ロッキー4 炎の友情

『ロッキー』シリーズ一挙放送を見逃すな!

『クリード 炎の宿敵』(クリード2)がついに公開!

2015年に公開され大きな話題となった『ロッキー』シリーズのスピンオフ作品『クリード チャンプを継ぐ男』。今回ファン待望の最新作『クリード 炎の宿敵』が1月11日(金)より全国公開を迎える。

CREED II クリード 炎の宿敵

3年ぶりの最新作には、ロッキー、アポロ・クリードの息子アドニス・クリードに加え、ドラゴ親子が登場。『ロッキー4/炎の友情』でドラゴとの壮絶なファイトを繰り広げた末に帰らぬ人となったアポロ。なんと本作では、因縁の宿敵ドラゴの息子ヴィクターとアドニスのタイトルマッチが実現。父を殺した宿敵の息子を相手にクリードは勝利を手にすることができるのか、ついに運命の一戦がゴングの時を迎える!

スターチャンネルで『ロッキー』シリーズ一挙放送!

365日24時間映画や海外ドラマを放送しているスターチャンネル。その魅力はなんと言っても特集の濃さだろう。今回もクリード最新作公開を記念して、『ロッキー』シリーズの一挙放送を実現。1月12日は、まさに朝から晩までロッキー一色になれる、ファンにはたまらない貴重な一日になりそうだ。
ロッキー放送作品:
『ロッキー』『ロッキー2』『ロッキー3』『ロッキー4/炎の友情』『ロッキー5/最後のドラマ』『ロッキー・ザ・ファイナル』『クリード チャンプを継ぐ男』
『ロッキー』シリーズ放送スケジュール:劇場新作『クリード 炎の宿敵』公開記念 『ロッキー』シリーズ一挙放送

『クリード チャンプを継ぐ男』はなんと無料放送!

『ロッキー』シリーズの中で1を凌ぐ人気を誇る4を継承する作品として大きな期待が寄せているクリード最新作の公開を記念して、映画ログでは『クリード チャンプを継ぐ男』を2019年1月のおすすめ映画に選出。

映画『クリード チャンプを継ぐ男』

映画ログスタッフの本シリーズへの熱い想いが通じたかどうかは定かではないが、なんと最新作公開を記念して『クリード チャンプを継ぐ男』が1月12日(土)夜9:00からスターチャンネル1にて無料放送!既に観た人も、まだ観ていない人も、是非スターチャンネルで前作をチェックして、最新作に挑んでもらいたい。

映画『クリード チャンプを継ぐ男』『クリード チャンプを継ぐ男』放送スケジュール:CREED クリード チャンプを継ぐ男

※スターチャンネルの無料放送は、NHKや民放のBSチャンネルが観られる環境であれば、チャンネル未加入でも視聴可能。テレビのリモコンで「BS」「10」を押すだけ!

スターチャンネル

スターチャンネルは、「映画をもっと」を合言葉に映画が好きな全ての人のための「映画エンターテインメントサービス」。BSハイビジョン3チャンネル+オンデマンド+会員サービスで全ての映画ファンに、様々な映画の楽しみ方を提供。ハリウッド映画の最新メガヒット作や不朽の名作、大ヒット海外ドラマなど話題作を中心に24時間放送。どこよりも早く最新の洋画や劇場新作、海外ドラマなどのオススメ作品が楽しめるプレミアム映画専門チャンネル。
https://www.star-ch.jp/

映画ログ会員の『ロッキー』シリーズ評価・感想をチェック! 2019年1月9日時点

ロッキー』平均評価4.0点
・シルベスタースタローンの出世作。最後のシーンは何度見ても泣けます
・ロッキー同様に、スタローン自身がアメリカンドリームを体現したこの映画。シンプルな物語だからこそ得られる感動が、くさいほどに味わえる。
ロッキー2』平均評価3.6点
・前作のリベンジ作。子供のころはこっちの方が好きでしたが、大人と今となってはパート1の方が感動さがある分すきになりました。
・前作の終わりから始まる至極真っ当な続編。アポロとの再戦を拒否しボクサーを捨てる人生を選択するが、結局はボクサーでしか生きれない事を痛感する様が痛い。
ロッキー3』平均評価3.4点
・「2」のアポロ戦以降、英雄となったロッキーに挑む最強の敵クラバーとの死闘が繰り広げられる今作は、これまでとは大きく異なる展開からまた新たなドラマと感動を与えてくれました!
・話的には前2作分のけりをつけていたり、ロッキー自身の「虎の目」を取り戻す所など完結編のように見える話。チャンピオンになってからのハングリーさが失われたロッキーに対し、まるでゴリラのような挑戦者クリードが登場。
ロッキー4/炎の友情』平均評価3.8点
・熱い!とにかく熱い!!
・当時のアメリカとソ連の対立構造をまんま取り入れちゃった作品。ですがこれが非常に熱い中身で、シリーズの中でも1に次いでお気に入り。しかし主役はロッキーじゃなく、どうみてもドラコの方でしょ(笑)
・個人的にロッキーシリーズで4が好きですね。
ロッキー5/最後のドラマ』平均評価2.8点
・ソ連のドラゴを倒して帰ってきたロッキーだが、会計士の不正による破産とパンチドランカーで再び人生のどん底に。家族愛に弟子との戦い、そしてかつてのトレーナーであるミッキーの叱責。過去作と違って華やかな展開ではないが、シリーズの熱いものは変わらなかった。
・う~む。最後だというのに肝心のロッキーが戦う場所がストリートファイトとは納得できない。
ロッキー・ザ・ファイナル』平均評価4.0点
・中盤、彼が再びリングに上がる決意に傾く過程では、おいおい!歳を考えろよって声をかけたくなってしまう。それでも、いざ試合になれば何となく見入ってしまう。何だか旧友に再会したような気分で見た作品でした。スタローンはロッキー同様に不器用な俳優かも知れないけれど、充分に一時代を築いた実に大した人だと思っています。
・ファイナルが示すとおり最後のロッキーの勇姿を焼き付けるも、もう会えないかと思うと一抹の寂しさがこみ上げてきた。
クリード チャンプを継ぐ男』平均評価3.8点
・気持ちが沈んだり、凹んだ時に観ると、元気と勇気が湧いてきます。そんな時に、オススメです!
・新シリーズ!この手があったか!
・「ロッキー・ザ・ファイナル」で完結したのにまたスピンオフと、スタローンも随分と商売根性がたくましいと思っていたが(笑)中身を見ると1作目から続いていたものを正当に受け継いだ続編になっていたことに驚く。
クリード 炎の宿敵』平均評価4.2点
・クリードが何故、父親の仇を取りに行くのか、そしてロッキーが止めに行こうとするのか、また、ドラゴ親子の復讐の訳もかなりうまく描けていた。
・アドニスの父親アポロを死に至らしめたロシアのボクサードラゴの息子との因縁の対決が話のメインだが、「人として生きる」というテーマが話に込められている。


コピーライト:©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ©2019 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. and Warner Bros. EntertainmentInc. All Rights Reserved. ©1976 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC. All Rights Reserved ©1985 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC. All Rights Reserved


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


『女の機嫌の直し方』

注目映画

  1. 6月1日公開 映画『メモリーズ・オブ・サマー』 ■作品紹介 それは、ぼくが子どもでいられた最…
  2. 5月11日公開 映画『青の帰り道』 ■イントロダクション もしも僕が天才だったら。 7人の若者…
  3. 6月28日公開 映画『凪待ち』 ■イントロダクション 誰が殺したのか?なぜ殺したのか?愚か者た…
  4. 6月14日公開 映画『柴公園』 ■イントロダクション 「おっさん×柴犬×会話劇」という斬新な…
  5. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  6. 6月8日公開 映画『月極オトコトモダチ』 ■イントロダクション きっかけはレンタル。彼と私の…
  7. 6月14日公開 映画『ガラスの城の約束』 ■作品紹介 「自分らしく生きる幸せ」を教えてくれた…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る