご覧いただいた感想から率直に伺ってもよろしいでしょうか?

バラカン氏:僕の青春時代ですから、まずは何とも言えない懐かしさがありました。それと同時に、自分が子供だった時代のものですから、今この歳でその時代をもう一度この映画を通して見直すことができるということで、見え方は微妙にまた変わってきますし、当時自分も意識していなかった社会の変革の部分も色々なるほど・・・と思うことが結構ありました。

奥浜氏:ロンドンでお生まれになったんですよね?

バラカン氏:そうです、僕は生まれも育ちもロンドンです。

奥浜氏:1950年代にお生まれになって、1960年代は10代?

バラカン氏:そうです、1951年生まれですから、ビートルズがデビューした1962年の時は11歳ですね。この映画はだいたい1963~4年ぐらいから1960年代の終わりまで描いていますから、僕の中学・高校の時代にあたります。

奥浜氏:当時のことを思い返されてみて、当時のロンドンの街はどのように映っていましたか?

バラカン氏:映画の冒頭で、終戦直後の質素で貧しい時代も描かれているので、あれよりは多少は復帰していますけども、まだまだ素朴でしたね。僕が生まれた1951年、まぁ赤ちゃんの時はさすがに覚えていませんけど、1950年代半ばぐらい、例えば家で初めてテレビを買ったのが1956年ぐらいだったと思うんですけど、あの時代はまだまだね、道路で遊べる時代だったし、映画に出てくる子供たちよりはあそこまで汚くはなかったと思いますけど(笑)、あのぐらいの素朴な感じがまだまだ残っていましたね。

奥浜氏:素朴な街だったんですね、そこからまた1960年代皆さんにご覧いただいたようにほんとに若者が集まるようになり・・・

バラカン氏:生まれ変わったかのようになりましたね、1964~5年ぐらいになると。

奥浜氏:本作未公開映像が満載でした。

バラカン氏:ほんとに未公開というのが多いですから、そのほとんどが多分テレビのために撮影されたものではないかと思います。台本とプロデューサーとしてもクレジットされているディック・クレメントとイワン・ラ・フレネっていう二人がいますけど、彼らはあの当時のバラエティとかコメディのテレビ番組の台本をいっぱい描いていた人たちで、当時もテレビを見ていた頃に何回もその名前が出てくるんですが、数十年ぶりにあの二人の名前を一緒に見たらそれだけでもすごい懐かしさでした。

奥浜氏:そのお二人は、当時はどのような番組に出ていたんですか?

バラカン氏:コメディの方が多かったと思います。毎週放映されるようなコメディドラマみたいな番組ですね。

奥浜氏:マイケル・ケインが今回ナビゲーターとして出ていますし、制作にも関わっているということですが、ピーターさんが観て、珍しい映像だなと思ったのはどの辺ですか?

Cockney actor Michael Caine, who starred in such classic British films as ‘Alfie’ and ‘Get Carter’. (Photo by Stephan C Archetti/Getty Images)

バラカン氏:珍しいかどうか分からないけど、60年代のあの時代をすごく如実にとらえている映像が多くて、しかもカット割りがすごく早いんですよ。僕は字幕の作業をしているから、DVDで4回くらい観たんですけど、それでもね、昨日、直前にもう一度見た方がいいと思ってね、やっと「あっそっか、このカットがあれだったのか!」と。ポール・マッカートニーがね、“ストーンズをリッチモンドで見た”っていう話をしていて、その(映像の)後にほんの1秒ぐらいですけど、ストーンズがコンサートをした会場の入口が写るんです。それがフィンズベリー・パーク・アストリア(Finsbury Park Astoria)っていう所で、僕が中学生の時にいつもコンサートを見ていた所で、まさにそのコンサートを見ていたんですよ。だからDVDで(本作を)観てるとね、ポーズ(一時停止)ができるからちょっと待てよって。ちょうどクリスマスで娘がロンドンに住んでいるんですけど、帰ってきていて一緒に観たんですよ、昨日。彼女はフィンズベリー・パーク(Finsbury Park)のすぐ近くに住んでいるから、ほらあそこわかるでしょ?って、「あっ、ほんとだ!」って。すみません、非常にパーソナルな話題で(笑)。

イギリス人は口を開けば誰かに嫌われる!?階級社会を解説

奥浜氏:懐かしさも感じられた瞬間だったんですね、ほんと観ていて驚いたのは、これだけイギリスというのが労働者階級に対して根深い差別意識みたいなものがあったというのが・・・

バラカン氏:差別というかね、階級社会なんですねイギリスって、未だにかなりそうなんですけど。あの時代はもっともっとそうで、イギリス人なら誰でもそれを当たり前にしていた時代なんですね。モンティ・パイソンのジョン・クリーズと3人が並んだシーンがありますよね?あとの二人は、真ん中がコメディアンとして有名な漫画家のロニー・バーカー(Ronnie Barker)で、ちっちゃい人はロニー・コーベ(Ronnie Corbett)っていうんですけど、二人ともロニーですからツー・ロニーズ(The two Ronnies)っていって、番組を永くやっていたコンビなんですね。漫才コンビみたいなものなんですけど、上流階級、中産階級、労働者階級、それぞれ一番下の身分をわきまえています、っていう凄いイギリスらしいやりとりが(映像で)出てくるんですけど、それがまさに当時のイギリスの社会を現していた、そういう感じなんですね。
ピーター・バラカン氏 マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!

奥浜氏:他にも、階級社会と言葉のアクセントがとても密接につながっていたというのがこれを見るまであんまり深く考えたことがなかったです

バラカン氏:イギリスというのはそれがどこの国よりも強いかもしれませんね、格言というほどじゃないけど、イギリス人は口を開けば誰かに嫌われるというのがあります。要するに口を開けばアクセントがすぐにわかる、そのアクセントによって自分がどの階級の人間か、どういう出身の人間なのかすぐにわかるから、誰かをそれで嫌うというよりも判断する。それが差別と言えば差別なのかもしれませんけど、その代わり僕が日本に20代で来たら、そういうものはもちろん標準語と地方のアクセントがいろいろあるんですが、それよりも日本人は初めて会う人はだいたい5分もしないうちに、お互いどこの大学を卒業したかで探り合うんですね。それで同じような優劣というか上下関係を何となく判断している感じ。それはどこの国でも同じようなことをやっている、って思いましたね(笑)。
デイヴィッド・ベイリーが言っていたのかな、“ビートルズが“スウィンギング・ロンドン”を作ったのではなくて、ロンドンがビートルズを作った”というのは、部分的には当たっていると言えるのかも知れませんけど、でもやっぱりいろんな分野の中で音楽は一番力を持っていると思うんですね。人の潜在意識に働きかける効果を音楽は持っていますから。ビートルズの影響力はものすごかったですね。彼らがリバプールの地方アクセントでずっと唄っていたし、インタビューの喋りも全部リバプールのアクセントでしたから。それまではね、そういう明らかに労働者階級の人がヒーローになりたいということを、後にジョン・レノンのワーキング・クラス・ヒーロー(Working Class Hero:1970年)という曲にありましたけれど、まさにそういう感じだったんですね。それによって、人々の価値観というのがだいぶ変わりました。逆に普通の中層階級で、いわゆる標準語みたいな話し方をする人たちが、わざわざ労働者階級のベランメー調で喋ったりすることが多くなったんですよ、そっちの方がカッコよくなった。

UNITED KINGDOM – JULY 11: THANK YOUR LUCKY STARS Photo of BEATLES and Paul McCARTNEY, with The Beatles, tuning up Hofner 500/1 violin bass guitar on set at Teddington Studios (Photo by David Redfern/Redferns)

奥浜氏:価値観まで変えてしまったんですね。その後またオアシスが出てきたり、労働者階級のミュージシャンがカッコイイとされるのは続いてますね?

バラカン氏:オアシスはどうかわからないけど、とにかくずっとですよ。1960年代からは少なくても音楽の世界でもだいぶ変わりました。この映画に出てくる人たちが全員労働者階級ってわけではない、それこそ喋り方でわかるんですけど、例えばヴィダル・サスーンとかメアリー・クヮントとかその辺の人たちは中産階級の人だと思います。とにかく若者が主役になれたということが、画期的なことだったんですよね。それまでは、大人が社会を支配するというどこの国でもそうだと思うんですね。60年代にそうじゃないのが通用するようになったのが、どこよりもイギリスは早かったんじゃないかな。アメリカはもちろんエルビスとかありますけど、ロジャー・ドールトリーが、エルビスの姿を見て“完全に自由な男”という事にすごく感激しているんですね。エルビスの時代50年代の半ばから後半にかけて次々とロックンロールの第一世代の歌手たちが出てきますけど、アメリカですぐにこの映画と同じように反動がきます。ロックンロールがつぶされる雰囲気にアメリカが50年代の終盤になってくるんですね。その後、暫くアイドルが天下をとるような時代が3~4年続くかな、それを破ったのがビートルズの存在なんですけど、そういう意味では1960年代の社会の変革の口火を切ったのがビートルズだって言っていいと思います。

ピーター・バラカン氏 マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!

奥浜氏: LSDに関するポール・マッカートニーのインタビューもすごいですね?

バラカン氏:メディアの醜態というのかな、よく表したもので1960年代も50年経たった今でもあまり変わらないんですね。プライベートにすればいいようなものを、わざわざメディアが取り上げてと。イギリスでは違法といえば違法ですが、警察は個人がマリファナをする場合には取り締まらないと公言しているんです。日本だと大問題になりますし、ましてや芸能人なんかだと完全に干されてしまいますけど、この国もいい加減21世紀に入ってもいいんじゃないかなって思いますけど(笑)。

奥浜氏:ヴィダル・サスーンやメアリー・クヮントについてはいかがですか?

バラカン氏:僕があの当時の人間だからよく分かってますけど、今日ここに集まっている方もイギリスのデイヴィッド・ベイリーとか知らないんじゃないかな。ヴィダル・サスーンは同じ名前の商品があるし、メアリー・クヮントもそうですね。同じ時代に革命的なことをやってた人たちですね。カメラマンも3人くらい登場しますが、デイヴィット・ベイリーとブライアン・ダフィーとテレンス・ドノヴァン。それぞれ何故か名前だけはよく聞いたんですけど、デイヴィッド・ベイリーの顔だけは雑誌とかでよく見かけましたね。
確か、ローリング・ストーンズのデビュー・アルバムだか、2作目だか、その辺の写真もアルバムのジャケットの写真なんかも撮っていたと思います。

奥浜氏:そういう方々が、ツィギーというアイコニックな人物を、もちろん彼女も意思があったと思いますけれども、一緒に作っていった?

バラカン氏:そうですね、あの、当時、ツィギーの自身のことはよく知らなかったんですけれど、とにかく雑誌を開けば必ず出てくる人でしたからね。今のモデルの形は、ある意味彼女が作ったっていうか、そういう感じがありますね。

English fashion model Twiggy with a poster bearing her name and image, 1967. (Photo by Paul Popper/Popperfoto/Getty Images)

奥浜氏:やはりそれも新しい形だったんでしょうね。ツィギーというすごく細い、当時はああいったモデルはいなかった?

バラカン氏:50年代のファッション雑誌を見てみると、女性はもっと曲線が強調されているようなことが多かったからね。60年代、そうね、ツィギーの前後に他にも何人かいたと思います。あともう一人、ジーン・シュリンプトンという若いアイコン的な人たちも出てましたね。

キンクス、アニマルズ、サンダークラップ・ニューマン…抜群の楽曲センスを解説!

奥浜氏:目にも楽しめる作品ですが、楽曲の使い方も素晴らしいなと思いました。

バラカン氏:上手ですね、残念ながら字幕では歌詞を出すことができなかったんですけど、例えば、一番最初に出てくる曲はキンクスのDead End Street。これは袋小路、要するに逃げ場のない袋小路みたいなタイトルなんですけど、当時の本当に貧しかったイギリスのことを映像で見てて、あの曲が流れると、「ああ、確かに」っていう感じがあるし、アニマルズのWe Gotta Get Out Of This Placeはここから何とか逃げ出さなくちゃと、それもそういう曲ですし、あと時代がもうちょっと後なんですけど、サンダークラップ・ニューマンのSomething In The Air、あれも69年の曲なんですけど、使い方はすごくね、ぴったり。映像に合ってましたね。

奥浜氏:しかも、内容ともリンクしている場所で使われているということで、素晴らしいなと思いました。私は観ていて歌い出してしまいました(笑)。後は最近ですと、音楽映画では『ボヘミアン・ラプソディ』のヒットがあると思うんですが、ここからクイーンの活躍に結びついていくというか?

バラカン氏:時代は70~80年代の話になるんですね。『ボヘミアン・ラプソディ』のように音楽を題材とした映画が日本でここまで当たるとは、ちょっと意外なくらいだったですね。
僕も試写会で観たんですけれど、一つの娯楽映画とし凄く良く出来ていると思いました。それから、いろんな見た人の話を聞いて「あ、そっか」と思ったのは、“クイーンはそんなに良く知らないけれど、あの映画面白かった”っていう、だからハリウッド映画としてそれを楽しんで、日本はね、洋楽を聴く人口が凄く減っているから、何かこういうきっかけで、海外にも面白い音楽があるんだということを知ってもらえると嬉しいです。

“Never dreams small” “夢は大きく持とうよ”

奥浜氏:この映画を若い方に観てもらえたら、これだけ革新的でこれだけ若者がものを動かしていた力強い時代だったんだと、加えて音楽も一緒にカッコいいものに感じてくれるんじゃないかなと思います。

バラカン氏:人を表面的なことで判断しない、アクセントだとか出身のことだとか、日本でも色々社会問題とかもあるからね、そういうことで人を判断しない、それからマイケル・ケインが最後に言うのかな、“Never dreams small”って言ったでしょ、あれ、素晴らしいと思います。今はいろんな意味でね、生きにくいことが多い時代なんですけど、特に“夢は大きく持とうよ”という、そのメッセージは素晴らしいと思う。

Michael Caine

奥浜氏:内容も素晴らしいことに加えて、マイケル・ケインがメッセージを送ってくれるところがこの映画のすばらしさと思います。この作品がほかのドキュメンタリーと違っている点はどこだと思われますか?

バラカン氏:かなり的を絞ってやっているということ。さっきも言ったことですが、がんじ絡めの階級制度のイギリスで、60年代になって、若い人、それから労働者階級、それぞれがマイノリティというか下っ端だった人たちが逆にヒーローになって、それによって新しいクリエイティビティが発揮されて、時代がガラリと変わていく。ほんとに今のイギリスは50年前のイギリスと比較できないくらいに変わってきた、まあ問題はたくさん抱えていますけど、Brexitだとかね。でも、そういう自由な社会になれたというのは、まさにこの時代の産物だと思います。

【観客席からの質問】

――70年代になってくるとパンクロックとかが出て来ると思いますが、60年代と比較するとどうだったのでしょうか?

バラカン氏:日本に来たのは74年ですから、その2年後くらいにセックス・ピストルズが話題になったりしてたんですね。60年代はポピュラー音楽が、人間に例えれば思春期のような時代だったと思います。リアルタイムで聞いていても、毎年毎年、音楽が“あ、成長したな”と。ビートルズのラバー・ソウル(Rubber Soul)より、リボルバー(Revolver)はさらに進化してるな、リボルバーよりサージェント・ペパー(Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band)は好きか嫌いかは別として進化しているなと。69年か70年くらいまでかな、その進化の過程が実感できるような時代だったんですね。で、人間の思春期が終わると、もうそれ以上は大きくはならないけれど、人間としての深みが出て来るものですよね。70年台というのは割とそういう時代だったように思うんですけど、それと同時にちょっと太りすぎた部分があって、例えば会場がアリーナ・ロック、スタジアム・ロックがボチボチ出てきたり、あるいはプログレなんかでも、あまりにもスケールが大きくて、若者が実感出来なくなるようなところがあって、それに対する反動がパンクロックだったんですね。パンクロックはある意味、50年代の最初のロックンロールに原点回帰したような現象でもあったと思うんですね、それよりも60年代の音楽は、かなり原始的なところから始まってどんどん発展していく時代だったと思いますね。みんな背伸びしているような時代だったと思います。

――映画の最後にマイケル・ケインが「若さとは年齢ではなく心の在り様だ」と言っていました。バラカンさんは若さをどう思いますか?

バラカン氏:僕もまさにそう感じているタイプの人間です。見た感じは彼(マイケル・ケイン)よりも若いですけどね。でも、老人に見えても、頭の中は18歳の時と変わっていない。いいか悪いかわかりませんよ(笑)。僕らよりも一つ前の世代だったら多分ね、30超えると完全に中年になっていて、で、若者とは相容れない感性、僕らのロックの世代以降、そのまま中年になっても老人になっても、頭の中や心の中の感覚は若い時と変わっていないと思う。だからね、マイケル・ケインが言っていることはその通りだと思いましたね。

――字幕監修をされたということですが、こだわってここは直したとか、難しかったというところはありましたか?

バラカン氏:いくつかイギリス人じゃなければ、このニュアンスはわからない様な表現があったと思います。そういうのをチェックして、ちょっとこのニュアンスは変えた方がいいかなというところがあったのと、あと僕がこだわるところですけれど、固有名詞のカタカナ表記は、(監修を)引き受けた時に「もし僕が書いた通りに使ってもらえないんだったらやらない」といいましたけど、全部ちゃんとその通りにしてくれました(笑)。

ピーター・バラカン氏 マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!

本作は、2019 年 1 月 5 日(土)より Bunkamura ル・シネマ他全国順次ロードショーとなります。

予告動画

配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
コピーライト:© Raymi Hero Productions 2017
公式HP:https://mygeneration-movie.jp/


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


『ハッピーアイランド』

注目映画

  1. 2019年2月22日公開 映画『翔んで埼玉』 ■作品紹介 「テルマエ・ロマエ」シリーズの監督が…
  2. 3月23日公開 映画『こどもしょくどう』 ■作品紹介 ◇子ども食堂について 先進国の中では突…
  3. 映画『まく子』
    映画『まく子』 2019年3月15日(金)公開 最新情報 ・3/22:原作者西加奈子さんが描く…
  4. 4月6日公開 映画『12か月の未来図』 ■作品紹介 パリ郊外。 移民、貧困、学力低下―。フラン…
  5. 3月8日公開 映画『運び屋』 ■『運び屋』最新情報 ニュース:全米1億ドル突破の大ヒット作『運…
  6. 4月5日公開 映画『麻雀放浪記2020』 ■作品紹介 【東京オ■■■■■■】中止!―なぜなら!第…
  7. 3月30日公開 映画『リヴァプール、最後の恋』 ■作品紹介 イギリスの俳優ピーター・ターナーが1…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る